カティンの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カティンの森
Katyń
監督 アンジェイ・ワイダ
脚本 アンジェイ・ワイダ
ヴワディスワフ・パシコフスキ
プシェムィスワフ・ノヴァコフスキ
原作 アンジェイ・ムラルチク
製作 ミハウ・クフィェチンスキ
出演者 マヤ・オスタシェフスカ
アルトゥル・ジミイェフスキ
音楽 クシシュトフ・ペンデレツキ
撮影 パヴェウ・エデルマン
編集 ミレニャ・フィエドレル
ラファウ・リストパト
配給 日本の旗 アルバトロス
公開 ポーランドの旗 2007年9月17日
日本の旗 2009年12月5日
上映時間 122分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
ドイツ語
ロシア語
製作費 15,000,000 ズウォティ
(500万ユーロ、約6億円)
テンプレートを表示

カティンの森』(カティンのもり、ポーランド語: Katyń)は、2007年(平成19年)製作・公開のポーランドの映画en:Cinema of Poland)である。第二次大戦下に実際に起きた「カティンの森事件」を題材とした映画である。R-15指定作品。

略歴・概要[編集]

自らの父親もまた同事件の犠牲者である映画監督アンジェイ・ワイダが、80歳のときに取り組んだ作品である[1]。原作は、脚本家でありルポルタージュ小説家でもあるアンジェイ・ムラルチクが執筆した『死後 カティン』(Post mortem. Katyń, 工藤幸雄久山宏一訳『カティンの森』)である。構想に50年、製作に17年かかっている。

撮影は『戦場のピアニスト』等でも知られるポーランド出身の撮影監督パヴェウ・エデルマン、音楽はポーランド楽派の作曲家クシシュトフ・ペンデレツキが手がけた。ポーランドでは、2007年9月17日に首都ワルシャワでプレミア上映され、同年同月21日に劇場公開された[2]

翌2008年(平成20年)、第58回ベルリン国際映画祭でコンペティション外上映された[2]

ワイダは、2010年(平成22年)4月7日、ロシアのウラジーミル・プーチン首相、ポーランドのドナルド・トゥスク首相が出席した「カティンの森事件」犠牲者追悼式典に参列した[3]。同月10日に開催予定であったがポーランド空軍Tu-154墜落事故のため中止となった「カティンの森事件」追悼式典のための大統領機には、搭乗してはいなかった[4][5]

日本では、2009年(平成21年)10月20日に東京国際映画祭で上映されたのちに[2]アルバトロスが配給して同年12月5日に公開された[1]。翌2010年5月7日には同社が発売元となり、DVDがリリースされた[1]

ストーリー[編集]

1939年、ドイツがポーランドに侵攻し第二次大戦が勃発した。その数週間後、ソ連はポーランドの東部に侵攻した。秘密裏に独ソ不可侵条約が結ばれ、ポーランドは、ドイツとソ連に分割占領されることになったのである。

ドイツ軍に追われた人々と、ソ連軍に追われた人々は、ポーランド東部のブク川で鉢合わせになった。その中に、クラクフから、夫のアンジェイ大尉(アルトゥル・ジミイェフスキ)を探しに来たアンナ(マヤ・オスタシェフスカ)とその娘ニカ(ヴィクトリア・ゴンシェフスカ)がいた。そこで、逆にクラクフへ向かう大将夫人ルジャ(ダヌタ・ステンカ)に出会う。アンナは、ルジャ夫人にクラクフに戻るように勧められるが聞き入れなかった。

その後、アンナとニカは、駅でソ連へ連行される直前のアンジェイ、彼の友人イェジ(アンジェイ・ヒラ)らポーランド軍将校たちに出会うことができた。アンナはアンジェイに逃亡を勧めるが、アンジェイは軍への忠誠のため拒否し、家族と別れた。そして捕虜として教会に収容されたアンジェイはこれから起こることを日記に記そうと心に決める。

1943年4月、不可侵条約を破ってソ連領に侵攻したドイツ軍が、元ソ連領のカティンの森の近くで、一万数千人のポーランド将校の死体を発見した。ドイツは、これを1940年のソ連軍の犯行であることを大々的に報じた。

その後ドイツが敗北し、大戦が終結した1945年以後、ポーランドはソ連の衛星国として復興の道を歩み始めた。そしてソ連はカティンの森事件をドイツ軍の仕業であると反論し、事件の真相に触れることはタブーとなった。苦難を乗り越え、大戦から生き残った軍人や国民、カティンで親族を失った遺族らには厳しい現実が待ち受けていたのである。

やがてアンナのもとに、アンジェイ大尉の手帳が手渡された。手帳には、殺害の数日前までの出来事が、克明に記されていた。アンナは、アンジェイ大尉の身に起こったことを、改めて認識するのである。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

受賞・ノミネート[編集]

[編集]

  1. ^ a b c カティンの森、allcinema ONLINE, 2010年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c Katyń, Internet Movie Database, 2010年4月11日閲覧。
  3. ^ カチンの森事件:露、ポーランド両首脳が犠牲者追悼、毎日新聞、2010年4月7日付、2010年4月11日閲覧。
  4. ^ Prezydenckim Tu-154 leciały najważniejsze osoby w państwie” (Polish). 2010年4月10日閲覧。
  5. ^ Polish president's plane crashes in Russia: ministry”. Google. 2010年4月10日閲覧。

原作[編集]

  • 『カティンの森』 アンジェイ・ムラルチク/工藤幸雄・久山宏一訳
集英社文庫、2009年10月  ISBN 4087605906

外部リンク[編集]