愛してよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
愛してよ
監督 福岡芳穂
脚本 橋本裕志
李正姫
出演者 西田尚美
塩顕治
松岡俊介
野村祐人
鈴木砂羽
音楽 岩代太郎
撮影 柴主高秀
編集 太田義則
製作会社 『愛してよ』製作委員会
配給 マジックアワー
ステューディオスリー
公開 日本の旗 2005年12月17日
上映時間 106分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

愛してよ』(あいしてよ)は、2005年に公開された日本映画福岡芳穂が監督を手がけた、母子の心の行き違いや強い絆を描いた作品である。にいがた国際映画祭2005正式出品作品。リージョナル・フィルム・フェスティバル2004正式出品作品。

解説[編集]

10歳の息子ケイジをキッズ・モデルとして成功させようと奮闘するシングルマザーの美由紀。彼女は目的を達成するためには嘘も辞さない強引な女性だが、その一方で一人で子供を育てる不安にも揺れ動いている。子供は大事だが母親だって恋をしたい。誰かに頼りたい。そんな彼女を冷静に見つめつつ、ケイジもまた父親や友達のこと、いじめ、恋のことで傷つきながら様々なことを経験していく。親子の絆、大人たちの素直な感情とそれに傷つきながらも成長していく子供の姿が様々な社会問題を通して描かれる。

主人公の美由紀を演じる西田尚美をはじめ松岡俊介野村祐人鈴木砂羽、また福岡監督作品常連の菅田俊筒井真理子など日本映画に欠かせない俳優陣が脇を固めている。

概要[編集]

キャスト[編集]

音楽[編集]

  • 「殺人の追憶」「血と骨」 - ピアノ:岩代太郎

DVD[編集]

外部リンク[編集]