矢代秋雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

矢代 秋雄(やしろ あきお、1929年9月10日 - 1976年4月9日)は日本作曲家。若い頃より英才として将来を期待され、東京音楽学校作曲科、東京藝術大学研究科を卒業した後、パリ国立高等音楽院に留学。和声法で一等賞を得る等、優秀な成績を修めて卒業。晩年は、作曲家として活動する一方、東京藝術大学音楽学部作曲科の主任教授として、後進の指導にあたった。門下より、野田暉行池辺晋一郎西村朗など現在の日本を代表する作曲家を輩出している。完璧主義、寡作主義で知られ、残された作品はどれも完成度が高く、再演も多い。

生涯[編集]

少年時代[編集]

矢代秋雄は、1929年9月10日、東京大森で西洋美術、美術史を専門とする評論家、矢代幸雄の長男として生まれた。母田中規矩士に学んだアマチュアのピアニストである。また、母方の祖父は横浜第一中学校(現・神奈川県立希望ヶ丘高等学校)の校長を務めた教師であり、西洋音楽への理解があった。家には母の嫁入道具であるヤマハ製のピアノがあり、父の溢れんばかりのクラシックのレコードがあった。つまり、矢代少年は、芸術に自然と親しむことの出来る、経済的にも裕福な、非常に文化的な環境で育ったのである。

秋雄は、7歳で原尋常小学校に入学したが、それ以前より、自発的にピアノの演奏や作曲を始めていた。好んで聴いたレコードは、ベートーヴェンを初めとして、ショパンブラームス、少し年齢が進んでワーグナーチャイコフスキーだった。誰に強要されるのでもなく、非常に早い時期より作曲家を志していた、と後年の著書で述べている。他の大作曲家の多分に漏れず、幼い秋雄にとって、創作を留めることは出来なかったようである。小学校への入学後、10歳頃には、ピアノだけの響きに飽き足らず、独学ながら管弦楽室内楽の作品を書き始めていた。

時機を感じた父の幸雄は、秋雄がその才能を自然と伸ばすことの出来るよう、作曲や指揮などの音楽の専門家に紹介した。作曲家の諸井三郎、ドイツ人指揮者のフェルマーなど。フェルマーからは指揮の勉強を勧められたが、結局、秋雄は、諸井に就いて14歳までの約3年間、ドイツ式の和声法と楽式について学ぶこととなる。諸井は、その作品の他に「機能和声法」の名著があり、ドイツ音楽の理論家としても名高い。諸井に師事したことが、後年の、動機を厳格に取り扱う、矢代の作風を決定付けた契機のひとつと言える。

13歳で暁星中学校に入学。フランス語の授業があり、後年の留学への端緒のひとつとなった。この頃、父の幸雄は、秋雄の将来について諸井に相談をしている。幸雄は、既に作曲家としての格を着々と備えて行く秋雄ではあるが、もしこのまま音楽を続けさせるのならば、やはり東京音楽学校へ入学させるしかないと考えていたのである。それを受けて諸井は、当時上野の東京音楽学校で教鞭をとっていた橋本國彦を紹介。翌年の14歳より、秋雄は橋本に作曲理論を師事することとなった。

ドイツの音楽語法を教えた諸井に対して、橋本はドビュッシーラヴェルに代表されるフランスを軸とした、ワーグナー以後のより近代的な音楽に目を向けさせた。それは秋雄にとって新しい音楽の世界だった。特に、ドビュッシーの作品の響きは秋雄の心を強く掴んだ。この頃に創作した楽曲は、ドビュッシーを模倣する作品ばかりだったという。

東京音楽学校時代[編集]

太平洋戦争末期の1945年4月、秋雄は16歳で東京音楽学校作曲科に入学した。同学年には日本の前衛音楽の旗手、黛敏郎がいた。しかし激しい戦禍の中、授業はほとんど行われなかった。半年後、日本は敗戦を迎えた。戦時中に国威発揚の音楽にたずさわった橋本は戦争責任を問われ、細川碧などと共に東京音楽学校の教壇から追われてしまう。秋雄は後任の池内友次郎伊福部昭に就いて、新たに作曲理論の勉強を開始することとなる。

池内はパリ高等音楽院ポール・フォーシェアンリ・ビュッセルに学び、当時の日本ではフランス流の作曲技法の第一人者であった。音楽の範として伊福部に強く共鳴する黛に対して、矢代は池内からその多くを吸収した。特に池内は「音楽を整然と美しく仕上げる」ことを矢代に教え込んだ。これは、諸井から学んだ書式と共に、矢代の作風を決定付ける要素のひとつである。さて、この時期の作品の多くは矢代自身によって後に破棄されているが、以下のものは残っている。

  • ピアノのためのソナチネ - 藤井澄子に献呈。1945年3月10日(第1稿作曲)、5月12日(第2稿作曲)(15歳)。
  • 24のプレリュード - 1945年5月(15歳)作曲。
  • ピアノのためのノクチュルヌ - 井上二葉に献呈。1947年(18歳)作曲。
  • ピアノ協奏曲 - 園田高弘に献呈。
  • ピアノ三重奏曲 - 1949年(20歳)作曲。卒業作品。橋本國彦に献呈。

ピアノ協奏曲は、現在しばしば演奏されるものとは異なる。この作品は、1948年金子登指揮、東京音楽学校管弦楽部により初演された。卒業作品の「ピアノ三重奏曲」では、1949年2月の演奏会では自身でピアノ・パートを担当した。そしてこの作品はかつての師、橋本國彦に献呈された。在学中、矢代は黛と共に、極めて優秀な成績で「我が校始まって以来の俊秀」として将来を嘱望された。2人でお互いに作品を批評しあい、また芸術論を戦わせたという。

1949年3月、矢代は東京音楽学校本科を首席で卒業、4月には東京音楽学校研究科へ進学した。研究科に在学時の作品は以下のものがある。

  • ヴァイオリンとピアノのためのセレナーデ - 1949年(20歳)作曲。
  • ピアノ四手のための古典組曲 - 1949年(20歳)作曲。ヴェルレーヌの「エピグラフ」に依るという。
  • 交響的小品 - 1950年(21歳)作曲。

「交響的小品」は、東京藝術大学管弦楽団により初演された。1951年3月、矢代は東京藝術大学研究科を卒業した。

フランス留学時代および帰国後[編集]

1951年8月、22歳で矢代は、第2回フランス政府給費留学生として、黛らと共にパリ国立高等音楽院に入学した。和声法をジャック・ドゥ・ラ・プレールアンリ・シャランに、対位法フーガノエル・ギャロンに、作曲と管弦楽法トニー・オーバンに、ピアノ伴奏法をナディア・ブーランジェにそれぞれ師事した。オリヴィエ・メシアンの作曲と管弦楽法の授業も時折聴講したという。当時の音楽院では、ドイツの古典の他にサン=サーンスフランクなどの作品が範とされた。矢代は「フランクこそは自分の出発点」と後年の著書で述べているように、ちょうど彼の創作志向に合った学風だったといえる。対して、黛は「もう学ぶものはない」として1年で帰国している。また、この時期には同じくパリ音楽院に留学してきた三善晃と親交を深めている。卒業作品として「弦楽四重奏曲」を作曲(妹の訃報に接し、それを念頭に創作された)。しかしパリ音楽院でプリミエ・プリをもらえなかったことからフランス楽壇と決別するため、1956年(27歳)8月に帰国。同年の12月14日、フランスで書かれた「弦楽四重奏曲」日本初演。また、この作品で毎日音楽賞の一等賞を受賞。1958年日本フィルハーモニー交響楽団の委嘱により「交響曲」を作曲。1960年(30歳)、NHK交響楽団の委嘱により「チェロ協奏曲」を作曲。1965年(35歳)、「対位法」を出版。1968年(38歳)「ピアノ協奏曲」が第16回尾高賞文部省芸術祭奨励賞を受賞。同年、東京藝術大学助教授に就任。1974年、東京藝術大学教授となる。そのほかにも、幾つかの高校の校歌も作曲しており、最後の校歌としては、名張桔梗丘高校の校歌を作っている。ヴァイオリン協奏曲を作曲中の1976年心不全により急逝。墓所は、神奈川県横浜市東神奈川にある浄土宗成仏寺の墓地にある。

若くして亡くなったのと、厳しい自己批判により現存している(または出版されている)作品は少ない。現在知られているピアノ協奏曲とは別の、園田高弘のためのピアノ協奏曲も生前には出版されなかった。

あまりにも早すぎた死により、早くから神格化され没後すぐに、個人全集が企画・出版され、異例の待遇で評価された。

團伊玖磨はその著書「重ねて・パイプのけむり」(朝日新聞社・昭和55年(1980年)1月30日第1刷発行)の「雲の行列」(同書58~63ページ)で、矢代秋雄との出会い(矢代が小学生、團が中学生の時)や、その後の交流、そして矢代秋雄の死の報に接した際の光景を綴っている。團は矢代の死を死の翌日、第1回日中文化交流協会音楽家代表団の一員(団長)として滞在中の北京で偶然知り、矢代の死因が作曲を続けながら芸大主任教授を務めていたことによる疲労が原因であったこと、また、同じく代表団で同席していた武満徹松村禎三に対し、「松村君、芸大なぞは辞めなさい。作曲だけをしよう」と鋭く言ったこと等を生々しく記している。矢代が死去した当時の日本の作曲家の衝撃を語る記録である。武満徹は矢代から芸大講師に就任を打診されたこともあるが、終生、音楽学校での教鞭を執ることがなかった。

係累[編集]

ギリシャ美術史研究者平山東子は長女。

その他[編集]

森下小太郎によると、矢代は麻生 保(あそう たもつ)の筆名でSM雑誌『奇譚クラブ』に投稿していたという[1]沼正三によると、麻生保はマゾ派の熱心な投稿者で、筆名もマゾッホのもじりであるという[2]

作風[編集]

矢代は同時代のピエール・ブーレーズクシシュトフ・ペンデレツキ等を高く評価していたが、その一方でポール・デュカスフローラン・シュミットトニー・オーバンらを尊敬し、意図的に旧来の語法に留まっている。また、矢代は、その創作において、たとえ、それが音楽的にどんなに素晴らしい効果を持っていたとしても、霊感の赴くままに、思いつきや感性で、音を並べるのではなく、まず、音楽には、整然とされたエクリチュール、つまり確固たる書式、スタイル、流儀が存在するべきである、と考えていた。結果的に、それは代表作である交響曲の初演の評価、「日本人の手による、初めての交響曲らしい交響曲」という位置づけに繋がっている。

代表作[編集]

  • ピアノのためのソナチネ(1945年)
  • ヴァイオリン・ソナタ(1946年)
  • ピアノのためのノクチュルヌ(1947年)
  • ピアノ三重奏曲(1948年)
  • ヴィオラとピアノのためのソナタ(1949年)
  • ヴァイオリンとピアノのためのセレナーデ(1949年)
  • ピアノ連弾のための古典組曲(1951年)
  • 弦楽四重奏曲(1955年)
  • 交響曲(1958年)
  • 2本のフルートとピアノのためのソナタ(1958年)
  • チェロ協奏曲(1960年)
  • ピアノ・ソナタ(1961年)
  • ピアノ協奏曲(1967年)
  • 札幌オリンピックのための『式典序曲』(『白銀の祭典』とも、1972年)
  • ヴァイオリン協奏曲(未完。冒頭の37小節のみ)

著作[編集]

  • 音楽留学生(吉田秀和編、音楽之友社/1957年) 「留学とは」を収録。
  • 和声学とその応用(ヤマハ音楽振興会/1970年) 竹内剛との共著。
  • ハーモニーのしくみ(音楽之友社/1971年) 菅野真子との共著。
  • オルフェオの死(深夜叢書社/1977年 → 音楽之友社/1996年)
  • バッハ平均律の研究1(ムジカノーヴァ/1982年) 小林仁との共著。全2巻で、第2巻は伊達純と小林仁の手による。
  • 矢代秋雄和声集成(全3巻)(全音楽譜出版社/1982年 - 1983年)
  • 矢代秋雄音楽の世界(音楽之友社編/1997年) 対談集。
  • 音楽における郷愁(音楽之友社/1998年)

翻訳[編集]

校訂・増補[編集]

ラフマニノフの版権を所有しているブージー&ホークスとの契約により出版され、日本人でも演奏が可能なように運指や奏法の提案がなされている。しかし、自社版の出版を優先したブージー&ホークスが契約を解除し、本書はラフマニノフの著作権が切れる2004年まで絶版となっていた。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 森下小太郎「『家畜人ヤプー』の覆面作家東京高裁倉田卓次判事」(『諸君!1982年11月号)
  2. ^ 『懴悔録: 我は如何にしてマゾヒストとなりし乎』p.72