九条の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
九条の会
設立年 2004年(平成16年)
種類 市民団体
目的 日本国憲法第9条の理念を護ること。
本部 日本の旗 日本  
位置 平和主義反戦主義
公用語 日本語
重要人物 井上ひさし梅原猛大江健三郎奥平康弘小田実加藤周一澤地久枝鶴見俊輔三木睦子
設立者 前述の9人の呼びかけ
ウェブサイト 「九条の会」オフィシャルサイト
テンプレートを表示
九条の会リーフレット表紙
九条の会リーフレットの裏

九条の会(きゅうじょうのかい)とは、日本戦争を永久に放棄し戦力を保持しないと定めた第9条を含む日本国憲法の改訂を阻止するために、日本の護憲派知識人・文化人、9人で結成された会である。

2004年(平成16年)6月の九条の会の呼びかけ[1]に対して、科学者、スポーツ、宗教者、医療など各分野で「XX九条の会」や「九条の会XX」などの九条の会のアピールに賛同する人々の会が結成されている。

概要[編集]

第9条の会湾岸戦争をきっかけに1991年B29の元パイロットオハイオ大学名誉教授のチャールズ・オーバービーが米国で創設した。彼は1981年広島平和記念資料館を訪れ原爆の悲惨さに衝撃を受け、9条の理念に感銘を受けたという。彼に触発され日本でも中部大学元副学長の勝守寛らを中心に全国に会ができた。1993年設立の「なごや」が最初の地方組織で勝守が会長に就いた[2]

九条の会には様々な考えの人が集まっており、これらの人々の主張が細部まで一致しているわけではない。たとえば、国連憲章第51条で規定されている集団的自衛権については、批判する場合[3]もあれば、言及していない場合[4][5]もある。

呼びかけ人(構成員)・主な賛同者[編集]

呼びかけ人は以下の9人。※は故人

このほかにも多くの賛同者がいる。東大教授の小森陽一などが運営に関わっている。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「九条の会」アピール
  2. ^ 「第9条の会なごや、運動に壁 設立20年、会員高齢化」(朝日新聞デジタル 7月6日)
  3. ^ 東久留米「9条の会」 小森陽一氏講演”. 東久留米「九条の会」 (2005年2月20日). 2011年1月15日閲覧。
  4. ^ 九条科学者の会 発足一周年記念の集い”. 「九条の会」愛知・大学人の会 (2006年3月12日). 2011年1月15日閲覧。
  5. ^ 世界の宝「憲法九条」”. みやざき九条の会 (2007年8月27日). 2011年1月15日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]