橋本國彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
}
基本情報
出生 1904年9月14日
出身地 日本の旗 日本、東京
死没 1949年5月6日

橋本 國彦(はしもと くにひこ、Qunihico Hashimoto、1904年9月14日 - 1949年5月6日)は、日本作曲家ヴァイオリニスト指揮者音楽教育者

経歴[編集]

東京都本郷生まれ。ヴァイオリン辻吉之助に師事、1923年大正12年)東京音楽学校(現・東京芸術大学)入学。ヴァイオリン(安藤幸に)と指揮法を学ぶ。作曲はほとんど独学であったが、同校研究科で作曲を学ぶ。歌曲『お菓子と娘』『黴』などで作曲家としての名声を獲得。斬新な曲を作る一方ではポピュラーなCM曲や歌謡曲にも手を染めた。なお、この頃ヴァイオリンを教えた弟子に朝比奈隆がいる。

こうして日本の有望な若手作曲家となった橋本は、文部省の命により1934年(昭和9年)から1937年(昭和12年)の間、ウィーンに留学する。エゴン・ヴェレスに師事。アルバン・ベルクの歌劇『ヴォツェック』上演に接したり、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーブルーノ・ワルターの演奏を聞く。帰国途中に寄ったロサンゼルスではアルノルト・シェーンベルクに師事するなど、積極的に新しい音楽を学んだ。帰国後は日本洋楽界きってのモダニストとして、作曲家・編曲家として活躍。教師としても優れており、1933年(昭和8年)母校の教授に就任。門下には、矢代秋雄を筆頭に芥川也寸志團伊玖磨黛敏郎らがいる。1940年代前半には、『学徒進軍歌』『勝ち抜く僕等少国民』などの軍国歌謡や、皇紀2600年奉祝曲の「交響曲第1番ニ調」を作曲した。また十二音技法による創作を試みたりした。

戦後は戦時下の行動の責任を取って母校を辞し、『朝はどこから』などの歌謡曲や、戦火に倒れた人々を追悼するために独唱と管弦楽のための『三つの和讃』、日本国憲法の公布を祝う『交響曲第2番』などを発表した。1949年胃癌のため44歳で鎌倉にて逝去した。

レコード録音[編集]

日本ビクターの専属アーティストとして、自作を指揮した自作自演録音や、ヴァイオリン奏者としてのソロ・伴奏録音を大量に遺している。1943年5月13日、日本人として初めてベートーヴェン第九(第四楽章のみ)を指揮して商業録音した。尾崎喜八による日本語訳詞で、同年11月新譜として10月に《歓喜の頌》と銘打って発売され、年末のラジオ放送でも使用された。指揮者以外のメンバーは、香山淑子(ソプラノ)、四家文子(アルト)、木下保(テノール)、藤井典明(バス)、国立音楽学校合唱団、玉川学園合唱団、東京交響楽団(現・東京フィルハーモニー交響楽団)である。

他に、日本コロムビア東京音楽学校のオケ・合唱団を指揮した自作のカンタータ『皇太子殿下御誕生奉祝歌』と、皇紀2600年奉祝曲としてハンガリーヴェレッシュ・シャーンドルが日本に捧げた交響曲第1番(オケは紀元二千六百年奉祝交響楽団)を指揮して録音している。

代表作[編集]

管弦楽曲[編集]

  • 交響曲第1番ニ調(1940年)
  • 交響曲第2番ヘ調(1947年)
  • バレエ音楽『香の踊』(1925年)
  • スケルツォ(1926年)
  • バレエ音楽『ヒドランゲヤ・オタクサ』(1927年)
  • バレエ音楽『幻術師ヤーヤ』(1927年)
  • 感傷的諧謔(1928年)
  • バレエ音楽『吉田御殿』(1931年)
  • バレエ音楽『天女と漁夫』(1932年)
  • 満洲大行進曲(1942年)

吹奏楽曲[編集]

  • 行進曲『若人よ!』(1937年)
  • 行進曲『興亜』(1943年以前)

室内楽曲[編集]

  • ヴァイオリンとチェロのための『四分音による習作』(1930年)

ピアノ曲[編集]

  • 『おばあさん』(1925年)
  • 『行進曲ヘ調』(1927年)
  • 『タンスマニズム』(1933年)
  • 『三枚繪』(『雨の道』『踊り子の稽古帰り』『夜曲』の3曲)(1934年)
  • 『をどり』(1934年)
  • NHKラジオ体操第3(1946年、2代目)

合唱曲[編集]

  • カンタータ『皇太子殿下御生誕奉祝歌』(1934年)
  • 音楽詩曲『光華門』(1939年、詩:中勘助
  • 交声曲『英霊讃歌』(1943年、詩:乗杉嘉壽

歌曲[編集]

歌謡曲など[編集]

  • 『ラヂオ小唄』(1930年、詩:西條八十))
  • 『日活オンパレードの歌』(1931年、詩:柴山晴美))
  • 『廟行鎮決死隊の歌』(1932年、詩:佐伯孝夫))
  • 『大大阪地下鉄行進曲』(1933年、詩:平塚米次郎)
  • 『チェリオ!』(1934年、詩:佐伯孝夫
  • 『母の歌』(1937年、詩:板谷節子)
  • 『大日本の歌』(1938年、詩:芳賀秀次郎
  • 『國民協和の歌』(1941年、詩:大政翼賛会
  • 『大東亜戦争海軍の歌』(1942年、詩:河西新太郎)
  • 『学徒進軍歌』(1944年、詩:西條八十
  • 『戦ふ花』(1944年、詩:深尾須磨子
  • 『勝ち抜く僕等少国民』(1945年、詩:上村数馬
  • 『朝はどこから』(1946年、詩:森まさる、NHKラジオ歌謡)
  • 『アカシヤの花』(1948年、詩:松阪直美、NHKラジオ歌謡、遺作)

弟子[編集]

その他[編集]

  • 日本人作曲家としてはめずらしく広辞苑にも記載されている。

外部リンク[編集]