大理石の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大理石の男
Człowiek z marmuru
監督 アンジェイ・ワイダ
脚本 アレクサンドル・シチボル・リルスキ
製作 バルバラ・ペツ・シレシツカ
出演者 クリスティナ・ヤンダ
イエジー・ラジヴィオヴィッチ
音楽 アンジェイ・コジンスキ
撮影 エドワルド・クウォシンスキ
編集 ハリナ・プルガル
配給 ヘラルド
公開 ポーランドの旗 1977年2月25日
日本の旗 1980年9月6日
上映時間 165分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
言語 ポーランド語
テンプレートを表示

大理石の男』(だいりせきのおとこ、原題:Człowiek z marmuru)は、1977年ポーランド映画。「抹殺」された労働英雄の男性と、その事績を発掘しようとする若い世代を描く。ポーランド国内では1977年2月25日に公開され、3か月で270万人を動員した。映画は2年間の海外上映禁止処分を受けたが、1978年第31回カンヌ国際映画祭でポーランド当局に無断でスニークプレビューされ、国際映画批評家連盟賞を受賞した。本作の主役と労働英雄の息子を主人公に、1981年に続編として『鉄の男』が製作され、こちらは同年の第34回カンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞した。

ストーリー[編集]

映画学校の生徒アグニェシカは、1950年代の労働英雄の姿をテーマに卒業映画を作ろうとしていた。そんな中、博物館の倉庫でかつての労働英雄ビルクートの彫像を発見し、ビルクートの当時の状況やその後を知ろうと関係者への聞き込みを行うことで物語が展開する。

関係者から出たビルクートの話は、ビルクートが1950年代のイデオロギーによって労働者の彫像として振りまわされた悲劇や、ビルクートが同僚をかばったがために刑務所へ送られ、妻とも別れさせられたという事実であった。しかし、アグニェシカが1950年代の状況を探ることで政府からにらまれることを忌避する上司は、ビルクート本人を見つけられなかったことを理由に撮影自体の中止を命じる。アグニェシカはそのことで失望するも父親の、カメラがなくても本人を見つけるべきだとの言葉に打たれ、ビルクートの息子・マチェックに会う。マチェックは父親が死んだことを告げ、諦めるよう伝えた。しかし、アグニェシカはマチェックを説得し、ともにワルシャワの放送局に向かうのだった。

スタッフ[編集]

  • 監督:アンジェイ・ワイダ
  • 製作:バルバラ・ペツ・シレシツカ
  • 脚本:アレクサンドル・シチボル・リルスキ
  • 撮影:エドワルド・クウォシンスキ
  • 音楽:アンジェイ・コジンスキ
  • 美術:アラン・スタルスキ

キャスト[編集]

  • イエジー・ラジヴィオヴィッチ:マテウシ・ビルクート/その息子マチェック
  • クリスティナ・ヤンダ:アグニェシカ
  • タデウシ・ウォムニツキ:ブルスキ、映画監督
  • ヤツェク・ウォムニツキ:青年時代のブルスキ
  • ミハウ・タルコフスキ:ヴィンチェンティ・ヴィテク
  • ピョートル・チェシラク:ミハラク
  • ヴィエスワフ・ヴィチク:ヨドワ、書記
  • クリスティナ・ザフヴァトヴィッチ:ハンカ・トムチク
  • マグダ・テレサ・ヴイチク:編集者
  • ボグスワフ・ソプチュク:テレビ局の編成係
  • レオナルド・ザヨンチコフスキ:レオナルド・ブリボス、カメラマン
  • イレナ・ラスコフスカ:博物館員
  • スジスワフ・ラスコフスカ:アグネシカの父親

受賞[編集]

  • 1977年:ポーランド映画賞批評家賞 
  • 1978年:カンヌ映画祭国際批評家連盟賞 
  • 1979年:ブリュッセル映画祭男優賞 
  • 1979年:ベオグラード映画祭男優賞 
  • 1980年:カタルーニャ映画祭審査員特別賞 

外部リンク[編集]