ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団ポーランド語Orkiestra Filharmonii Narodowej w Warszawie英語The Warsaw National Philharmonic Orchestra)は、ポーランドオーケストラの一つ。

概要[編集]

ワルシャワ歌劇場の管弦楽団を母体として1901年にポーランドの貴族や財界人の主導のもとに設立された。初代音楽監督はエミール・ムウィナルスキで、第1回公演には有名なピアニストイグナツィ・パデレフスキも出演した。1939年第二次世界大戦が勃発するまで、サラサーテやパデレフスキ、カザルスハイフェッツら数々のヴィルトゥオーソや、サン=サーンスグリーグレオンカヴァッロリヒャルト・シュトラウスラフマニノフラヴェルストラヴィンスキーオネゲルプロコフィエフフルトヴェングラーらの作曲家や指揮者が招聘され、共演した。ショパン国際ピアノコンクールにおいて1927年の開催以来、主催者を務めており、ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリン・コンクール1935年)とポーランド芸術国際フェスティバル(1937年)のこけら落としにも出演した。

第二次世界大戦中は、音楽活動の中断を余儀なくされ、ヨーロッパ楽壇において名誉ある地位をほとんど奪われた。楽団員の半数を失った上に、オペラ座に倣った世紀末建築の優雅な演奏会場も壊された。1947年1948年に定期公演を再開するも、ようやく1955年2月21日に新様式による演奏会場が再建され、「国立管弦楽団」の名を冠された。

指揮者ヴィトルド・ロヴィツキのもとでプログラムの現代化が図られ、ショパングレツキルトスワフスキなど新旧の音楽の上演によって、ポーランド楽壇を洗練されたものにし、世界的な演奏水準に磨きをかけた。国内では、「ワルシャワの秋」国際現代音楽フェスティバルへの演奏に加えて、ショパン国際ピアノ・コンクールの最終選考での伴奏に出演しているが、国外では、五大陸で演奏活動を行っている。

現代音楽の演奏は曲目の国籍にかなり偏りがあるが、現代ポーランド音楽は団員が自発的に数多く手がけている。

現在の首席指揮者は、アントニ・ヴィトカジミエシュ・コルトが名誉指揮者を務める。レパートリーは幅広く、なかでもチャイコフスキーブルックナーマーラーなど、オーケストラの機能性を活かした作曲家の作品と相性が良い。

サウンドトラック担当作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

アニメーション[編集]

ゲーム[編集]

外部リンク[編集]