別宮貞雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

別宮 貞雄(べっく さだお、1922年5月24日 - 2012年1月12日)は、東京府生まれの日本作曲家

略歴[編集]

兵庫県立第一神戸中学校から成城高等学校第一高等学校を経て東京大学理学部物理学科を1946年に卒業。さらに同大学文学部美学科に入学し1950年卒業。のちフランスに渡り、パリ音楽院で、ダリユス・ミヨーオリヴィエ・メシアンらに師事した。帰国後1955年から桐朋学園大学で教鞭を執る。1961年から桐朋学園大学教授、1973年から中央大学教授を務めた[1]。中央大学の音楽研究会吹奏楽部から作品を委嘱されてもいる。

父は別宮貞俊東京工業大学教授を務めたのち実業界に転じ、住友電気工業株式会社初代社長などを歴任)。翻訳家別宮貞徳は実弟。病理学者で東京帝大医学部教授の山極勝三郎の長女を母に持つ[2]。遠祖は伊予守護職河野氏出身の正岡経政の重臣で経政の叔父に当たる別宮修理太夫光貞。別宮氏は江戸時代に入ると伊予国今治藩の豪商国田屋として栄えた。

別宮は、作曲家としての理想像をベートーヴェンであるとしており、調性もしくは旋法性に依拠し、直截で単純明快かつ抒情的な表現を得意とした。一方で、十二音技法などの前衛的な手法に対しては、概して批判的な態度をとった。ミヨーやメシアンに師事しているが、様式的に見て新ロマン主義音楽の作曲家に分類される。調性を固守する態度は同じフランスの先輩ジャン・フランセと同様といえる。1988年紫綬褒章1994年勲三等瑞宝章

2000年を第1回として、その選考対象年に日本で発表された作曲作品の中から別宮自身がもっとも優れた作品と評価する作品に対して別宮賞の贈呈を始めた。

2012年1月12日肺炎のため死去[3]。89歳没。

主要作品[編集]

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番(1961年)
  • 交響曲第2番(1975年 - 1977年、1978年・2004年改訂)
  • 交響曲第3番「春」(1981年 - 1984年)
    第1楽章のみを「祝典序曲」として演奏することも可能
  • 交響曲第4番「夏1945年」(1986年 - 1989年)
  • 交響曲第5番「人間」(1997年 - 1999年、2001年改訂)

管弦楽曲[編集]

  • 管弦楽のための二章(1946年)
  • 古典組曲(1947年)
  • 管弦楽のための序奏とアレグロ(1954年)
  • 管弦楽のための二つの祈り(1956年)
  • 弦楽オーケストラのための小交響曲(1959年)

協奏曲[編集]

  • ヴァイオリン協奏曲(1968年)
  • ヴィオラ協奏曲(1971年)
  • ピアノ協奏曲(1979年 - 1981年、1997年改訂)
  • チェロ協奏曲「秋」(1997年、2001年改訂)

吹奏楽曲[編集]

室内楽・独奏曲[編集]

  • 弦楽四重奏のための二章(1952年)
  • 木管三重奏曲(1953年)
  • フルートとピアノのためのソナタ(1953年 - 1954年)
  • 日本組曲第1番(1955年)(木管五重奏、東京管楽器協会により初演)
  • 日本組曲第2番(デュオ・クロムランクの委嘱)
  • 弦楽四重奏曲第1番(1955年 - 1957年)
  • 三つの内的風景(1960年)
  • ピアノのためのソナチネ(1965年)
  • ピアノのための組曲「にしきめがね」(1966年)
  • ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番(1963年 - 1967年)
  • 南日本民謡による三つのパラフレーズ(1968年)
  • 古典風ソナチネ(1969年)
  • こどものための三つの小品(1971年)
  • チェロとピアノのためのソナタ(1973年 - 1974年)
  • ハーモニカとピアノのための組曲「街の歌」(1975年)
  • フルートとヴァイオリンとピアノのための組曲「朝の歌」(1976年)
  • 二つのヴァイオリンのための「ディアローグ」(1980年)
  • アルトサキソフォンとピアノのための組曲「街の歌」(1981年、ハーモニカ版からの改訂)
  • フルートとピアノのための「小パストラール」(1983年)
  • かくれん坊と鬼ごっこ(二つのマリンバのための二つの遊戯)(1988年)
  • 4手ピアノのための「北国の祭り」(1989年)
    破棄された室内オーケストラのための「日本組曲第2番」から改変
  • ハープシコードとリコーダーのためのソナチネ「薄明」(1990年)
  • ヴァイオリンとチェロとピアノのための三重奏曲(1995年)
  • マリンバのための組曲「にしきめがね第2」(2002年)

独唱曲[編集]

  • 歌曲集「海四章」(1947年)
  • 歌曲集「淡彩抄」(1948年)
  • 歌曲集「二つのロンデル」(1951年)
加藤周一の詞による。「雨と風」、「さくら横ちょう」の2曲からなるが、特に第2曲が有名。
  • 歌曲集「白い雄鶏」(1956年)
  • 歌曲集「立原道造による四つのうた」(1959年)
  • 歌曲集「在りし日の歌」(1959年、1975年改訂)
  • 歌曲集「抒情小曲集」(1962年、1974年改訂)
  • 歌曲集「大手拓次による三つのうた」(1973年)
  • 歌曲集「三好達治による四つのうた」(1977年)
  • 歌曲集「智恵子抄」(1982年)

重唱曲[編集]

  • 四つの賛歌(1965年)

合唱曲[編集]

  • 万葉集による三つの歌(1958年)
  • 落葉松(1958年)
  • 北国民謡によるパラフレーズ(1962年)
  • 音楽物語「大男の庭」(1962年)
  • 混声合唱のための組曲「山の四季」(1967年)
  • 兵庫讃歌(1971年)
  • 合唱曲「ある少年の死」(1978年)
  • カンタータ「向陵夢幻」(1978年)
  • 合唱組曲「木と島のエピグラム」(1985年)
  • 女声合唱とピアノのための組曲「凍った炎」
  • 女声合唱とピアノのための組曲「“ある噴水の物語”より」(1988年)
  • 女声合唱とピアノのための組曲「淡彩抄」(1991年)
独唱曲からの編曲

オペラ[編集]

  • 磐城の松(1963年 - 64年)
  • 三人の女達の物語(1964年)
  • 有間皇子(1963年 - 1967年)
  • 葵上(1979年)
  • 井筒の女(2007年)

映画音楽[編集]

記録映画[編集]

  • 黒部峡谷―黒部川第四水力発電所建設記録 第一部―(1957年)
  • 日本南極地域観測隊の記録 南極大陸(1957年)
  • 太平洋戦記(1958年)
  • 地底の凱歌―黒部川第四発電所建設 黒部峡谷 第二部―(1959年)
  • ニイタカヤマノボレ 日本帝国の崩壊(1968年)

校歌[編集]

著作[編集]

  • 音楽の不思議(音楽之友社、1971年)
  • 私の音楽教育観(音楽之友社、1984年)
  • 音楽に魅せられて 作曲生活40年(音楽之友社、1995年)
  • ドビュッシー前奏曲集第1巻全曲研究(芸術現代社、2005年)
  • 遥か、ひと筋の途を……(芸術現代社、2005年)

訳書[編集]

  • ダリウス・ミヨー、クロード・ロスタン『音楽家の自画像』(東京創元社、1957年)
  • ジャン・エティエンヌ・マリー『生きている音楽』(音楽之友社、1961年)
  • ダリウス・ミヨー『ダリウス・ミヨー 幸福だった私の一生』(音楽之友社、1993年)

エピソード[編集]

パリ音楽院でメシアンのクラスを受験した際、シュトックハウゼンが受験生のライバルであったが、別宮が合格したためにシュトックハウゼンが落とされている。

脚注[編集]

  1. ^ 別宮貞雄とは - コトバンク2012年1月14日閲覧。
  2. ^ 富樫康『日本の作曲家』p.275
  3. ^ “作曲家の別宮貞雄さん死去”. 朝日新聞. (2012年1月13日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0113/TKY201201130674.html 2012年4月16日閲覧。 

外部リンク[編集]