竹宮ゆゆこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竹宮 ゆゆこ
(たけみや ゆゆこ)
ペンネーム 竹宮 ゆゆこ
(たけみや ゆゆこ)
誕生 1978年2月24日(36歳)
日本の旗 日本栃木県
職業 ゲームシナリオライター小説家
活動期間 2004年 -
ジャンル ライトノベル
代表作 とらドラ!
ゴールデンタイム
処女作 わたしたちの田村くん
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

竹宮ゆゆこ(たけみや ゆゆこ、1978年2月24日 - )は日本の女性小説家、漫画原作者。栃木県出身、東京都在住。

活動など[編集]

2004年9月に『電撃hp SPECIAL』2004 AUTUMN掲載『うさぎホームシック』(『わたしたちの田村くん』第1話)で小説デビュー。また、同月に美少女ゲーム『Noel』(フライングシャイン)のシナリオも手掛けた。

『このライトノベルがすごい!』で行われている「作品(シリーズ)部門ランキング」において、2007年度6位、2008年度4位、2009年度2位にランクイン。2007年にはライトノベルアワードでラブコメ部門賞を受賞している。

『とらドラ!』で初のアニメ化を果たしている。アニメ化においては4巻の時期にアニメ化の話があり、これにともない全体的な構成を考え10巻程度のプロット製作と本稿を進めていた。6巻脱稿後に編集との話し合いにより、第3稿までへと複数回書き直しを行うなどの原作10巻で脱稿後の製作裏舞台が著者インタビューにて語られている。

電撃文庫MAGAZINE』ではエッセイを寄稿している。自身のホームページやTwitterなどは存在しないため、彼女の近況を知ることが出来る数少ない企画である。

作風[編集]

繊細で緻密な容姿描写(特に女性キャラクターの服装にはこだわりがある)や、ダイレクトな心情描写が特徴。また作中内でキャラクターが非常に生き生きと描かれることから、「キャラ立ちの良い」作家として定評がある[要出典]

人物[編集]

たらこスパゲッティに目がない[1]。読者の間での愛称は「たけゆゆ」[2]「三十路(三十路は30歳のこと)」もしくは「ゆゆぽ」。あとがきでダイエットや三十代ネタを披露する事が多い。

とらドラ!』における著者の好きなキャラクターは「以前からずっと亜美ちゃんです」と語られている。

作品リスト[編集]

小説[編集]

漫画原作[編集]

ゲームシナリオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『とらドラ!』あとがき、248頁。
  2. ^ 『とらドラ!』あとがき、246頁で「たけゆゆ」を自称している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]