ナクソス (レコードレーベル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナクソスNAXOS)は、1987年ドイツの実業家のクラウス・ハイマン英語版が、夫人である日本人ヴァイオリニスト西崎崇子とともに香港に設立したクラシック音楽系のレコードレーベル

来歴・特徴[編集]

ナクソスが活動を始める以前の大手レーベルは、有名なスター演奏家を起用することで販売数を伸ばしていた。しかし、ナクソスはこれとは逆に、無名でも実力のある演奏家を起用することで価格を低く抑えることを志した。初期は演奏や録音に関して一部にかなりの質のばらつきが見られ、「安かろう悪かろう」というイメージがあったものの、レーベル創設から十数年が経過した現在では、そういった懸念もほぼ払拭されつつある。

大手レーベルが『運命』、『新世界』などといった一部の超有名曲の知名度に頼りきっていた状況にあったのに対し、ナクソスは知名度は低くとも良質な曲であれば積極的に取り上げ、そのような曲の開拓をしていった。その最たる例がヴァシリー・カリンニコフの『交響曲第1番』であり、ナクソスにおいて記録的なロングヒットとなった。もっとも、ナクソスも創業の初期には、一般的な有名作品の録音から始めている。そして、会社の知名度が消費者に浸透するにつれて、隠れた名曲の開拓活動も軌道に乗っていった。

ナクソスの最大のポリシーとして、「一度市場に出したCDは廃盤にしない」点がある。しかし最近は、極初期の録音は質の問題もあるのか、入手できないものもある(最近、「できるだけ廃盤にしない」に変わった)。

ナクソスには姉妹レーベルとして「マルコ・ポーロ」(MARCO POLO)も存在する。このレーベルは「時代の空白を埋める」をモットーとして掲げており、ナクソスの取り上げるレパートリーに比べると、さらにマニアックな作品の録音が多い。しかし、ナクソスでもその手の録音は発売できることに伴い、近年は活動を大幅に縮小している。

日本の総代理店は株式会社アイヴィ愛知県豊明市)だったが、2007年9月末を以って解散し、Naxos Global Distribution ltd.の子会社ナクソス・ジャパン(旧:ナクソス・デジタル・ジャパン)に日本代理店の権利を譲渡することとなった。

主な演奏家[編集]

ナクソスが発掘したと云える演奏家の中でも、ピアニストイェネ・ヤンドーチェリストマリア・クリーゲルなどは、会社の創業初期から看板として活躍してきた人たちである。また、創業者クラウス・ハイマンの夫人である西崎崇子のヴァイオリンによる録音も多い。

指揮者では、アントン・ブルックナーの交響曲全集録音に起用したゲオルク・ティントナーがよく知られている。創業初期を支えてきた指揮者たちも、アントニ・ヴィトヘンリク・ミコワイ・グレツキ交響曲第3番『嘆きの歌の交響曲』をごく早い時期の1994年に発表し、ケネス・シャーマーホーン2004年に恩師レナード・バーンスタインの『ウエスト・サイド物語』の全曲録音を発表した。

ピアノ連弾デュオのジルケ・トーラ・マティースクリスティアン・ケーンのコンビは、アントニン・ドヴォルザークヨハネス・ブラームスの4手ピアノ作品全集録音に取り組んできた。70歳代後半を過ぎてから見いだされたティントナーは極端な例としても、他の会社でチャンスに恵まれなかった演奏家たちが、ナクソスで開花したケースは多い。

ナクソスのレコード業界での評価が上がるにつれて、著名な音楽家がナクソスで録音をする機会も増加した。そうしたケースで最も成功したのは、ノルウェーの名ピアニスト、アイナル・ステーン=ノックレベルグによるエドヴァルド・グリーグの「ピアノ独奏曲全集」(全14枚組)であろう。他に、ルーシー・ファン・ダールによるヨハン・ゼバスティアン・バッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』などがある。

「国際コンクールの優勝者は、どのような理由であっても支援する」というのは実は活動初期にピエール=アラン・ヴォロンダをフォローしたころからのポリシーだが、近年はこの傾向を推し進め、副賞にNAXOS一枚分のCDデビューを取り付ける国際コンクールが急増した。それに伴い最も恩恵を受けたのがピアノで、ピアノ演奏の最上位レヴェルを維持するアーティストが、次々とNAXOSからデビューしている。

また貴重な音源として、セルゲイ・ラフマニノフ自身が演奏した彼のピアノ協奏曲全曲などのCDも販売している(RCAレコードから復刻されていた)。

種々のプロジェクト[編集]

ナクソスでもマニアックな作品が発売可能になったことに伴い、複数のプロジェクトが始動できることになった。以下はほんの一例。かつてのナクソスは著作権の切れない現代音楽系には手を出せないという批判があったが、現在は存命の作曲家もかなりカヴァーしている。

  • American Classics
    • ナクソスならではのプロジェクトとして「アメリカン・クラシックス」(American Classics)と名づけられたシリーズがある。これはアメリカの音楽を幅広く網羅することを目指している。バーンスタインの作品でも、前述した『ウエスト・サイド物語』のような代表作のみならず、ユダヤ教から発想した声楽曲を集めた『ユダヤの遺産』までが入手できる。また、アメリカの名門レコード会社である「デロス社」(Delos)の古い音源の一部をナクソスが買い取って、当シリーズに含めて発売した商品もある。
  • Spanish Classics
  • 華人作曲家系列
  • Wind Band Classics

日本作曲家選輯[編集]

CD一覧[編集]

最近の動向[編集]

このような活動は今や多くの音楽家や聴衆から支持され、クラシックのCDの売上がドイツ・グラモフォンを上回り世界一となり、現在では最も力のあるレーベルのひとつに成長している。1999年には廉価盤専門の会社として初めて、イギリスの音楽雑誌・グラモフォンの「レーベル・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、レーベルとしての地位を確固たるものとした。少なくとも、音楽史や現代音楽のCDまでもが1000円(アイヴィからナクソス・ジャパンに引き継がれた現在は国内盤1枚組1200円)で入手できるというのは、かつてでは考えられないことであった。

近年ではナクソスの価格をさらに下回る廉価盤のクラシック音楽レーベルが乱立したため、価格面は一枚1000円前後を死守して質の向上へ焦点を定めた感がある。スターシステムの影響を嫌い、有名・無名といった概念に惑わされない聴き手がインターネット時代に入って急増したことにより、時代の展開を反映した慎重なリリースを続けている。前述の『日本作曲家選輯』や「アメリカン・クラシックス」はその代表的な例と言えよう。また、レパートリー増強のために、他レーベルの音源をライセンス販売するケースも出てきている。

日本ではナクソス・デジタル・ジャパン(2007年10月よりナクソス・ジャパンに改称)により、ナクソスはもちろん、ヘンスラーBISCHANDOSといった有名レーベル280以上を含めた定額音楽配信サービス「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」(NML)が2005年11月15日より開始された。クラウス・ハイマンは今後も様々なレーベルに参加を呼びかけ、サービスの強化に努めるとしている。ただし、音質が128kbpsとCDより低く、一続きの曲に便宜的につけたトラックの部分で演奏が止まってしまうなどの問題点が指摘されている[1]

2014年7月1日には、前日まで東京放送ホールディングス(TBSHD)が運営してきたクラシック音楽専門インターネットラジオ局「OTTAVA」を引き継いだ。もともとナクソスはOTTAVAへクラシック音楽の音源を提供してきた経緯があり、2014年4月にTBSHDが同年6月末でOTTAVAの放送休止を発表した事を受け、ナクソスが運営の継承を申し出た。結果、TBSHDから「OTTAVA」の商標やドメインも含めて一切の権利を譲り受けた。これによりスタジオがこれまでの東京・赤坂サカスからナクソス・ジャパンの本社がある東京・三軒茶屋に移転したほか、同年秋からタイムテーブルを刷新する。

ナクソスに登場する主な演奏家リスト[編集]

オーケストラ[編集]


指揮者[編集]


ソリスト(弦楽器)[編集]


ソリスト(鍵盤楽器)[編集]


アンサンブル[編集]

ナクソスの扱う音楽のジャンル[編集]

  • クラシック音楽
    • 有名曲:有名作曲家の有名曲はほぼ確実に入手できる。
    • 無名曲:有名作曲家の無名曲、無名作曲家の主要作品も容易に入手できる。
    • オペラ:「ナクソス・オペラ」と名づけられたシリーズも着実に増えている。
    • 音楽史
    • 現代音楽
    • 歴史的録音:「ナクソス・ヒストリカル」と名づけられ、歴史的録音の復刻にも力を入れている。
  • ジャズ

外部リンク[編集]