石井眞木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石井眞木
基本情報
出生 1936年5月28日
日本の旗 日本東京府
学歴 国立ベルリン音楽大学
死没 2003年4月8日(満66歳没)
日本の旗 日本千葉県柏市
ジャンル クラシック
職業 作曲家指揮者
活動期間 1962年 - 2002年

石井 眞木(いしい まき、1936年5月28日 - 2003年4月8日)は、日本の作曲家指揮者東京府出身。父は舞踏家の石井漠。同じく作曲家の石井歓は兄、石井五郎は叔父。

略歴[編集]

幼少より、父の舞踏音楽を担当した縁で伊福部昭の薫陶を受け、その後正式に師事した。1958年ベルリンに留学し、国立ベルリン音楽大学作曲科でボリス・ブラッハーヨーゼフ・ルーファーらに師事した。1962年に帰国後、十二音技法などを使った作曲をしていたが、その後アジア圏の民族音楽、たとえば声明ガムランなどに影響された音楽を作曲した。国際的な交流活動にも積極的で、日独現代音楽祭日中友好合作現代音楽祭の企画等も行なっていた。

1999年紫綬褒章を受章した。

2003年4月8日甲状腺癌のため66歳で急逝した。交響詩『幻影と死』が遺作となった。

代表作品[編集]

  • オーケストラのための「響層」
  • 交響詩「祇王」
  • 雅楽とオーケストラのための「遭遇 II番」
  • 日本太鼓のための「モノクローム」
  • 日本太鼓とオーケストラのための「モノプリズム」(指揮小澤征爾、和太鼓林英哲ボストン交響楽団の演奏で1976年初演。第25回尾高賞受賞作品)
  • 打楽器とオーケストラのための「アフロコンチェルト」
  • 音響詩「熊野補陀落」
  • 聲明、龍笛とオーケストラのための「聲明交響I〜一切共生」
  • バレエ「輝夜姫」
  • オペラ「閉じられた舟」

映画音楽[編集]

外部リンク[編集]