ヴィルヘルム・フルトヴェングラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー 
Wilhelm Furtwängler 
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー}
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
基本情報
出生 1886年1月25日
出身地 ドイツの旗 ドイツ帝国 ベルリン
死没 1954年11月30日(満68歳没)
西ドイツの旗 西ドイツ バーデン=バーデン
職業 指揮者作曲家ピアニスト
活動期間 1906年 - 1954年
レーベル EMI DG
マックス・フォン・シリングス

ヴィルヘルム・フルトヴェングラーWilhelm Furtwängler, 1886年1月25日ベルリン - 1954年11月30日バーデン=バーデン)はドイツ指揮者作曲活動、ピアノ演奏活動も行った。

概要

カラヤンの前にベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者を務め、20世紀前半を代表する指揮者のひとりとされている。ベートーヴェン、ブラームス、ワーグナー等のドイツ音楽の本流を得意とした。一般には後期ドイツ・ロマン派のスタイルを継承した演奏とされ[1]、作曲家としても後期ドイツ・ロマン派のスタイルを継承したことから、ライバルのトスカニーニと対極に位置づけられることもあるが、「堅固な構築性をそなえた演奏を『ロマン主義的演奏』というだけで片付けてしまうのは軽率」とする見解もあり[2]、またフルトヴェングラー自身は「後期ロマン主義者」と看做されることを極度に嫌い、「私はロマン主義者でも古典主義者でもない」と語ったともいわれる[3]。主な称号ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団名誉団員[4]

音楽評論家の吉田秀和は、フルトヴェングラーについて、「濃厚な官能性と、高い精神性と、その両方が一つに溶け合った魅力でもって、聴き手を強烈な陶酔にまきこんだ」[5]「(ベートーヴェンが)これらの音楽に封じ込めていた観念と情念が生き返ってくるのがきこえる」[6]と評している。

現在でもCDが続々と発売され、放送録音、海賊録音の発掘も多く、真偽論争となったレコードも少なくない。

妹メーリットは、哲学者マックス・シェーラーの妻。甥ベルンハルトと妻エリーザベトの連れ子カトリーンの間の娘のマリア・フルトヴェングラー女優医師

音が出る前から指揮棒の先が細かく震え始め、アインザッツが非常にわかりにくいその独特の指揮法[7]から、日本ではフルトヴェングラーをもじって「振ると面食らう」などと評され、「フルヴェン」の愛称で親しまれている。

略年譜

主な録音

初録音は公式には1926年ベートーヴェン交響曲第5番ウェーバーの「魔弾の射手」序曲と記録されている。

映像

1954年ザルツブルク音楽祭におけるモーツァルトの「ドン・ジョヴァンニ」、1942年AEGによる慰問演奏会での『ニュルンベルクのマイスタジンガー』第一幕前奏曲、ナチス高官を前にしての演奏などが残っている。

主な初演作品

作品

フルトヴェングラー没後1周年に発行された記念切手(1955年

ベートーヴェン、ワーグナー、ブラームスを尊敬していた本人は自分のことを作曲家とみなしていた。作曲家としては評価されているとは言い難いが、近年では録音も増えつつある。長大な作品が多く、3つの交響曲、交響的協奏曲、ピアノ五重奏曲は演奏に1時間以上を要する。

交響曲

ベルリンフィルやウィーンフィルなどを振った自作自演の録音が複数存在する。

その他の作品

ピアニスト

エリーザベト・シュヴァルツコップ1953年ザルツブルク音楽祭に於けるヴォルフ没後50年を記念したオール・ヴォルフ・プログラムによるリサイタルを伴奏した録音及び、ウィーン・フィルハーモニーとの演奏会に於けるバッハブランデンブルク協奏曲第五番(これには1940年12月21日または22日のウィーンでのものと、1950年8月31日のザルツブルク音楽祭のものとがある)の録音が残る。

主要な著作

フルトヴェングラーは評論、文筆活動にも積極的で、著作物も多く残している。

  • 音と言葉: Ton und Wort
    フルトヴェングラーの主著で、フルトヴェングラーが各方面の雑誌に載せた論文や講演会での講演をまとめたもので、没後の1956年、ドイツのブロックハウス社ドイツ語版から上梓された。主要論文「ヴァーグナー問題〜ニーチェ風の随想」をはじめ、現代の音楽、社会に対する鋭い慧眼と哲学的考察を持って書かれた論考32編が収められている。中には有名な「ヒンデミット事件」も含まれている。日本語訳は芦津丈夫訳で白水社から出版されており、1996年には新装版も新たに出版された。
  • 音楽ノート(遺稿集)(: Vermächtnis
    フルトヴェングラーの没後に残された最終的な推敲を経ていない論考をまとめた本。最終的な推敲を経ていないとはいえ、ほぼ完全な形でまとまったものがほとんどである。特に、「音と言葉」には見られない指揮者自身の役割、フルトヴェングラーの指揮に対する考え方を率直に示した論考も含まれ、極めて貴重である。同時にフルトヴェングラーが自身のカレンダーに記していた覚書も「カレンダーより」として収められている。フルトヴェングラー没後の1956年にこれもドイツのブロックハウス社から出版された。日本語版も同様に芦津丈夫の訳で白水社から出版されている。また、1996年の新装版では、従来版で割愛されていた青年期の論考1編も新たに収められた。

その他にもヴァルター・アーベントロートドイツ語版との対談が収められた「音楽を語る」などがある。フランク・ティース編纂の書簡集も白水社から出版されている。

脚注

  1. ^ 脇圭平・芦津丈夫『フルトヴェングラー』岩波新書、1984年、ISBN 978-4004202820、49頁。
  2. ^ 脇圭平・芦津丈夫『フルトヴェングラー』岩波新書、1984年、50頁。
  3. ^ 脇圭平・芦津丈夫『フルトヴェングラー』岩波新書、1984年、55頁。
  4. ^ 「小沢征爾さん ウィーン・フィル名誉団員に 「どんな勲章よりうれしい」」『読売新聞』2010年11月3日東京朝刊33頁参照。
  5. ^ 吉田秀和『世界の指揮者』新潮文庫、1982年、ISBN 978-4101242026 225頁。
  6. ^ 吉田秀和『世界の指揮者』新潮文庫、1982年、227頁。
  7. ^ 脇圭平・芦津丈夫『フルトヴェングラー』岩波新書、1984年、125、126頁。
  8. ^ 同録音は、東芝が1955年に初めて出したLPレコードとなった(規格番号:HA-1001)。

関連項目

参考文献

文献資料

  • サム・H・シラカワ、中矢一義訳・桧山浩介協力「作曲家フルトヴェングラーと現在の評価」『悪魔の楽匠 レコーディングから探る巨匠フルトヴェングラーの実像』レコード芸術1994年12月号、音楽之友社、1994年

報道資料

  • 『読売新聞』2010年11月3日東京朝刊

外部リンク

先代:
アルトゥル・ボダンツキー
マンハイム国民劇場
音楽監督
1915年 - 1920年
次代:
フランツ・フォン・ヘスリン