池内友次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

池内 友次郎(いけのうち ともじろう、1906年10月21日 - 1991年3月9日)は日本作曲家音楽教育家俳人

経歴[編集]

俳人高浜虚子の次男として東京市麹町区富士見町(現・東京都千代田区富士見)に生まれる。5歳から鎌倉に育ち、鎌倉師範附属小学校(現・横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校)から開成中学校を経て慶應義塾大学予科を2年で中退。1927年フランスに渡りパリ音楽院に入学。フォーシェビュッセルらに音楽理論作曲を学ぶ。1937年帰国。

帰国後、日本大学芸術科教授を経て、1947年東京藝術大学作曲科教授に就任。1952年レジオンドヌール勲章シュバリエ章、1975年勲三等旭日中綬章を受章。1986年文化功労者となる。1991年脳内出血のため逝去。

妻芳枝との間に3人の子があった。その妻の死後、1973年ピアニスト遠藤郁子と再婚した(後に離婚)。芳枝との間の次女の池内睦子(ヴァイオリニスト)は、アメリカ人ピアニストでパシフィック大学教授のレックス・クーパーと結婚。睦子とレックスの間に生まれた娘がチェリストクリスティーナ・レイコ・クーパーである。

日本における西洋音楽教育は、戦前までドイツの流れを汲むものを主体としていたが、池内は日本人としては初めてパリ音楽院に入学し、フランス流の作曲技法を日本に持ち帰った。音楽理論を中心に多数の翻訳・著書があり、また門下から多数の作曲家を輩出した。特に東京藝術大学着任以降は、同大学の作曲・ソルフェージュの教育は次第にフランス流のものが主流となり、その影響は同大学のみならず日本の音楽教育全体に及んだ。作曲家としての作品の数はそれほど多いとは言えないが、音楽教育・作曲教育方面に遺した足跡は大きい。

俳人としては、フランス留学以前から父の影響で創作を始め、父の主宰する俳句文芸誌「ホトトギス」にも参加していた。句集に『調布まで』『池内友次郎全句集』などがある。

主な作品[編集]

  • あまりりす(声、管弦楽)
  • 馬子歌(管弦楽。JOAK委嘱による「国民詩曲」のひとつとして作曲)
  • 日本古謡によるバラード(チェロ、ピアノ)
  • 日本詞華集(フルート、クラリネット、ファゴット、ホルン、2ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)
  • 熊野(ゆや) ソプラノと管弦楽のための三つの小品
  • 前奏曲と追走曲(絃四重奏曲)
  • ピアノのためのソナチネ(小奏鳴曲 第1番)
  • ヴァイオリンのためのソナチネ(小奏鳴曲 第2番 ヴァイオリン、ピアノ)
  • チェロのためのソナチネ(小奏鳴曲 第3番 チェロ、ピアノ)
  • ソプラノのためのソナチネ(ソプラノ、ピアノ)
  • 礼奏(ピアノ連弾)
  • 恋の重荷(混声合唱、ティンパニ)
  • 大阪府立清水谷高等学校ほか、校歌多数

著書[編集]

句集[編集]

音楽書[編集]

  • 対位法――理論及実習(古賀書店/1941年)
  • 対位法(音楽之友社/1950年)
  • 楽典(音楽之友社/1951年) - 外崎幹二との共著
  • 聴音練習書(音楽之友社/1951年) - 外崎幹二との共著
  • 作曲法講義(全音楽譜出版社/1959年 - 1961年) - ヴァンサン・ダンディの『作曲法講義』(池内友次郎訳)とは別
  • 和音外音(音楽之友社/1965年)
  • 二声対位法(音楽之友社/1965年)
  • 和声――理論と実習(音楽之友社/1964年 - 1972年) - 共著。全3巻と別巻を合わせた4冊
  • 和音構成音(音楽之友社/1966年 - 1981年) - 「(I)協和音」「(II)不協和音」「課題・実習 実施篇」の3冊
  • 三声 - 八声対位法(音楽之友社/1975年)
  • 学習追走曲(音楽之友社/1977年)

この他、教育出版発行の音楽教科書にも関わった。

その他[編集]

門下[編集]

関連項目[編集]