池辺晋一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
池辺 晋一郎
基本情報
出生 1943年9月15日(71歳)
出身地 日本の旗 日本,茨城県水戸市
学歴 東京都立新宿高等学校
東京芸術大学卒業
ジャンル 現代音楽合唱曲
職業 作曲家

池辺 晋一郎(いけべ しんいちろう、戸籍上は「池邉」が正しい、1943年9月15日 - )は、日本作曲家。血液型 は O型。

人物・来歴[編集]

茨城県水戸市出身。1963年東京都立新宿高等学校卒業。1967年、東京芸術大学卒業。1971年、同大学院修了。中学・高校時代には、クラリネットを吹いていた経験もある。高校で合唱をしていた際、そこで宇野功芳(音楽評論家)が講師をしていた。東京藝術大学で池内友次郎三善晃矢代秋雄に師事。大学で1年先輩の三枝成彰と親交があり[注 1]、共に当時の若手作曲家のホープとみなされていた。在学中に書いた室内楽曲「クレパ七章」で注目され、武満徹の目に留まり一時期彼のアシスタントを務めた。9曲の交響曲をはじめとする演奏会用作品の他、黒澤明今村昌平の監督作品をはじめとする映画音楽校歌NHK大河ドラマ[注 2]やアニメ『未来少年コナン』などのテレビ番組の音楽も多く手がけている。

また、アマチュア音楽界、特に合唱とは深い関係を持っている。全日本合唱連盟の役員を長年務める一方で、1984年に混声合唱組曲「悪魔の飽食」を神戸市役所センター合唱団の委嘱で作曲したことがきっかけとなって、うたごえ運動とも交流がある。全日本吹奏楽コンクールの課題曲もたびたび委嘱されて作曲している。2007年より、せたがや文化財団音楽事業部音楽監督を務め、イベントの際には舞台上で短いトークを披露する。

N響アワー』(NHK教育テレビ)に2009年3月までの13年間司会者として出演した。日本中国文化交流協会理事長。日本作曲家協議会元会長。日本音楽作家団体協議会元会長。東京音楽大学教授。2007年4月1日より横浜みなとみらいホール館長。ダジャレ好きで有名。広島カープファン[1]。女優の香川京子は父の従妹である。

九条の会」傘下の「マスコミ九条の会」呼びかけ人[1]、「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めている[2]

受賞歴[編集]

主要作品[編集]

オーケストラ作品[編集]

交響曲は「シンフォニーI」などシンフォニー+ローマ数字で表記されることもある。

  • 交響曲第1番
  • 交響曲第2番「トライアス」(日本フィルハーモニー交響楽団委嘱作品)
  • 交響曲第3番「エゴ・パノ」
  • 交響曲第4番
  • 交響曲第5番「シンプレックス」
  • 交響曲第6番「個の座標の上で」
  • 交響曲第7番「一滴の共感へ」
  • 交響曲第8番「大地/祈り」(神奈川フィルハーモニー管弦楽団委嘱作品)
  • 交響曲第9番(東京オペラシティ文化財団委嘱作品)
  • 多年生のプレリュード(読売日本交響楽団委嘱作品)
  • 「ダイモルフィズム(同質二像)」〜オルガンとオーケストラのために
  • チェロとオーケストラのための協奏曲 「木に同じく」
  • フルートとオーケストラのための協奏曲 「砂の上に対座して」
  • ファゴットとオーケストラのための 協奏曲 「炎の資格」
  • 氷上燐光 ~ハープとオーケストラのための協奏曲
  • 一本の緑陰樹として 三絃とオーケストラのための協奏曲
  • ピアノ協奏曲第1番
  • ピアノ協奏曲第2番「お前は私を」
  • ヴァイオリン協奏曲

吹奏楽作品[編集]

  • アマデウスのピアノがきこえる(モーツァルトのピアノ・ソナタ集による2群の吹奏楽とオルガンのためのコンポジション)
  • 「ランドスケイプ」〜吹奏楽のために〜 (1990年度全日本吹奏楽コンクール課題曲A)
  • 「胎動の時代」〜吹奏楽のために〜 (2000年度全日本吹奏楽コンクール課題曲III)

合唱作品[編集]

混声合唱

  • 混声合唱のための相聞I・II(1970年)初演:東京混声合唱団
  • 混声合唱のために「恩愛の輪」(1972年)
  • 合唱による構成〈銅山〉(1973年)
  • 無伴奏混声合唱のための「エンカテインメント」(1977年)初演:東京混声合唱団
  • 混声合唱組曲「六つの子守歌」(1978年)
  • 混声合唱組曲「冬にむかって」(1979年)
  • 合唱による童話「淋しいおさかな」(1981年)初演:松原混声合唱団
  • 混声合唱組曲「異聞・坊ちゃん」(1983年)
  • 「東洋民謡集Ⅰ」(1984年)初演:東京混声合唱団
  • 混声合唱組曲「悪魔の飽食」(1984年)
  • 混声合唱組曲「港の心」(1985年)
  • 混声合唱曲集「風の航跡」(1985年)
  • 混声合唱組曲「初恋物語」(1986年)
  • 混声合唱組曲「明治は遠いたけくらべ」(1986年)
  • 混声合唱による童話「一本の木、一軒の家、一人の息子」(1986年)
  • 「古代の樂」(1988年)
  • 児童合唱・混声合唱とピアノのために「海のトランペット」(対馬丸の子供たち)(1989年)
  • 混声合唱組曲「今はない木々の歌」(1989年)
  • 混声合唱組曲「交響詩ひめじ」(1989年)
  • 混声合唱組曲「すみだがわ」(1989年)
  • 混声合唱組曲「地球(テラ)への帰還」(1990年)
  • 混声合唱組曲「人体詩抄・抄」(1990年)
  • 合唱オペラ「タロウの樹」(1991年)
  • 「東洋民謡集II」(1992年)
  • 混声合唱組曲「宛名のない手紙」(1993年)委嘱初演:東京六大学混声合唱連盟
  • 混声合唱組曲「希望へのエアメ-ル」(1993年)
  • 合唱のための探偵劇「歌の消息」(1994年)
  • 混声合唱組曲「レクイエム“いのちこそ”」(1994年)
  • 阪神大震災鎮魂組曲「1995年1月17日」(1995年)
  • 伊藤整の詩による3つの合唱曲「雨と風と春の夜と…」(1995-99年)
  • 混声合唱組曲「沖縄の雲へ」(読み方:ウチナーのくもへ、2002年)
  • 混声合唱組曲「正義の基準」(2002年)
  • 混声合唱曲集「ひたすらに…白秋」(2004年)
  • 混声合唱のための「相聞 Ⅲ」(2005年)
  • 無伴奏混声合唱のための「5つのマドリガル」
  • 混声合唱組曲「走る」(2007年)
  • 混声合唱組曲「飯豊山〜我が心のアルカディア〜」(2008年)
  • 混声合唱曲集「いのちと、こころと… -金子みすゞの詩による7つのうた-」(2008年)
  • 混声合唱曲集「魂のいちばんおいしいところ」(2011年)[3]
  • 混声合唱曲「煉瓦頌」

女声・児童合唱

  • 女声合唱曲集「シェイクスピアの4つの恋唄」(1980年)
  • 女声合唱組曲「時は流れても」(1980年)
  • 女声合唱曲集「花の四季」(1982年)
  • 勇敢な少年たちのための音楽劇「ぞっとする物語」(1986年)
  • 女声合唱曲集「江戸の風」(1990年)
  • 児童合唱組曲「空にかいた12の童話」(1990年)
  • 女声合唱組曲「彼女の物語」(1990年)
  • 女声合唱曲「森の人々と共に闘う」(1991年)
  • 女声合唱組曲「海の墓標」(1993年)
  • 児童合唱組曲「八幡浜の空と海と山と」(1993年)
  • 女声合唱曲「瓦礫の中から」(1995年)
  • 石垣りんの詩による2つの女声合唱曲(1997年)
  • 「うぇーべるん」女声合唱のために(1997年)
  • 女声合唱曲集「この世界のぜんぶ」(2002年)

男声合唱

  • 男声合唱組曲「王様」(1985年)
  • 男声合唱曲集「ガルシーア・ロルカの五つのシャンソン」(1988年)
  • 男声合唱曲「GLORIA」(2004年)
  • 「東洋民謡集 IV」(2005年 スウェーデン王立男声合唱団、オルフェイ・ドレンガーの委嘱・初演)

NHK全国学校音楽コンクール課題曲

  • 博物館の機関車(1973年) - NHK全国学校音楽コンクール高等学校の部課題曲
  • 時は流れても(1979年) - NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲

マンドリンオーケストラ[編集]

  • マンドリン・マンドリアーレ(1986年)
  • マンドリン・マンドリアーレ2「ヴィヴァ!カンツォーネ!」(2006年)

オペラ[編集]

バレエ[編集]

邦楽[編集]

  • 雲烟〜二面の箏、十七絃と弦楽器のために
  • 紡ぐ〜二十絃箏のために
  • 歴〜尺八、二面の箏と十七絃のために
  • 桜樹峨峨〜雅楽のために

校歌[編集]

  • 東京都立城東高等学校校歌(作曲)
  • 足立区立青井小学校校歌(作曲)
  • 高松市立牟礼南小学校校歌(作曲)
  • 富山高等専門学校校歌(作曲)片岡輝(ひかる)(作詞)

など多数。

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

放送関係[編集]

映画[編集]

黒澤明監督作品
今村昌平監督作品
実相寺昭雄監督作品
その他

著書[編集]

  • 『音のいい残したもの 同時代の窓から』(音楽之友社、1982)
  • 『スプラッシュ 池辺晋一郎対談集』(カワイ出版、1993)
  • 『おもしろく学ぶ楽典』(音楽之友社、1995)
  • 『空を見てますか…音と交わる、人と話す』(芸術現代社、1999)
  • 『バッハの音符たち 池辺晋一郎の「新バッハ考」』(音楽之友社、2000)
  • 『モーツァルトの音符たち 池辺晋一郎の「新モーツァルト考」』(音楽之友社、2002)
  • 『空を見てますか…1 音も人も時代とともに』(新日本出版社、2003)
  • 『空を見てますか…2 世紀末の始まりのころ』(新日本出版社、2003)
  • 『空を見てますか…3 しゃべって書いて、というこころ』(新日本出版社、2003)
  • 『空を見てますか…4 世紀のハードル跳びこえて』(新日本出版社、2003)
  • 『ブラームスの音符たち 池辺晋一郎の「新ブラームス考」』(音楽之友社、2005)
  • 『オーケストラの読みかた スコア・リーディング入門』(学習研究社、2005)
  • 『シューベルトの音符たち 池辺晋一郎の「新シューベルト考」』(音楽之友社、2007)
  • 『ベートーヴェンの音符たち 池辺晋一郎の「新ベートーヴェン考」』(音楽之友社、2008)
  • 『空を見てますか…5 言葉と音楽のアツイ関係』((新日本出版社、2009)
  • 『シューマンの音符たち 池辺晋一郎の「新シューマン考」』(音楽之友社、2010)
  • 『ドヴォルザークの音符たち 池辺晋一郎の「新ドヴォルザーク考」』(音楽之友社、2012)

共著[編集]

過去の出演番組[編集]

  • N響アワーNHK教育テレビ) 1996年から2009年3月末まで司会者を務める。同年4月より作曲家西村朗に交代する。
  • 芸術ジャーナルNHK-FM) 月1回「作曲家の眼」と題し出演、日本人作曲家の作品を中心とした現代音楽の選曲とパーソナリティを務めた。ゲスト扱いだが実質固定枠だった。「芸術ジャーナル」自体は2002年3月31日で終了。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本人は半ば自虐的に「悪友」と言っている。
  2. ^ 冨田勲と並ぶ、最多の5作。
  3. ^ 以前このファンファーレは、同社のテレビ、ラジオのオープニング、エンディング共に使われていたが、現在はラジオのみで毎週月曜4:54に放送されている。

出典[編集]

  1. ^ マスコミ九条の会(よびかけ人はだれですか)
  2. ^ 「世田谷・9条の会」申し合わせ
  3. ^ 神戸市役所センター合唱団”. 神戸市役所センター合唱団公式サイト. 2011年10月3日22:05閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]