やなぎなぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やなぎなぎ
基本情報
出生 1987年5月31日(26歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソングゲームソング
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
活動期間 2006年 -
レーベル NBCユニバーサル
事務所 インクストゥエンター
共同作業者 binaria
公式サイト やなぎなぎ Official Website

やなぎなぎ1987年5月31日[1] - )は、日本女性シンガーソングライター関西出身[1]。所属芸能事務所インクストゥエンター、所属レコードレーベルNBCユニバーサル

来歴[編集]

幼少の頃、母親が近隣住民から貰ってきた電子オルガンをきっかけに音楽に興味を持つ[2]。その後、中学生の時に兄が買ってきたDTMソフトを使って作曲を始める[3]

2006年、ウェブサイト「プレイヤーズ王国」にてアマチュアでの音楽活動を開始し、多数のオリジナル曲を制作する[4]。また、ガゼルという名義で「ニコニコ動画」にも動画を投稿しており[5]、「ランティス組曲 feat.Nico Nico Artists」では歌い手の1人として参加している[6]。その後、2008年3月をもって動画投稿サイト上での活動を引退[1]nagiという名義でsupercellのゲストボーカルを務め、シングル3枚とアルバム1枚をリリースする。

2012年2月29日ジェネオン・ユニバーサルからシングル「ビードロ模様」をリリースし、メジャーソロデビューを果たす[7]

音楽性[編集]

抒情的で柔らかく、かつ澄んだ歌声の持ち主で[8]supercellの宇佐義大からは「素直に声を出している印象を受けるが、同時に儚さも感じさせてくれる」と評されている[9]声域も広く、supercellのryoはやなぎについて「地声ファルセットの境目をあまり感じさせない、滑らかで広い声域の持ち主」であると語っている[9]

楽曲制作に関しては新居昭乃の影響が大きく[2]、加えて好きなアーティストにムームを挙げるなどエレクトロニカを音楽的ルーツとしている[3]。やなぎ曰く、かつては聞く音楽もエレクトロニカ系に偏っていたが、supercellのゲストボーカルを務めたことを機にバンド音楽やポップスも聞くようになったという[10]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2012年2月29日 ビードロ模様 GNCA-0236 11位
2nd 2012年6月6日 Ambivalentidea GNCA-0240 23位
3rd 2012年11月7日 ラテラリティ GNCA-0247 20位
4th 2013年1月30日 Zoetrope GNCA-0250 13位
5th 2013年4月17日 ユキトキ GNCA-0269 17位
6th 2013年11月20日 アクアテラリウム GNCA-0316 GNCA-0317 22位
7th 2014年2月19日 三つ葉の結びめ GNCA-0325 GNCA-0326 27位
8th 2014年6月4日 トコハナ GNCA-0342 GNCA-0343

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 最高位
初回限定盤 通常盤
1st 2013年7月3日 エウアル GNCA-1376(2CD+BD)
GNCA-1377(2CD+DVD)
GNCA-1378 4位

参加作品[編集]

やなぎなぎ名義[編集]

  • 『しゅぷれ〜むキャンディ サウンドトラック』(2009年5月5日発売)
    • 「飛べない魔法使い」のボーカルを担当。
  • ZONEトリビュート〜君がくれたもの〜』(2011年8月10日発売)
  • Rewrite Original SoundTrack』(2011年10月28日発売)
    • 「恋歌」「恋文」「偽らない君へ」のボーカルを担当。
  • 終わりの惑星のLove Song』(2012年4月25日発売)
    • 麻枝准とのコラボレーション作品。ボーカルを担当。
  • 『Tachyon』(2012年9月12日発売)
    • MANYOとのユニット「mamenoi」のアルバム。ボーカルを担当。
  • 『NORN9 ノルン+ノネット オリジナルサウンドトラック PLUS』(2013年6月5日発売)
    • 「melee」「砂時計は空の空」「many universes」の作詞・ボーカルを担当。

ガゼル名義[編集]

nagi名義[編集]

タイアップ[編集]

楽曲 タイアップ
飛べない魔法使い ゲーム『しゅぷれ〜むキャンディ 〜王道には王道たる理由があるんです!〜』主題歌
恋文 ゲーム『Rewrite』エンディングテーマ
偽らない君へ
ビードロ模様 テレビアニメ『あの夏で待ってる』エンディングテーマ[7]
Ambivalentidea テレビアニメ『ヨルムンガンド』エンディングテーマ[3]
白くやわらかな花 テレビアニメ『ヨルムンガンド』第4話エンディングテーマ[3]
ラテラリティ テレビアニメ『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』エンディングテーマ
真実の羽根 テレビアニメ『ヨルムンガンド PERFECT ORDER』第15話エンディングテーマ
Zoetrope テレビアニメ『AMNESIA』オープニングテーマ
星々の渡り鳥 テレビアニメ『AMNESIA』第12話エンディングテーマ
ユキトキ テレビアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』オープニングテーマ
melee ゲーム『NORN9 ノルン+ノネット』オープニングテーマ
砂時計は空の空 ゲーム『NORN9 ノルン+ノネット』挿入歌
many universes ゲーム『NORN9 ノルン+ノネット』エンディングテーマ
アクアテラリウム テレビアニメ『凪のあすから』エンディングテーマ
三つ葉の結びめ
mnemonic テレビアニメ『凪のあすから』最終回の挿入歌
クロスロード Z会CMアニメ『クロスロード』主題歌[13]
トコハナ テレビアニメ『ブラック・ブレット』エンディングテーマ

出演[編集]

ゲーム[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c やなぎなぎのアーティスト・プロフィール”. CDジャーナル. 音楽出版社. 2012年11月2日閲覧。
  2. ^ a b 成松哲. “ネット発・癒しの歌姫が誕生するまで”. ナタリー. ナターシャ. p. 1. 2012年11月2日閲覧。
  3. ^ a b c d やなぎなぎ (2012年6月1日). 『ヨルムンガンド』EDテーマ担当・やなぎなぎさんの素顔に迫る. インタビュアー:逆井マリ. アニメイトTV.. http://www.animate.tv/news/details.php?id=1338427706 2012年11月2日閲覧。 
  4. ^ リスアニ! vol.8』、ソニー・マガジンズ、2012年1月、2012年1月30日23:56閲覧。
  5. ^ a b supercell 1st single「君の知らない物語」”. supercell公式サイト. 2012年11月2日閲覧。
  6. ^ a b 広田稔 (2008年3月27日). “ユーザーから「フルボッコw」でもオリコン17位─ランティス組曲”. ASCII.jp. アスキー・メディアワークス. p. 5. 2012年11月2日閲覧。
  7. ^ a b やなぎなぎ、ついにデビュー”. BARKS. グローバル・プラス. p. 0 (2012年3月5日). 2012年11月2日閲覧。
  8. ^ 平賀哲雄. “Ambivalentidea”. hotexpress. プランテック. 2012年11月2日閲覧。
  9. ^ a b c インターネット発のヒットメイカーが描き出す春色のメロディー”. iLOUD. エクストラ. p. 1 (2010年2月4日). 2012年11月2日閲覧。
  10. ^ a b supercell (2011年3月9日). インターネット発のクリエイティブ・ユニットが待望のセカンド・アルバムで描く、13の物語. インタビュアー:HIROKO TORIMURA. iLOUD.. http://www.iloud.jp/interview/supercell_2nd_album/ 2012年11月2日閲覧。 
  11. ^ ZONEトリビュートに中川翔子、SCANDAL、スフィアら”. ナタリー. ナターシャ (2011年6月15日). 2012年11月2日閲覧。
  12. ^ supercell「うたかた花火大会2010」でバーチャル花火5万発”. ナタリー. ナターシャ (2010年8月8日). 2012年11月2日閲覧。
  13. ^ 受験生応援ストーリー「クロスロード」 【Z会×新海誠 コラボレーション】”. Z会. 2014年2月26日閲覧。
  14. ^ 電撃Girl's Style』2013年3月号、アスキー・メディアワークス、2013年2月。
  15. ^ 電撃Girl's Style』2014年2月号、アスキー・メディアワークス2014年1月10日

外部リンク[編集]