エコールソフトウェア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社エコールソフトウェア
Ecole Software Corp.
種類 株式会社
本社所在地 郵便番号:662-0964
兵庫県西宮市弓場町3-7-407
設立 1989年3月31日
業種 情報・通信業
事業内容 業務用・家庭用ゲームの企画・開発・販売
代表者 代表取締役 真鍋賢行
資本金 3000万円
外部リンク http://e56.info/
テンプレートを表示

株式会社エコールソフトウェア (Ecole Software Corp.) はアーケードゲームコンシューマーゲーム等を開発・販売を手がけている日本の企業。

通称『エコール』。設立は1989年(平成元年)3月31日。代表取締役は真鍋賢行

本社は設立当初大阪市港区にあったが、池田市尼崎市への移転を経て、現在は兵庫県西宮市にある。

ゲーム業界参入以前は、CAD関連のソフトウェアを開発していた。1995年11月22日発売の『ぱっぱらぱおーん』でゲーム業界に参入。2作目となるガンシューティング『デスクリムゾン』で、良くも悪くも一躍有名になる(理由は『デスクリムゾン』の項目を参照)。

他には、知感パズル『ムサピィのチョコマーカー』が一部のパズルファンに高評価を得る。また、自社名エコールの名義の他、ギャルゲー用ブランドのレインディアや、ゲイゲーム用ブランドのギズモがある。またPC用同人ゲームとして話題になった『Melty Blood』のアーケード移植版『MELTY BLOOD. Act Cadenza』(メルティブラッド アクト カデンツァ)の移植を担当した。

主なゲーム[編集]

エコールソフトウェア[編集]

レインディア[編集]

ギズモ[編集]

外部リンク[編集]