エゴン・ヴェレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エゴン・ヴェレスEgon Wellesz1885年10月21日 - 1974年11月9日)は、オーストリア作曲家音楽学者

ウィーン出身。ウィーン大学グイド・アドラー音楽学を学び、個人的にアルノルト・シェーンベルク対位法を学ぶ。1908年に博士号を取得し、バロック・オペラやビザンツ音楽の研究に打ち込む。1911年から1915年までウィーン音楽院音楽史の講師を務める。1920年にシェーンベルクの伝記を執筆。1922年国際現代音楽協会の設立メンバーの一人となる。1929年からウィーン大学の音楽学の員外教授となる。しかしユダヤ人のため、1938年ナチス・ドイツのオーストリア併合に際し、オランダ経由でイギリスに逃れた。イギリスではオックスフォード大学の講師となり、名誉博士の称号を受けた。作品には9つの交響曲、9つの弦楽四重奏曲劇付随音楽などがある。 日本人の門下に橋本國彦がいる。

主な作品[編集]

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番 作品62(1945)
  • 交響曲第2番 作品65「イングランド風」(1947-48)
  • 交響曲第3番 作品68(1949-51)
  • 交響曲第4番 作品70「オーストリア交響曲」(1951-53)
  • 交響曲第5番 作品75(1955-56)
  • 交響曲第6番 作品95(1965)
  • 交響曲第7番 作品102「奔流に逆らって」(1967-68)
  • 交響曲第8番 作品110(1970)
  • 交響曲第9番 作品111(1970-71)

管弦楽曲[編集]

文献[編集]

  • Robert Scholium, "Egon Wellesz, Osterreichische Komponisten des XX. Jahrhunderu, II (Vienna, 1964)
  • Hans F. Redlich, "Egon Wellesz," The Musical Quarterly, XXVI (1940), 65-75
  • Rudolph Reti, "Egon Wellesz, Musician and Scholar," ibid., XLII (1956), 1-13.