電撃文庫 FIGHTING CLIMAX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電撃文庫 FIGHTING CLIMAX
ジャンル 2D対戦格闘
対応機種 アーケード
家庭用ゲーム機(プラットフォーム未定)
開発元 エコールソフトウェア
フランスパン
発売元 セガ
プロデューサー 野中竜太郎
亙重郎
ディレクター 寺田貴治
人数 1 - 2人(対戦プレイ)
発売日 AC版:2014年3月18日
家庭用:未定
デバイス 1レバー+4ボタン
その他 ALL.Net P-ras MULTI対応
テンプレートを表示

電撃文庫 FIGHTING CLIMAX(でんげきぶんこ ファイティング・クライマックス)は、セガが発売した2D対戦格闘ゲーム

概要[編集]

アスキー・メディアワークス(現KADOKAWA)のライトノベルレーベルである電撃文庫とゲームメーカーのセガが共同で行うプロジェクトとして製作した格闘ゲームである。まずはアーケードゲームALL.Net P-ras MULTI配信)として稼働させ、その後にコンシューマ用ゲームとしてリリースする構想となっている(コンシューマ版のプラットフォームについては現在未定)。登場するキャラクターは電撃文庫のライトノベルのキャラクターであり、対戦ステージはセガのゲームをモチーフとしたものになっている。

開発はエコールソフトウェアフランスパンが担当[1]。フランスパンとしては『UNDER NIGHT IN-BIRTH』に続く商業用タイトルとなる。

アーケード版ではAimeカードに対応しており、戦績の記録を始め連動サイト[2]にてプレイヤーネームやキャラクターカラーの変更等のカスタマイズが可能になっている。

登場キャラクター[編集]

プレイヤーキャラクター[編集]

プレイヤーが操作して対戦を行うキャラクター

シャナ
- 釘宮理恵 / 出典:『灼眼のシャナ
アスナ
声 - 戸松遥 / 出典:『ソードアート・オンライン
御坂 美琴(みさか みこと)
声 - 佐藤利奈 / 出典:『とある魔術の禁書目録
高坂 桐乃(こうさか きりの)
声 - 竹達彩奈 / 出典:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない
平和島 静雄(へいわじま しずお)
声 - 小野大輔 / 出典:『デュラララ!!
黒雪姫(くろゆきひめ)
声 - 三澤紗千香 / 出典:『アクセル・ワールド
湊 智花(みなと ともか)
声 - 花澤香菜 / 出典:『ロウきゅーぶ!
本作では三沢真帆(声 - 井口裕香)、永塚紗季(声 - 日笠陽子)、袴田ひなた(声 - 小倉唯)、香椎愛莉(声 - 日高里菜)との5人1組でバトルに挑む[3]
キリト
声 - 松岡禎丞 / 出典:『ソードアート・オンライン』

サポートキャラクター[編集]

プレイヤーキャラクターを援護するキャラクター

ヴィルヘルミナ・カルメル
声 - 伊藤静 / 出典:『灼眼のシャナ』
リーファ
声 - 竹達彩奈 / 出典:『ソードアート・オンライン』
上条 当麻(かみじょう とうま)
声 - 阿部敦 / 出典:『とある魔術の禁書目録』
黒猫(くろねこ)
声 - 花澤香菜 / 出典:『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』
セルティ・ストゥルルソン
声 - 沢城みゆき / 出典:『デュラララ!!』
ハルユキ
声 - 梶裕貴 / 出典:『アクセル・ワールド』
ホロ
声 - 小清水亜美 / 出典:『狼と香辛料
ブギーポップ
声 - 清水香里 / 出典:『ブギーポップは笑わない
真奥 貞夫(まおう さだお)
声 - 逢坂良太 / 出典:『はたらく魔王さま!
イノセント・チャーム(ひなたの幻)
声 - 小倉唯 / 出典:『ロウきゅーぶ!』
加賀 香子(かが こうこ)
声 - 堀江由衣 / 出典:『ゴールデンタイム
キノ
声 - 久川綾 / 出典:『キノの旅
椎名 ましろ(しいな ましろ)
声 - 茅野愛衣 / 出典:『さくら荘のペットな彼女
藤和 エリオ(とうわ エリオ)
声 - 大亀あすか / 出典:『電波女と青春男

ボスキャラクター[編集]

結城 晶(ゆうき あきら)[4]
声 - 三木眞一郎 / 出典:『バーチャファイター
『バーチャファイターシリーズ』からのゲスト出演。
パイ・チェン
声 - 高山みなみ / 出典:『バーチャファイター』
『バーチャファイターシリーズ』からのゲスト出演。アキラのサポートキャラクターとして登場。

オリジナルキャラクター[編集]

ストーリーモードの会話パートのみ登場する。

電神
声 - M・A・O / キャラクターデザイン - KEI
プレイヤーキャラクターに助けを求めた謎の存在。
なお、キャラクター自体はセガハードの擬人化プロジェクト『セガ・ハード・ガールズ』のドリームキャストのデザインおよび声優が起用されている。
絶無
本作最大の敵である絶望の化身。取り込んだキャラクター達や上記のアキラ&パイの姿を取り主人公に攻撃を仕掛ける。
余談であるが、本作と同じ電撃文庫のクロスオーバー作品であるニンテンドーDSソフト『電撃学園RPG Cross of Venus』のボス・絶夢もキャラクターの偽者を生み出せるなど本作の絶無と同じ能力を持つ。

主題歌[編集]

オープニングテーマ『FIGHTING CLIMAX』
歌 - 園崎未恵

脚注[編集]

  1. ^ 電撃 - 【速報】『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』の開発はエコール/フランスパン! 本日のロケテインタビューで寺田貴治ディレクターが発表
  2. ^ クライマックスアリーナ|電撃文庫 FIGHTING CLIMAX 公式サイト
  3. ^ 『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』に『ロウきゅーぶ!』の智花が参戦! ひと足先にプレイした蒼山サグ先生&てぃんくる先生のコメントも”. 電撃ONLINE. 2014年1月30日閲覧。
  4. ^ 【速報】『電撃文庫 FIGHTING CLIMAX』に20周年を迎える『バーチャファイター』シリーズからアキラがボスとして参戦!!”. 電撃ONLINE. 2014年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]