ブラック・ブレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラック・ブレット
ジャンル アクションファンタジー
小説
著者 神崎紫電
イラスト 鵜飼沙樹
出版社 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
レーベル 電撃文庫
刊行期間 2011年7月 -
巻数 既刊7巻
漫画
原作・原案など 神崎紫電
鵜飼沙樹(キャラクター原案)
作画 もりのほん
出版社 KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
掲載誌 電撃マオウ
レーベル 電撃コミックス
発表号 2012年10月号 -
巻数 既刊3巻
アニメ
原作 神崎紫電
監督 小島正幸
シリーズ構成 浦畑達彦
キャラクターデザイン 海島千本
メカニックデザイン 高倉武史
音楽 鷺巣詩郎
アニメーション制作 キネマシトラス×オレンジ
製作 ブラック・ブレット製作委員会
放送局 #放送局を参照
放送期間 2014年4月 -
テンプレート - ノート 
ウィキプロジェクト ライトノベルアニメ
ポータル 文学アニメ

ブラック・ブレット』は、神崎紫電による日本ライトノベルイラスト鵜飼沙樹が手掛けている。電撃文庫から既刊7巻が刊行されている。

あらすじ[編集]

近未来、寄生生物「ガストレア」に敗北した人類は、ガストレアを退ける金属「バラニウム」で作られた巨大な壁「モノリス」を建築し、その中でガストレアから身を守りながら生活をしていた。

希に外から侵入するガストレアの排除を業務とする「民間警備会社」(民警)の一つ、幼馴染である天童木更が経営する「天童民間警備会社」で働く16歳の少年・里見蓮太郎は、大した仕事もなくジリ貧な生活を送っていた。

ある日、珍しくやってきた仕事により通報を受けた部屋に突入すると荒れた部屋の中に燕尾服の男が立っていた。

燕尾服の男と一陣の戦闘の数日後、東京を治める最高責任者「聖天子」により数多の民警が招集され、東京を壊滅しようと目論む燕尾服の男・蛭子影胤の計画を阻止する依頼が言い渡された。

これまでに無かった強敵が東京を侵略しようとする中、連太郎は相棒であり、イニシエーターである藍原延珠と共に死戦を繰り広げる。

登場人物[編集]

天童民間警備会社[編集]

里見 蓮太郎(さとみ れんたろう)
- 梶裕貴
勾田高校二年生。16歳。天童民間警備会社のプロモーター。4巻時点で延珠とのIP序列は210位。天童式戦闘術初段。よく人から不幸顔と言われる。しかし、口調の乱暴さに反して誠実で世話好き、また家庭的なスキルが高く、趣味は料理。
住んでいるボロアパートに相棒の延珠を居候させ、事実上保護者となっている。ファーブル昆虫記が好きだった延長系で生き物全般に詳しく、ガストレアの特徴を見抜くなど役に立つこともある。菫や延珠が好き勝手に吹聴するデタラメによって周囲に「ロリコン」や「変態」などと言われることも多い。また、子供に好かれやすく、特に延珠やティナなどの「呪われた子供たち」には異性として好意を持たれているが、本人は木更に恋焦がれている。しかし、木更と和光との決闘を通して木更の狂気を目の当たりにし、自分では木更を幸せにできないことを悟る。一度は木更の幸せのために彼女を突き放すような態度を取ってまで身を引こうとしたが、結局は木更への思いを捨て切れず、利己的な行動に走ってしまう。
高校に通っているが、未織との契約により仕方なくであり、本人は必要性を感じておらず、教師や同級生は基本的に無視し、クラスメイトの名前も覚えていない。そのような態度であるため、校内ではあまりよく思われていない。また、なぜか延珠と暮らしていることがクラスメイトにばれている。
1巻後半で「新人類創造計画」の機械化兵士であったことが露呈する。所属は「陸上自衛隊東部方面隊第七八七機械化特殊部隊『新人類創造計画』」だった。ガストレア戦争により6歳で両親を失い、天童家に引き取られた過去を持つ。その後、天童家の屋敷に迷い込んだガストレアから木更を庇ったことにより左目、右腕、右足を失う瀕死の重傷を負い、死なないための選択として機械化兵士の手術を受けた。これにより、執刀した室戸菫にして最高傑作と言わせる戦闘力を持つこととなった。15歳で木更について天童家を出奔、天童民間警備会社を立ち上げる。天童家に居た頃は蓮太郎を政治家にしようとする菊之丞によりパーティーに連れ回されたり、菊之丞の弟子として仏師の修行をしたりしていた。
普段は40口径仕様のXD拳銃と天童式戦闘術で闘う。機械化兵士としての能力は、義眼内部の演算装置による思考の加速と、義肢内部に仕込んだカートリッジを炸裂させることによる打撃力の強化および加速。
藍原 延珠(あいはら えんじゅ)
声 - 日高里菜
モデル・ラビットのイニシエーター。蓮太郎の相棒。10歳。一人称は「妾(わらわ)」で尊大な口調であるが、性格は明るく素直で天真爛漫。ツインテール。バラニウム製の靴底を使い、蹴り技主体で闘う。蓮太郎の「ふぃあんせ」を自称し木更にライバル意識を抱いている。アニメ「天誅ガールズ」のファン。
既にガストレアウイルスによる体内浸食率が40%以上の超危険域に達しており、残り2年も生きられないと予測されている。この事実は蓮太郎や菫など限られた人物だけが知っており、延珠本人には実際よりも低い数値を告げる形で伏せられている。
天童 木更(てんどう きさら)
声 - 堀江由衣
天童民間警備会社の社長。16歳。黒髪ストレートに、美和女学院のセーラー服を身に着けている巨乳。名家である天童家の令嬢であったが、ある事件を境に天童家を出奔し民間警備会社を立ち上げて独立した。元お嬢様ということで気位が高いが、会社がほとんど儲かっておらず、彼女自身に世間知らずなところも多いため、貧乏暮らしをしている。所謂ツンデレで、普段は蓮太郎に対し高圧的な態度を取っているが、内心では蓮太郎に想いを寄せている。しかし、その想いを表に出すことはなく、木更自身は両親が死んだのに自分だけ幸せになることに罪悪感を抱いている。そのため、蓮太郎から求められた際にはひどく取り乱して彼のことを拒絶した。
民間警備会社の社長として普通に振舞っているが、その本性は天童家を憎む復讐者「天童殺しの天童」であり、全ての「天童」は死ななければならないと思っている。父母を殺した天童家に対する復讐心に囚われるあまり、幻覚の症状が出るほど精神を病んでおり、果ては笑顔で肉親を惨殺するまでに人間性が壊れた狂人と化している。
その容姿に反して、天童式抜刀術の免許皆伝の剣鬼。実際、抜刀術では刀の触れもしない10m先の物まで切断でき、超高位序列者であるティナを戦慄させたこともある。圧倒的な実力を持ちながらも、腎臓の持病で人工透析を定期的に受けている影響から、長時間戦えない為に事務職に落ち着いていたが、3巻でティナと共に戦闘に加わる。
ティナ・スプラウト
声 - 黒沢ともよ
モデル・オウルのイニシエーター、四賢人の一人エイン・ランドの造り出した「ハイブリッド」強化狙撃兵。アメリカ人の「呪われた子供たち」であり、プラチナブロンドの髪で、整った顔立ちをしている。夜型であり、2巻では日中は大量のカフェイン錠剤を摂らなければ意志疎通もままならなかったが、3巻からは、蓮太郎達と同じ時間を生きたいという理由で生活リズムを昼型に戻そうと努力している。
単独の戦闘力でIP序列98位を誇り、「黒い風(サイレントキラー)」の二つ名を持つ。夜目が利き狙撃が得意で、1km以上先の目標を百発百中で射抜くほか、マシンガンの扱いやナイフ格闘もこなすオールラウンダー。機械化兵士としては、脳に埋め込まれたニューロチップを介して球状の小型偵察機「ビット」を操りその情報を受け取ったり、設置したライフルを遠隔操作する能力を持つ。
2巻では、名ばかりのペア登録をしていたエイン・ランドに命じられ東京エリアに潜入、聖天子を暗殺しようとした。護衛についていた蓮太郎に敗北。投降後、聖天子の計らいで死刑を免れ、謹慎が解けた後に木更に社員として雇われる。尚、聖天子暗殺未遂の咎で元の序列は剥奪され、3巻で木更とペアを組み直したことによって9200位から再スタートとなっている。4巻時点でIP序列3500位に昇格。蓮太郎には特に好意を抱き、「私の命は蓮太郎さんの物」と公言している。

プロモーターとイニシエーター[編集]

伊熊 将監(いくま しょうげん)
声 - 手塚ヒロミチ
大手民間警備会社・三ヶ島ロイヤルガーターに所属している、IP序列1584位の凄腕。イニシエーターをバックアップに自ら前衛を務める辺り、実力がよく分かる。相棒に「脳味噌まで筋肉」という不名誉な評価を得ているほど脳筋。1巻で、他の民警ペアを殺害している。 漫画版では夏世の事をちゃんと理解している描写も見られる。
千寿 夏世(せんじゅ かよ)
声 - 潘めぐみ
イルカ因子を持つイニシエーター。伊熊とペア。戦闘向きの能力が低い代わりIQ値が高く、ペアの頭脳として働く。1巻で蓮太郎たちの背後をガストレアから守るが、その代償として、ガストレア化が進行してしまったため最後の願いとして蓮太郎によって射殺された。表向きは戦死となっている。
片桐 玉樹(かたぎり たまき)
声 - 細谷佳正
片桐民間警備会社のプロモーター。弓月と2人だけで片桐民間警備会社を切り盛りしている。メリケンサックとブーツに仕込んだバラニウム製チェーンソーを組み合わせた打撃およびマテバ拳銃を使う。目立ちたがり屋。木更に惚れ、「オレっちの女神」「姐さん」等と呼ぶ。弓月の出す糸を可視化するため飴色のサングラスをかけている。自分より弱い奴の下にはつかないという自分ルールがあり、アジュバントに入るにあたって蓮太郎・ティナの即席ペアと決闘した。4巻でIP序列1850位から1000位に昇格。
片桐 弓月(かたぎり ゆづき)
声 - 大久保瑠美
モデル・スパイダーのイニシエーター。玉樹とペア。スレイブチョーカーや皮製ベスト等スレた格好をしている。ツインテール。蓮太郎を「変態!!!」と毛嫌いしている。しかし、6巻で櫃間の策略で蓮太郎と戦うことになったときには必死に説得し投降を求めた。指先から強靭で粘性のあるクモ糸を出すことが出来、足場にしたり、敵を絡め取ったりできる。
薙沢 彰磨(なぎさわ しょうま)
声 - 三木眞一郎
IP序列970位。天童式戦闘術八段。戦闘ではSIG SAUER P226拳銃も扱う。天童式の道場で蓮太郎の兄弟子だった。蓮太郎からは「彰磨兄ぃ」と呼ばれている。一人でイニシエーターの相手もできるほどの実力者。本文では名前が「彰磨」となっているが、3巻口絵のキャラクター紹介では「匠磨」となっており、どちらが正しいかは不明(ただし「匠磨」の表記は口絵のみ・一回であり、「彰磨」である可能性が高いと推測される)。4巻で不発だったEP爆弾を自らの手で起爆、それに巻き込まれ死亡したかに思われたが、瀕死の状態で四賢人グリューネワルト翁や宗玄と思われる者達『五翔会』に回収されていた。
布施 翠(ふせ みどり)
声 - 小倉唯
モデル・キャットのイニシエーター。彰磨とペア。恥ずかしがり屋で、舌足らず。特技は匂い占い。爪を伸ばしたりしまったりでき、その鋭い爪で銃等も切断する。ガストレアウイルスの影響で頭に猫耳がついている。尚、しっぽはない。4巻でガストレアの罠にかかってしまいガストレア化が進行、助からないと悟り自害した。
水原 鬼八(すいばら きはち)
蓮太郎の旧友。小学四年生の頃に蓮太郎と知り合った。ペアを組むイニシエーターの火垂を目に入れても痛くない程に可愛がっている。妹が「呪われた子供たち」だったために家族が周囲から迫害を受け、父親が妹を射殺するに至った過去を持つ。拳銃はグロックを携帯。「新世界創造計画」および「ブラックスワン・プロジェクト」についての情報を掴み、菊之丞に繋ぎをつけるため蓮太郎を頼ったが、蓮太郎に詳細を伝える前に何者かによって射殺された。
紅露 火垂(こうろ ほたる)
モデル・プラナリアのイニシエーター。鬼八とペア。鬼八を殺したとされる蓮太郎を私刑にかけようと護送車を襲った。その後蓮太郎の再三の無実の主張と説得により、一応の協力関係を結んだ。プラナリアとも呼ばれるナミウズムシの因子により、通常のイニシエーターなら即死する心臓などの傷でも治癒し、蘇生する。但し、致命傷を受けてから蘇生するまでの「死んでいる」間は抵抗できない上に、全身を燃やされたり胴と頭を切り離されたりすると蘇生できないため、自分の能力については極力秘密で通している。武器はコルト・ガバメントのカスタムモデル、ゴールドカップ・ナショナルマッチを二挺拳銃で使っている。ともに行動するうち蓮太郎をパートナーとして認めるようになったが、6巻で蓮太郎を悠河の狙撃から庇い、死亡。
我堂 長政(がどう ながまさ)
声 - 玄田哲章
IP序列275位。第三次関東会戦の民警軍団団長。54歳だが民警達には一目置かれ、「知勇兼備の英傑」と呼ばれる。4巻で戦死。
壬生 朝霞(みぶ あさか)
声 - 水瀬いのり
イニシエーター。我堂長政とペア。4巻でプロモーターを失い、同じくペアを失っていた彰磨と臨時でペアを組む。6巻では櫃間の策略で玉樹、弓月とともに蓮太郎と交戦。無実が明らかになったあと、玉樹とともに土下座で謝罪をした。
我堂 英彦(がどう ひでひこ)
長政の息子。第三次関東会戦で連太郎のアジュバントが属する小隊の隊長を務める。ペアを組むイニシエーターの心音を、周りを憚らず撫で回す等、相棒や妹以上の感情を持っていた模様。4巻で戦死。
心音(ここね)
イニシエーター。我堂英彦とペア。4巻でプレヤデスに狙撃され、死亡。

政治家[編集]

聖天子(せいてんし)
声 - 豊崎愛生
東京エリアの3代目統治者。16歳。神々しいほどの美貌の持主である。独裁的な考え方をする一方で、「呪われた子供たち」と「奪われた世代」の共生を模索する理想主義者的な面も持つ。蓮太郎のことを「民警」の中で最も信頼し、個人的にも慕っている。また、蓮太郎の父母について蓮太郎の知らない事実を知っているようでもある。
天童 菊之丞(てんどう きくのじょう)
声 - 大木民夫
補佐官。天童木更の祖父。東京エリアの政治経済を裏から牛耳る天童の当主。仏師として人間国宝に指定されてもいる。妻を殺されたためガストレアに対して深い憎しみを持ち、ガストレア因子を持つ「呪われた子供たち」に対しても同様の感情を持っている。聖天子を名君として敬愛しつつも、「呪われた子供たち」を擁護する姿勢に関しては許容していない。
斉武 宗玄(さいたけ そうげん)
大阪エリアの統治者。アドルフ・ヒトラーと形容される独裁者。蓮太郎とは面識がある。『五翔会』に属しておりその中でも「五枚羽」を持つ最高幹部の一人。
天童 和光(てんどう かずみつ)
国土交通省副大臣。天童木更の異母兄。モノリス建設の際予算を横領し、第三次関東会戦を起こす原因を作った人物。横領の事実を知った木更と4巻で決闘することになる。天童式神槍術の免許皆伝であったが、木更とは圧倒的な実力差があって敗北する。10年前の事件の真相や首謀者の名前などの情報を引き出された挙句惨殺された。

四賢人[編集]

室戸 菫(むろと すみれ)
声 - 甲斐田裕子
法医学教室の室長。年齢不詳。四賢人と謳われた世界最高の頭脳を持つ天才の一人。神医という二つ名も持つが、現在は重度の引きこもりにして死体愛好家。エイン曰く、空前絶後の変態。常に白衣の裾を引きずり、髪を伸び放題にしている。病院の地下にある死体安置所を勝手に増築し棲みついている。蓮太郎の義手・義足・義眼のメンテナンスを行っている。話が回りくどいものの、アドバイスをしたり知識を貸したり等おおいに蓮太郎を助けている。趣味は解剖と映画と18禁ゲームと蓮太郎をからかうこと。蓮太郎をロリコン、変態扱いし、蓮太郎が社会的に破滅するよう延珠やティナにデタラメを言うことも多い。機械化兵士計画日本支部「新人類創造計画」の元最高責任者。
アーサー・ザナック
四賢人の一人。機械化兵士計画オーストラリア支部「オベリスク」の元最高責任者。
エイン・ランド
四賢人の一人。機械化兵士計画アメリカ支部「NEXT」の元最高責任者。
菫曰く、空前絶後の堅物。四賢人の誓いを破り、「呪われた子供たち」を使った機械化兵士「ハイブリッド」を作り出し、複数の戸籍を使って彼女たちと契約している。イニシエーターを道具としてしか扱っておらず、殺人を犯させることに抵抗もない。
アルブレヒト・グリューネワルト
四賢人の一人。全機械化兵士計画を統括する。四賢人の中でもトップの頭脳を持つ。グリューネワルト翁と呼ばれる。蛭子影胤の機械化手術執刀医。現在は『五翔会』という組織で機械化兵士を生み出している。

機械化兵士[編集]

蛭子 影胤(ひるこ かげたね)
声 - 小山力也
謎の男。元プロモーター。再三の犯罪により、民警ライセンス停止・序列凍結中だが、ライセンス停止前のIP序列は134位。タキシードにシルクハット、顔にはマスケラと、ふざけた格好をして大量殺人を繰り返す。機械化兵士としての存在意義を求め、戦闘の世界を望んでいる。趣味の悪いマシンピストル化したベレッタ、「スパンキング・ソドミー」「サイケデリック・ゴスペル」の二挺を扱う。「新人類創造計画」の機械化兵士で、その能力は斥力フィールドによる防御。所属は蓮太郎と同じく「陸上自衛隊東部方面隊第七八七機械化特殊部隊『新人類創造計画』」だった。1巻で菊之丞に雇われてゾディアックの召喚をしようとするが、蓮太郎・延珠ペアに撃破された。ただし、死亡してはおらず、4巻で狼のガストレアに襲われた蓮太郎を助け、共にプレヤデスを撃破している。
蛭子 小比奈(ひるこ こひな)
声 - 悠木碧
蛭子影胤の娘。モデル・マンティスの元イニシエーター。バラニウム製の二本の小太刀で闘う。父親には従順だが、その他については挑発するような言動を繰り返す。4巻では腰に吊った小太刀が四本に増えている。
アシュリー・スプリングスティーン
エイン・ランドの作り出したハイブリッドの一人。IP序列100位。「ギガ・ヘッジホッグ」の二つ名を持つ。
アイリーン・スペンサー
エイン・ランドの作り出したハイブリッドの一人。IP序列95位。「メテオフォール」の二つ名を持つ。
フェイ・クロンミラー
エイン・ランドの作り出したハイブリッドの一人。IP序列88位。「フェルドランス」の二つ名を持つ。
ルイーズ・ゼラズニー
エイン・ランドの作り出したハイブリッドの一人。IP序列70位。「魔王(ブラッドクリーク)」の二つ名を持つ。
リタ・ソールズベリー
エイン・ランドの作り出したハイブリッドの一人。IP序列21位。「冥王(プルートー)」の二つ名を持つ。ハイブリッド達のリーダー格。
ダークストーカー/巳継 悠河(みつぎ ゆうが)
『新世界創造計画』の機械化兵士。「里見蓮太郎を封殺可能なレベル」を要求スペックとされ手術を受けた。蓮太郎のものを改良した義眼を両眼に持っている。また近接戦闘用の兵装として打撃技のダメージを増幅する「超振動デバイス」を搭載。海老原義一を狙撃、殺害。グリューネワルト翁に認めてもらうためと、かつて天童式戦闘術の使い手に負けたことから、蓮太郎に執着し、度々勝負を挑む。6巻で蓮太郎との狙撃戦に敗北し、死亡。
ハミングバード/久留米 リカ(くるめ りか)
『新世界創造計画』の機械化兵士。ティナのものを改良したブレイン・マシン・インターフェイスを持ち、タイヤ型の兵器「死滅都市の徘徊者」(ネクロポリス・ストライダー)を操る。芳原健二を殺害。5巻で蓮太郎と火垂を襲撃した。火垂を「殺し」て蓮太郎と相討ちに持ち込んだかに見えたが、ナミウズムシの因子によって蘇生した火垂がリカにとどめを刺し、蓮太郎を助け出した。
ソードテール/鹿嶽 十五(かたけ じゅうご)
『新世界創造計画』の機械化兵士。アーサー・ザナックが実用にこぎつけた『マリオット・インジェクション』という皮膚を光学迷彩化する能力を持っている。そのほかカーボンナノチューブ製のナノ筋肉や自己修復能力を持ったバラニウム合金の脊椎、有機トランジスタなどが体に組み込まれている。高村莢を殺害。蓮太郎との戦いに敗れ、失敗者としてダークストーカーにより抹殺された。

その他の人物[編集]

司馬 未織(しば みおり)
声 - 小清水亜美
勾田高校生徒会長。司馬重工の社長令嬢。常に振袖を着、鉄扇を持っている。パトロン的な存在として蓮太郎・延珠ペアの装備品を提供し、その立場を利用して事あるごとに蓮太郎に迫る。木更とは犬猿の仲で、同じ空間に置いておくと撃ち合い・斬り合いの喧嘩になる。司馬流戦闘術を使い、鉄扇とカスタム・ガバメント拳銃「ソードフィッシュ」で闘う。6巻現在で明確な戦闘シーンは無いが、作中最強クラス(序列元98位のティナより実力が上)の天童木更に平然と立ち向かい、木更の天童流を自身の司馬流に対して「そんな出来たばかりの武術には負けない」と見下すなどの描写から、戦闘員として相当な実力を持っていると思われる。
紫垣 仙一(しがき せんいち)
天童民間警備会社の書類上の経営者にして、蓮太郎と木更の後見人のような人物。56歳。元は天童家の執事を務め、蓮太郎と木更が幼い頃から面識があった。執事を退職した後はバラニウム鉱山の採掘によって財をなし、東京エリアの一等地に私邸を構える資産家となった。裏で五翔会の五枚羽の最高幹部として暗躍している。
多田島 茂徳(ただしま しげとく)
声 - 松山鷹志
警視庁捜査一課所属の刑事。階級は警部。『グランド・タナカ』でのモデルスパイダー・ステージIのガストレア出現の際、蓮太郎と延珠に出会う。喫煙者。
櫃間 篤朗(ひつま あつろう)
木更の元許婚で、5巻で再び木更との縁談が持ち上がった。警察一家の出で、警察官。階級は警視。父親が警視総監。逃亡犯となった蓮太郎の捜査を進んで引き受けた。五翔会に属しており、階級は三枚羽根。蓮太郎には並ならぬ恨みを抱いている様子で、天童民間警備会社各社員の相次ぐ捕縛や身柄確保のどさくさにまぎれて木更に婚姻を承諾させたが、それも蓮太郎への復讐のためだった。6巻で「ブラックスワン・プロジェクト」が頓挫し、失敗者として始末された。父親である警視総監もともに始末されている。

世界設定[編集]

人類はガストレアウイルスとの戦いに敗れ、荒廃した国土の一角に追いやられている。人々は狭いエリアと呼ばれる区域に閉じこもって暮らしており、モノリス(後述)で一応は守られている。軍事力を民営化した組織「民間警備会社」が「ガストレア」に対するスペシャリストとして活躍している。

ガストレア関連[編集]

ガストレア
ガストレアウイルスに感染し、遺伝子を書き換えられた生物。再生力が異常に強い。赤い目と醜く巨大な体を持つ。通常、元の種から来るモデル名で、モデル・スパイダーやモデル・ラビット等と呼ばれ、識別される。また、感染間もないステージIから完成形であるステージIVまで四段階に分けられる。ステージが進行していく段階で様々な生物のDNAを取り込むため、ステージII以降のガストレアはそれぞれに異なる異形の姿と特徴を持つ。
アルデバラン
ステージIVのガストレア。かつてタウルスの右腕としてガストレア集団と共に行動していた。口からバラニウム侵食液を出すことができる。また、バラニウムによる再生阻害が効かず、脳など急所の損傷も修復できるうえ、フェロモンを利用して多数のガストレアを統率する。4巻で民警軍団の作戦「レイピア・スラスト」により撃破される。
プレヤデス
アルデバラン率いる一体で、テッポウウオのガストレア。口から水銀を発射し、5km先まで狙撃できる。4巻で連太郎と影胤により撃破され、死亡。遠距離射撃に特化した兵器として成長し続けたため、自ら食事をとることすらままならず、近接戦闘においては無力であった。
ゾディアック
通常は発生し得ないステージVガストレアの総称。ガストレア大戦において猛威をふるい、世界を滅ぼした存在。ステージIVのガストレアが子供に見えるほど巨大な体躯、通常兵器をほぼ無力化させる硬度の皮膚、分子レベルの再生能力などを持つ。また、通常のガストレアと違ってモノリスの磁場の影響を受けない。
世界に11体存在し、それぞれ黄道十二宮の星座の名で呼ばれているが、キャンサー(巨蟹宮)は欠番扱いになっている。作品開始時点ではタウルス(金牛宮)とヴァルゴ(処女宮)の2体の撃破が確認されていた。
スコーピオン(天蠍宮)
ゾディアックの一体。1巻で蓮太郎と延珠がレールガンモジュール「天の梯子」を使った射撃により撃破、死亡。
タウルス(金牛宮)
ゾディアックの一体。作中では名前だけが出ている。ガストレアの中では珍しく集団を率いて行動し、無敵のガストレアとして恐れられた。現在序列1位のイニシエーターによって撃破されるまで各地を蹂躙していた。
ヴァルゴ(処女宮)
ゾディアックの一体。作中では名前だけが出ている。現在序列2位であるドイツのイニシエーターによって撃破されたこと以外の詳細は不明。
リブラ(天秤宮)
ゾディアックの一体。人間のみを宿主とする致死性のウイルス数万種類を体内で合成し、散布する能力を持つ。リブラのウイルスは空気感染だけではなく皮膚からも侵入する上、紫外線にも強いため、ガストレア大戦時にはこのウイルスによって膨大な数の感染者・死亡者を出した。そのため、リブラは『疫病王』と呼ばれ、恐れられている。
サジタリアス(人馬宮)
ゾディアックの一体。強力な長距離攻撃手段を有しているようで、ガストレア大戦時には多数の人工衛星を撃ち落とした。
ガストレアウイルス
生物に寄生し、その遺伝子を書き換え、ガストレア化するウイルス。感染した生物は元の性質を保持したまま巨大化・凶暴化する。ガストレア化した生物にウイルスを注入されることにより感染する。また、空気感染はしないことが確認されている。
呪われた子供たち
ガストレアウイルス抑制因子を持ち、ウイルスの宿主となっている人間。ウイルスにより、超人的な治癒力や運動能力等、様々な恩恵を受ける。妊婦がガストレアウイルスに接触することにより胎児がなるもので、出生時に目が赤く光っていることにより判明する。ガストレアウイルスは生物の遺伝子に影響を与えるため、「呪われた子供たち」はその全員が女性になる。ガストレア大戦頃に第一世代が生まれているので、現在は全員が10歳以下となっている。ガストレアウイルスを保菌していることや、人間離れしたその能力から差別され、半ば迫害されている。大部分は親に捨てられ、エリア外周区でマンホール・チルドレンとして暮らしたり、物乞いをしたりする。

民間警備会社関連[編集]

民間警備会社
イニシエーターとプロモーターのペアを雇い、エリア内のガストレアの駆除、臨時のエリアの戦力等をする会社。略して民警と呼ばれる。民間警備会社に属するペアのことも民警と呼ばれる。
イニシエーター
ガストレアウイルスによる戦闘力の高さを生かし、ガストレアと闘う「呪われた子供たち」。必ずプロモーターとペアを組む。保菌したウイルスの動物因子によりそれぞれ特性を持ち、「モデル・ラビット」「モデル・オウル」等と識別される。普段封じている力を解放すると目が赤く光り、高い運動能力と動物因子に応じた特殊能力を発現する。普段はウイルス抑制因子と侵食抑制剤でウイルスの侵食を抑えているが、力の解放や怪我の治癒により少しずつ侵食率は上がり、50%を超えるとガストレア化する。稀にウイルスの動物因子により骨格が変化し、獣のような耳や翼等を持つ者も居る。
プロモーター
イニシエーターとペアを組んで戦う民警社員。ペアの司令塔および幼い少女であるイニシエーターの精神的支柱となる。
国際イニシエーター監督機構
イニシエーターとプロモーターを引き合わせたり、IP序列を管理する。略してIISOと呼ばれる。
IP序列
イニシエーター・プロモーター序列の略。全世界のイニシエーター・プロモーターのペアを、戦力と戦果で序列付けしたもの。IISOによる。100位以内のイニシエーターには二つ名がつく。

機械化兵士関連[編集]

機械化兵士計画
ガストレア大戦中に持ち上がった、体の一部を機械化し、超人的な攻撃力・防御力を持つ兵士を造り出す極秘計画。四賢人が機械化手術に当たる。手術の成功率が低く、また「呪われた子供たち」の能力の高さが判明したため活動は立ち消えになり、現在、一般的には都市伝説とされている。計画は以下の3つのプロジェクトにより構成される。
日本支部「新人類創造計画」
最高責任者/室戸菫 主な被験者/里見蓮太郎、蛭子影胤 主な兵装/「二一式黒膂石義眼」、「斥力フィールド」
オーストラリア支部「オベリスク」
最高責任者/アーサー・ザナック 主な兵装/「マリオット・インジェクション」
アメリカ支部「NEXT」
最高責任者/エイン・ランド 主な被験者/ティナ・スプラウト 主な兵装/「シェンフィールド」 
新世界創造計画
機械化兵士計画日本支部「新人類創造計画」の次段階として予定されていた室戸菫のプロジェクト。人体の半分以上、最終的には脳以外の全身を機械化する計画であった。機械化兵士計画の中止にともない実行されることなく終了。しかし四賢人の一人アルブレヒト・グリューネワルトにより、菫すら知らないところで再始動していた。名前と主旨は菫のものを引き継いでいるが、実際には「新人類創造計画」のみならず、「オベリスク」、「NEXT」の兵装をコピー・アップグレードした技術を用いており、本来の「新世界創造計画」とは別物であると言える。
ハイブリッド
エイン・ランドの造り出した、「呪われた子供たち」でありながら機械化兵士の能力を持つイニシエーターのこと。手術にバラニウム製のメスを使うため一般の機械化兵士より更に成功率が低い。

五翔会関連[編集]

五翔会
作中で暗躍している超国家的組織。その目的は、ガストレアのいない世界を作るために世界各国に成り代わって秩序を維持し、世界の覇権を握ることにある。組織は、日本の各エリアや国外から組織の思想の旗の下に集った人材で構成されており、組織の規模はかなりの大規模である模様。構成員は身体のどこかにペンタグラムと羽根のマークが刻まれており、羽根の枚数が多いほど組織内での階級が高い。また、組織に所属する者の中には国家権力の中枢部にまで食い込んでいる者も多数いるため、五翔会の影響力は非常に強大なものとなっている。
組織の目的のためなら手段は選ばず、殺人なども平然と行える。組織内で失敗者が出た場合は、失敗者も含め、五翔会に繋がる証拠全てを抹消するなどして証拠をまったく残さないようにしている。そのため、組織が表立つことはなく、作中では聖天子の暗殺未遂や蓮太郎の冤罪事件など様々な事件に関与してきたが、組織の実態は未だに不明である。
ブラックスワン・プロジェクト
五翔会によって立案された『抗バラニウムガストレア』培養計画。計画の名は、ブラックスワン理論から取られている。計画の内容は、人為的にバラニウムに耐性を持つガストレアを作り出し、さらに催眠状態を誘発する薬を用いて特定の場所に行くように『条件付け』することで、ガストレアを制御するものだった。この計画で作り出された抗バラニウムガストレアは、五翔会に従わない国家を滅ぼすために使われる予定である。

その他[編集]

バラニウム
ガストレアの再生力を阻害できる金属。ガストレアをまともに攻撃できる唯一の手段であり、刃物や銃弾に加工される。また、大量のバラニウムは近づくだけでガストレアを衰弱させる磁場を発す。埋蔵は火山列島に偏って分布し、特に日本では多く産出する。
モノリス
エリアを等間隔で囲う巨大なバラニウムの石板。東京エリアのものは幅約1km、高さ約1.6kmある。
エリア
モノリスに囲われた人間の住める区域。日本には東京エリア、博多エリア、仙台エリア、北海道エリア、大阪エリアの5つがある。
奪われた世代
ガストレア大戦を経験した世代。誰もがガストレアにより近しい人を殺された経験があり、その影響で「呪われた子供たち」差別主義者が多い。
無垢の世代
ガストレア大戦後に生まれた世代。「呪われた子供たち」もこれにあたる。
ガストレアショック
ガストレアに脅かされた経験から、ガストレア特有の赤く光る眼に過剰な恐怖を抱くこと。「呪われた子供たち」の目が光るのを見ても発症するため、大戦中「呪われた子供たち」になってしまった嬰児の殺害が相次いだ。

小説既刊一覧[編集]

タイトル 初版発行日 ISBN
1 ブラック・ブレット 神を目指した者たち 2011年7月8日 ISBN 978-4-04-870596-7
2 ブラック・ブレット2 vs神算鬼謀の狙撃兵 2011年10月8日 ISBN 978-4-04-870820-3
3 ブラック・ブレット3 炎による世界の破滅 2012年5月10日 ISBN 978-4-04-886477-0
4 ブラック・ブレット4 復讐するは我にあり 2012年8月10日 ISBN 978-4-04-886797-9
5 ブラック・ブレット5 逃亡犯、里見蓮太郎 2013年7月10日 ISBN 978-4-04-891761-2
6 ブラック・ブレット6 煉獄の彷徨者 2013年10月10日 ISBN 978-4-04-866008-2
7 ブラック・ブレット7 世界変革の銃弾 2014年4月10日 ISBN 978-4-04-866472-1

漫画[編集]

もりのほん作画で、2012年10月号から電撃マオウにて連載。

タイトル 初版発行日 ISBN
ブラック・ブレット 01 2013年5月27日 ISBN 978-4-04-891196-2
ブラック・ブレット 02 2013年7月11日 ISBN 978-4-04-891805-3
ブラック・ブレット 03 2013年10月11日 ISBN 978-4-04-891970-8

テレビアニメ[編集]

2014年4月よりTOKYO MXAT-Xほかにて放送中。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 神崎紫電電撃文庫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊)
  • 原作イラスト - 鵜飼沙樹
  • 監督 - 小島正幸
  • 副監督 - 博史池畠
  • シリーズ構成 - 浦畑達彦
  • キャラクターデザイン - 海島千本
  • フューチャーデザイン - shirakaba
  • ガストレアデザイン - 安藤賢司
  • メカニックデザイン - 高倉武史
  • 銃器デザイン - 森賢
  • 設定協力 - 白土晴一
  • 総作画監督 - 海島千本、長谷部敦志
  • メインアニメーター - 黒田結花、竹内由香里、戸田麻衣、諸貫哲朗、野中正幸
  • 3DCGプロデューサー - 井野元英二
  • 美術監督 - 柴田聡
  • 色彩設計 - 山下宮緒
  • 撮影監督 - 木村俊也
  • 編集 - 三嶋章紀
  • 音響監督 - 山田陽
  • 音楽 - 鷺巣詩郎
  • 音楽制作 - NBCUniversal
  • 音楽プロデューサー - 西村潤
  • プロデューサー - 小倉充俊、黒崎泰隆、山崎史紀、山崎明日香
  • アニメーションプロデューサー - 小笠原宗紀
  • アニメーション制作 - キネマシトラス×オレンジ
  • 製作 - ブラック・ブレット製作委員会(NBCユニバーサル・エンターテイメント、KADOKAWA アスキー・メディアワークスBC、ショウゲートAT-X、キネマシトラス)

主題歌[編集]

オープニングテーマ「black bullet」
作詞・作曲・編曲 - 八木沼悟志 / 歌 - fripSide
エンディングテーマ「トコハナ」
歌・作詞 - やなぎなぎ / 作曲・編曲 - 齋藤真也

各話リスト[編集]

話数 サブタイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督 銃器・エフェクト
作画監督
エンドカード 原作巻
#01 最後の希望 浦畑達彦 小島正幸 博史池畠 海島千本、長谷部敦志 森賢 serori 第1巻
#02 狂気の仮面 飯野慎也 伊藤秀樹、竹内由香里
戸田麻衣
クジラックス

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 放送系列 備考
日本全域 AT-X 2014年4月8日 - 火曜 22:30 - 23:00 CS放送 製作委員会参加
リピート放送あり
東京都 TOKYO MX 火曜 24:30 - 25:00 独立局
兵庫県 サンテレビ 火曜 24:40 - 25:10 [1]
神奈川県 tvk 火曜 25:00 - 25:30
京都府 KBS京都
愛知県 テレビ愛知 火曜 25:35 - 26:05 テレビ東京系列
日本全域 BS11 2014年4月9日 - 水曜 24:00 - 24:30 BS放送 ANIME+』枠
dアニメストア 2014年4月10日 - 木曜 12:00 更新 ネット配信 見放題サービス利用者は全話見放題
ニコニコ生放送 木曜 23:30 - 24:00
ニコニコチャンネル 木曜 24:00 更新
バンダイチャンネル 2014年4月25日 - 金曜 12:00 更新

WEBラジオ[編集]

ブラック・ブレット 〜延珠&ティナの天誅ラジオ〜』のタイトルで、音泉HiBiKi Radio Stationにて配信中。

配信日程
第1回:2014年4月1日 - (毎週火曜日更新)
パーソナリティ
日高里菜(藍原延珠 役)、黒沢ともよ(ティナ・スプラウト 役)

脚注[編集]

  1. ^ 当初は火曜 24:30 - 25:00に放送予定だったが、放送開始直前になって現時刻からの放送に変更 「テレビ愛知」「サンテレビ」放送時間変更のお知らせ

外部リンク[編集]