ナッシュヴィル交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナッシュヴィル交響楽団
Nashville Symphony
本拠地のシャーマーホーン・シンフォニー・センター
本拠地のシャーマーホーン・シンフォニー・センター
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州ナッシュヴィル
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1946年 -
公式サイト Nashville Symphony
メンバー
音楽監督
ジャンカルロ・ゲレーロ

ナッシュヴィル交響楽団Nashville Symphony)は、テネシー州の州都ナッシュヴィルを本拠地とするアメリカ合衆国オーケストラ。年間140回の公演を行っている。

歴史[編集]

1946年に、ナッシュヴィル出身の退役軍人ウォルター・シャープの尽力により設立され、初代音楽監督にはウィリアム・ストリックランドが迎えられた。1983年ケネス・シャーマーホーンが音楽監督に就任し、以後彼の死去まで22年にわたる長期政権を築く。この時期に多数の録音や演奏旅行で知名度を上げ、2000年にはカーネギー・ホールでの公演も経験した。2006年にはレナード・スラットキンが芸術顧問に就任、2009年からはコスタリカ人指揮者ジャンカルロ・ゲレーロが音楽監督を務めている。また、2011年シーズンより岩崎潤コンサートマスターに就任することが発表された[1]

2006年9月、オーケストラの躍進を支えたシャーマーホーンの名を冠したシャーマーホーン・シンフォニー・センターが完成し、楽団の新たな本拠地となった。

録音[編集]

ナクソス・レーベルに多くのレコーディングがあり、2008年にスラットキン指揮によるアメリカの女性作曲家ジョーン・タワーの作品集でグラミー賞ベスト・クラシカル・アルバムなど2部門を受賞、2011年にはゲレーロ指揮によるマイケル・ドアティ作品集によりオーケストラ部門を含む3部門を受賞した。その他、シャーマーホーン指揮によるヴィラ=ロボスの『ブラジル風バッハ』全集がある。

歴代音楽監督[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 公式サイトより。Nashville Symphony Welcomes New Concertmaster Jun Iwasaki(June 1, 2011)

外部リンク[編集]