九条の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九条の会
設立年 2004年(平成16年)
種類 市民団体
目的 日本国憲法第9条の理念を護ること。
本部 日本の旗 日本  
位置 平和主義反戦主義
公用語 日本語
重要人物 井上ひさし梅原猛大江健三郎奥平康弘小田実加藤周一澤地久枝鶴見俊輔三木睦子
設立者 前述の9人の呼びかけ
ウェブサイト 「九条の会」オフィシャルサイト
テンプレートを表示
九条の会リーフレット表紙
九条の会リーフレットの裏

九条の会(きゅうじょうのかい)とは、日本戦争を永久に放棄し戦力を保持しないと定めた第9条を含む日本国憲法の改訂を阻止するために、日本の護憲派知識人・文化人、9人で結成された会である。

概要[編集]

第9条の会湾岸戦争をきっかけに1991年B29の元パイロットオハイオ大学名誉教授のチャールズ・オーバービーが米国で創設した。彼は1981年広島平和記念資料館を訪れ原爆の悲惨さに衝撃を受け、9条の理念に感銘を受けたという。彼に触発され日本でも中部大学元副学長の勝守寛らを中心に全国に会ができた。1993年設立の「なごや」が最初の地方組織で勝守が会長に就いた[1]

九条の会には様々な考えの人が集まっており、これらの人々の主張が細部まで一致しているわけではない。たとえば、国際連合憲章第7章の第51条で規定されている[2]集団的自衛権については、批判する場合[3]もあれば、言及していない場合[4][5]もある。

呼びかけ人(構成員)・主な賛同者[編集]

呼びかけ人は以下の9人。※は故人

このほかにも多くの賛同者がいる。東大教授の小森陽一などが運営に関わっている。

構成・関連団体[編集]

2004年(平成16年)6月の九条の会の呼びかけ[6]。これに対して、科学者、スポーツ、宗教者、医療など各分野で「XX九条の会」や「九条の会XX」などの九条の会のアピールに賛同する人々の会が結成されている。このような団体の数は、九条の会事務所によると2011年時点で7500ほどとされる[7]

映画人九条の会

2004年11月24日には、「映画人九条の会」が結成された。呼びかけ人は、映画監督羽田澄子降旗康男山田洋次映画スクリプター堀北昌子脚本家小山内美江子など。映画監督の大林宣彦などが賛同者に名を連ねたとされる。

九条の碑[編集]

参考文献[編集]

  • チャールズ・M・オーバビー 『地球憲法第九条 対訳』 國弘正雄訳、講談社インターナショナル、1997年8月。ISBN 4-7700-2062-7
    • チャールズ・M・オーバビー 『地球憲法第九条 対訳』 國弘正雄訳、講談社インターナショナル、2001年7月、普及版。ISBN 4-7700-2880-6
    • チャールズ・M・オーバビー 『地球憲法第九条 対訳』 國弘正雄訳、たちばな出版、2005年7月、増補版。ISBN 4-8133-1885-1
  • 井上ひさし梅原猛大江健三郎奥平康弘小田実加藤周一澤地久枝鶴見俊輔三木睦子 『憲法九条、いまこそ旬』 岩波書店〈岩波ブックレット no.639〉、2004年11月。ISBN 4-00-009339-8 - 呼びかけ人9名の講演録。
  • 『九条と「戦争する国」 自民党改憲案の検討 九条の会憲法学習会講演記録』 九条の会、2005年2月。
  • 渡辺治述 『自民党・新憲法案を読む 改憲派のねらいと困難 「九条の会憲法学習会」講演記録』 九条の会、2005年9月。 - 2005年7月9日の憲法学習会の講演録。
  • 井上ひさし、梅原猛・大江健三郎・奥平康弘・小田実・加藤周一・澤地久枝・鶴見俊輔・三木睦子 『憲法九条、未来をひらく』 岩波書店〈岩波ブックレット no.664〉、2005年11月。ISBN 4-00-009364-9 - 同じく9名の講演録。
  • 『改憲論が描く日本の未来像 自民党「新憲法草案」批判』 九条の会、2006年2月。
  • 小田実小森陽一 『憲法九条を語る 日本国憲法九条は体をはって世界平和を護っている』 九条の会・千葉地方議員ネット編、五月書房、2006年7月。ISBN 4-7727-0447-7
  • 『アジアの平和を九条の心で』 九条の会〈「九条の会」憲法セミナー〉、2007年2月。
  • 『国際紛争の解決は9条の心で』 九条の会〈「九条の会」憲法セミナー 2〉、2007年6月。
  • 『いま語る九条の心』 九条の会〈「九条の会」憲法セミナー 3〉、2007年8月。
  • 『戦争をする国にさせない』 九条の会〈「九条の会」憲法セミナー 4〉、2007年11月。
  • 井上ひさし、梅原猛・大江健三郎・奥平康弘・加藤周一・澤地久枝・鶴見俊輔・三木睦子・玄順恵 『憲法九条、あしたを変える 小田実の志を受けついで』 岩波書店〈岩波ブックレット no.731〉、2008年7月。ISBN 978-4-00-009431-3
  • 『九条で平和をつくる メディア報道と憲法問題』 九条の会〈「九条の会」憲法セミナー 5〉、2008年9月。
  • 『人間らしく生きる 憲法第9条と25条』 九条の会〈「九条の会」憲法セミナー 6〉、2008年10月。

脚注[編集]

  1. ^ 「第9条の会なごや、運動に壁 設立20年、会員高齢化」(朝日新聞デジタル 7月6日)
  2. ^ 国際連合安全保障理事会が必要な措置を取るまでの間”と留保されており、無条件容認ではない
  3. ^ 東久留米「9条の会」 小森陽一氏講演”. 東久留米「九条の会」 (2005年2月20日). 2011年1月15日閲覧。
  4. ^ 九条科学者の会 発足一周年記念の集い”. 「九条の会」愛知・大学人の会 (2006年3月12日). 2011年1月15日閲覧。
  5. ^ 世界の宝「憲法九条」”. みやざき九条の会 (2007年8月27日). 2011年1月15日閲覧。
  6. ^ 「九条の会」アピール
  7. ^ “「九条の会」と共鳴ダメ 調布市が後援拒否”. 東京新聞. (2014年10月4日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014100490070600.html 2014年10月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]