グロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

グロック社 (Glock Ges.m.b.H.) は、オーストリアの武器製造会社。1963年にガストン・グロックがオーストリアのウィーン近郊にあるヴァグラムにて創設した。

現在はポリマーフレーム拳銃の製造で有名である[1]が、元々はマシンガン用ベルトリンクやナイフシャベルなど軍納入品を生産していた企業である。

趣味として射撃・メンテナンスを楽しんでいたガストン・グロックが、1980年に始まったオーストリア軍新制式採用トライアルをきっかけとして、長年温めていたアイデアをもとに、銃器の開発にも乗り出したという経緯がある。 銃器開発の実績がまったく無い同社がトライアルを勝ち抜いた事は欧州の銃器業界に衝撃を与え、その斬新なデザインからアメリカ市場でも爆発的なセールスを記録した。

現在では、グロック社の拳銃は世界中の軍隊、警察、および民間人によって幅広い支持を受けている。

製品[編集]

代表的な拳銃[編集]

グロック17
グロック19

GLOCK17

グロック社最初の民間用モデル。

GLOCK18

上記のモデルにフルオート機能を持たせたモデル。 公的機関のみしか所持できない。

GLOCK19

グロック17を小型化したモデル。

ナイフ[編集]

FM 78

現在は次の2種類のナイフを製造している。

  • Feldmesser 78 (Field Knife 78)
  • Feldmesser 81 (Survival Knife 81)

軍用シャベル[編集]

Feldspaten、上は刃を折り畳んでノコギリを出した状態
  • Feldspaten(Field Spade)

刃の角度を収納 (折り畳み)、鍬 (柄に対して直角)、通常のシャベルの三段階に調節できる。 柄にはノコギリが内蔵されている。

関連項目[編集]

R・リー・アーメイ - オフィシャルスポークスマン。

外部リンク[編集]

  • glock.com - グロック社公式ウェブサイト (英語), (ドイツ語)
  • teamglock.com - グロックUSA社公式ウェブサイト (英語)

脚注[編集]

  1. ^ なお、同社のグロック17が世界初のポリマーフレーム拳銃であるという誤解が一部にあるが、世界初のポリマーフレーム拳銃はH&K社のVP70である。