ナッシュヴィル交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナッシュヴィル交響楽団
Nashville Symphony
本拠地のスカマホン・シンフォニー・センター}
本拠地のスカマホン・シンフォニー・センター
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州ナッシュヴィル
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1946年 -
公式サイト Nashville Symphony
メンバー
音楽監督
ジャンカルロ・ゲレーロ

ナッシュヴィル交響楽団またはナッシュヴィル・シンフォニーNashville Symphony)は、テネシー州の州都ナッシュヴィルを本拠地とするアメリカ合衆国オーケストラ。年間140回の公演を行っている。

歴史[編集]

1920年、テネシー州ナッシュビルのプロアマ問わず音楽家が集まりオーケストラを結成し、『ナッシュビル・バナー』紙の音楽評論およびヴァンダービルト大学教授であったジョージ・ポルン・ジャクソンが代表および監督に選ばれた。それ以降安定した活動を行なっていたが、約10年後に世界恐慌の煽りを受けた。1945年、ナッシュビル出身で第二次世界大戦に出兵していたウォルター・シャープが退役後帰郷し、中部テネシーに新たなシンフォニーの創立を試みた[1]。音楽仲間の助力を得て地元有力者を説得し、1946年、ナッシュビル・シンフォニーが創立され、初代音楽監督および指揮者にはニューヨークから若い指揮者のウィリアム・ストリックランドが迎えられた。同年秋にはナッシュビルのダウンタウンにある戦争記念館にて第1回目のコンサートが開催された。ストリックランドは約5年間在任し、現在の高い演奏能力の基礎を築いた。その後1951年から1959年、ガイ・テイラー、1959年から1967年、ウィリス・ペイジ、1967年から1975年、ソア・ジョンソン、1976年から1982年、マイケル・チャリーが音楽監督に就任した。チャリーが音楽監督であった時代、コンサート会場が戦争記念館からテネシー・パフォーミング・アーツ・センター(TPAC)のジャクソン・ホールに変更になった。

1983年初頭、ケネス・スカマホンが音楽監督および首席指揮者に就任し、以後2005年4月の彼の死去まで22年にわたる長期政権を築いた。この時期に多数の録音、テレビ出演、東海岸への演奏旅行で知名度を上げ、2000年9月25日にはカーネギー・ホールでの公演も経験した[2]。スカマホンの没後の2006年8月にはレナード・スラットキンが芸術顧問に就任し、2009年まで3年間在任した[3]

2006年9月、シンフォニーは1億2,350万ドルをかけて、ローラ・ターナー・コンサート・ホールを有する、オーケストラの躍進を支えたスカマホンの名を冠したスカマホン・シンフォニー・センターが完成し、楽団の新たな本拠地となった。[4]。2006年9月9日、スラットキンは新しいホールでショスタコーヴィチバーバーマーラーの曲、およびベラ・フレック、ザキール・フセイン、エドガー・マイヤーの世界共演を含む最初のコンサートを指揮した。

2007年9月、ナッシュビル・シンフォニーは2009年度よりコスタリカ人指揮者ジャンカルロ・ゲレロが5年の契約で7人目の音楽監督となることを発表した[5]。2011年、彼の指揮によりオーケストラはASCAP賞現代音楽演奏部門を受賞した[6]

また、2011年シーズンより岩崎潤コンサートマスターに就任することが発表された[7]

歴代音楽監督[編集]

録音[編集]

ナクソス・レーベルに多くのレコーディングがあり、2000年以降約20枚レコーディングしている。グラミー賞でのべ14部門にノミネートされ、2008年にスラットキン指揮によるアメリカの女性作曲家ジョーン・タワーの作品集『Made in America 』で最優秀オーケストラ演奏、最優秀クラシック・アルバムなど3部門を受賞した。ゲレロ指揮では、2010年、モーリス・ラヴェルの『子供と魔法(L'Enfant et les sortilèges ) 』でノミネート、2011年マイケル・ドアティ作品集『Metropolis Symphony 』でオーケストラ部門を含む3部門を受賞し、2012年、ジョセフ・シュワントナーの『Concerto for Percussion 』でゲレロとパーカッション奏者が最優秀クラシック・インストゥルメンタル・ソロ賞を受賞し、ナッシュビル・シンフォニーは計7部門で受賞した[8]。その他、スカマホン指揮によるヴィラ=ロボスの『ブラジル風バッハ』全集がある。

(アルファベット順)

  • タワーTower: Made in America / Tambor / Concerto for Orchestra 』 (2007年)
  • ヴィラ=ロボスVilla-Lobos: Bachianas Brasileiras (Complete) 』 (2005年)

音楽教育および地域貢献[編集]

2007年4月、ナッシュビル・シンフォニーはナッシュビルおよび中部テネシーでの音楽教育促進のため、ナッシュビルのニックネーム「ミュージック・シティ」に因み「ミュージック・エジュケーション・シティ」を企画した。このプログラムは以下の6つの柱を基本にしている。

  • 推進活動
  • 子供のコンサート
  • 音楽教育
  • 家族または大人向け教育
  • 能力開発
  • 出張教育

2007年、ミュージック・エジュケーション・シティの一環で、ナッシュビル・シンフォニーはナッシュビル都市圏の公立学校での音楽教育の促進、サポート、補完のためにデザインされた構想である「ワン・ノート、ワン・ネイバーフッド」の創立を発表した。公立学校および地元のW.O. Smith/Nashville Community Music School と協力し、現在ナッシュビル東部のストラトフォード高等学校が中心となり、8校の学生に楽器無料貸与、W.O. Smith School での個人レッスン、練習場への送迎を含む音楽教育の幅広いサポートを行なっており、支援校数の拡大を計画している[9]

脚注[編集]

  1. ^ Young, Stephen E.. “Nashville”. Grove Music Online ed. Oxford University Press. 2008年2月6日閲覧。
  2. ^ Ben Mattison (2005年4月19日). “Kenneth Schermerhorn, Longtime Nashville Symphony Conductor, Dies at 75”. Playbill Arts. http://www.playbillarts.com/news/article/1867.html 2007年9月8日閲覧。 
  3. ^ Vivien Schweitzer (2006年8月24日). “Leonard Slatkin Joins Nashville Symphony as Artistic Advisor While Music Director Search Continues”. Playbill Arts. http://www.playbillarts.com/news/article/5109.html 2007年9月8日閲覧。 
  4. ^ Matthew Westphal (2006年9月10日). “Photo Journal: Nashville, 'the Athens of the South,' Gets a New Temple to Music”. Playbill Arts. http://www.playbillarts.com/news/article/5190.html 2007年9月8日閲覧。 
  5. ^ Kevin Shihoten (2007年9月7日). “Nashville Symphony Appoints Music Director”. Playbill Arts. http://www.playbillarts.com/news/article/7035.html 2007年9月8日閲覧。 
  6. ^ League of American Orchestras: "ASCAP 'Adventurous Programming' Awards Presented at League of American Orchestras Conference in Minneapolis", accessed July 21, 2011
  7. ^ 公式サイトより。Nashville Symphony Welcomes New Concertmaster Jun Iwasaki(June 1, 2011)
  8. ^ http://www.nashvillesymphony.org/about/history
  9. ^ “Nashville Symphony and W.O. Smith Music School Announce "One Note, One Neighborhood" Music Education Initiative” (プレスリリース), Nashville Symphony Orchestra, (2008年4月2日), http://www.nashvillesymphony.org/main.taf?erube_fh=erblog&erblog.submit.PostDetail=true&erblog.blogid=10&erblog.BlogPostID=646 2010年2月18日閲覧。 

外部リンク[編集]