ポーランド空軍Tu-154墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド空軍Tu-154墜落事故
Tupolev Tu-154M Poland - Air Force.jpg
墜落したポーランド空軍のTu-154 101号機(2010年2月撮影)
概要
日付 2010年4月10日
原因 パイロットエラー[1]
場所 ロシアの旗 ロシアスモレンスク北飛行場1.5km手前
北緯54度49分26秒 東経32度3分4秒 / 北緯54.82389度 東経32.05111度 / 54.82389; 32.05111座標: 北緯54度49分26秒 東経32度3分4秒 / 北緯54.82389度 東経32.05111度 / 54.82389; 32.05111
死者 96
航空機
機体 ツポレフTu-154M
運用者 Roundel of Poland.svg ポーランド空軍
機体記号 101(90A837)
乗客数 89
乗員数 7
生存者 0
テンプレートを表示
飛行経路
スモレンスクの事故現場

ポーランド空軍Tu-154墜落事故は、2010年4月10日に、ポーランド空軍Tu-154が、ロシア連邦西方スモレンスク州スモレンスク北飛行場[2]への着陸進入中に墜落した航空事故である。この事故で、ポーランド大統領レフ・カチンスキ夫妻をはじめ、同国の政府と軍の要人を含む乗員乗客96名全員が死亡した[3]

概要[編集]

2010年4月10日10時56分(モスクワ夏時間協定世界時6時56分)頃、ポーランド側主催の「カティンの森事件70周年追悼式典」に出席するポーランド共和国政府訪問団を乗せて、ワルシャワフレデリック・ショパン空港を7時23分(中央ヨーロッパ夏時間)に離陸しスモレンスクへ向かっていたポーランド空軍第36特殊輸送航空連隊所属の大統領特別輸送機Tu-154M 101号機(機長:アルカディウシュ•プロタシュク少佐)が、スモレンスク市の北4kmにあるスモレンスク北飛行場へ着陸進入中、同飛行場から1.5km離れたスモレンスク州スモレンスク地区ペチョルスク村に墜落した。

事故発生時のおよそ1時間前、ポーランドの報道陣を乗せたポーランド政府のYak-401機が無事に着陸をしたが、その後は霧がさらに濃くなり、視界は500mとなり滑走路は閉鎖されていた。スモレンスク北飛行場は計器着陸装置 (ILS)もなかった。そのため、ロシア当局は専用機にモスクワミンスクへ着陸地を変更するよう求めたが聞き入れられなかった(2008年の南オセチア紛争時、トビリシの空港に着陸を主張するカチンスキは、拒絶する専用機のパイロットを解雇すると脅したことがあったといわれる[4] )。また、専用機が飛行場から1.5km地点で急激に高度を下げたため、管制官が水平飛行に戻すよう数回にわたって指示したが従わなかったという[5]。4度目の着陸復行を行おうとしたところ、低空飛行だったことと、機体の傾斜角が40°ないし45°まで傾いていたために主翼が木に接触。林をなぎ倒しながらバラバラになり、地面に激突・炎上した[6]。墜落は接触地点から400m先だった。

同機にはポーランド大統領レフ・カチンスキと妻のマリア・カチンスカ、大統領府長官、国務長官、上下院副議長、ポーランド国立銀行総裁、ポーランド軍参謀総長及び陸軍海軍空軍の三軍の総司令官など政府や軍の要人を中心とする公式訪問団89名と乗員7名(運行乗務員4名、客室乗務員3名)の計96名が搭乗していたが[7]、この事故で全員が死亡したと伝えられた[8][9]。大統領補佐官の1人は直前に体調不良から搭乗を見合わせていた。

事故機[編集]

在りし日の事故機(2008年6月撮影)

事故発生当時、ポーランド空軍第36特殊輸送航空連隊には2機のTu-154Mが所属していた。シリアルナンバー101号機(製造番号:90A837)は1990年6月29日にソ連クイビシェフ第18航空機工場で製造された。以来20年間で3度の改修を受けている。2009年5月よりTu-154Mの耐用期間を5年間または7,500時間延長する改修を順次行っており、101号機は2009年12月21日に改修を終えたばかりだった。この改修から事故前日(2010年4月9日)までの飛行時間は138時間だった[7][10]

新機種への更新も検討されていたが、同機を気に入っていたカチンスキが拒んでいたとする報道がある[11][12]。一方で、より高い安全技術を装備した新機種への買い替えを見合わせていたのは、国民から行政の無駄遣いだと厳しく批判されるのを恐れていたからだという報道もある[13]

また、カチンスキ大統領は以前、操縦士に圧力をかけていたといわれ、そのことが事故につながったとする報道もある[14]が、2011年7月29日、ポーランド政府の調査委員会は会見で「カチンスキ大統領や別の搭乗者が操縦士に着陸を強要したとの証拠はない」と発表した[15]。また同会見では「空港の不完全な設備や、ロシア人管制官による不十分な通信も事故の一因になった」としロシア側の対応を批判した。

政治的影響[編集]

ポーランド共和国憲法第131条の規定に基づき、死去したカチンスキにかわって大統領権限継承順位第1位の下院議長ブロニスワフ・コモロフスキが大統領代行に就任。6月20日に大統領選挙が実施された結果、コモロフスキが第5代ポーランド大統領に就任した。

事故当日、大統領一行の参加が予定されていた「カティンの森事件」の追悼式典は中止された[16]。同式典に先立つ同月7日、ロシアのウラジーミル・プーチン首相、ポーランドのドナルド・トゥスク首相両者出席のもと、「カティンの森事件」犠牲者追悼式典はすでに行なわれていたが、ロシアのドミートリー・メドヴェージェフ大統領はこれには出席せず、10日のカチンスキらの出席する式典に参加する予定だった[17]。ポーランド映画『カティンの森』(2007年)を監督した映画監督のアンジェイ・ワイダは7日の式典に参加していた[17]

国際的反応[編集]

ポーランド国民に向けて演説をするロシアのメドヴェージェフ大統領
  • ロシアの旗 ロシアドミートリー・メドヴェージェフ大統領とウラジーミル・プーチン首相はポーランドに哀悼の意を表明、セルゲイ・ショイグ非常事態相とイーゴリ・レヴィチン運輸相を現場に派遣、プーチン首相をトップとする事故調査委員会を立ち上げた。プーチン首相はすぐさまスモレンスクへ赴き、同じく急遽スモレンスク入りしたポーランドのドナルド・トゥスク首相と落ち合い、トゥスク首相と一緒に調査の報告を受けると共に今後の対応について直接ロシア語を使って1対1で話し合った。ドイツ語が堪能でまた英語も猛勉強していることで知られるトゥスク首相が公の場で流暢なロシア語を使うのは初めてだった。その後両首相は現場で献花、悲しみのもと抱擁する姿が報道された。発見されたフライトレコーダーはロシアとポーランド双方の専門家によって開けられて調査され、それによると現在のところ事故機の故障の兆候は発見されていない。犠牲者の遺体はモスクワに運ばれて身元確認を受けたのち、11日にポーランドへ送られた。11日にはアンジェイ・ワイダ監督の映画『カティンの森』がロシア公共テレビの総合チャンネルで全国同時に緊急放映された(映画『カティンの森』の放映は前週のロシア文化テレビ局に引き続き2度目となるが、文化テレビは視聴者が圧倒的に少ないのに対し、ロシア公共テレビはロシア国民のほとんどが日常的に視聴している)。モスクワのポーランド共和国大使館前には多くのロシア市民が集まり、献花を行っている。ロシアでは12日に服喪の日を設けることになっており、全国の主要産業は一斉休業となる。
  • アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国バラク・オバマ大統領が、カチンスキ大統領と政府要人の死を「ポーランドにとっても、合衆国にとっても、そして世界にとって破壊的」と呼び、「本日、重い胸の苦しみがアメリカをかけめぐった。合衆国はポーランド国民との深く恒久的な絆を慈しむ。この絆はわれわれの信頼の強さ、両国民の友情、我が国をかたちづくることへのポーランド系アメリカ人の特別な貢献を表現するものである」という声明を行ったことをホワイトハウスが発表した[21]
  • イギリスの旗 イギリスエリザベス2世女王は、「もっとも深き同情」をポーランド国民に送った[22]。英国首相ゴードン・ブラウンは、カチンスキ大統領の死によって「全世界が衝撃に見舞われるだろう」と発言した[23]。保守党党首デイヴィッド・キャメロンは、「この絶対的に悲劇的ニュース、そしてだれもが最初に考えたことは、絶対的に悲劇的な出来事といえる本件において死去したすべての人々の家族や友人たちとともにあるだろう。私はカチンスキ大統領と面識があり、カチンスキ氏は非常に勇敢であり、ポーランドの愛国者であり、自由のために立ち上がり、共産主義下にあって多大な苦しみを味わったが、つねに自らの信念や自国への偉大な信仰のために立ち上がった人物である。これは多大なる損失であり、この日はポーランドにとって実際非常な暗黒の日であり、この恐ろしき出来事に苦しむすべての人々のことを我々は考えねばならない」という声明を発表した[24]
  • フランスの旗 フランスニコラ・サルコジ大統領は、声明のなかで「熱烈な愛国心に突き動かされた男、生涯を自国に捧げた人物」とのカチンスキ大統領への献辞を送った[25]
  • 中華人民共和国の旗 中国胡錦濤国家主席は「中華人民共和国国民を代表し、私の名に於いてカチンスキ大統領閣下並びに全ての遭難者を深く哀悼し、遭難者の親族及びポーランド人民に心からの慰問を申し上げたい」とブロニスワフ・コモロフスキ大統領代行に弔電を発した[26]。同国の国務院総理温家宝外交部部長・楊潔篪もポーランド政府宛に弔電を発した[27]
  • ドイツの旗 ドイツアンゲラ・メルケル首相は、ドナルド・トゥスク首相に宛てた弔意の書状で、遺憾の意を表明した[28]ギド・ヴェスターヴェレ副首相兼外相は、カチンスキ大統領は、「聡明でエネルギッシュな対話の相手だった。われわれはポーランド国民と同じ嘆きを感じている。ヨーロッパが築くことのできたひとつのキャラクターをわれわれは失ってしまったのだ」と発言した[29]。ジャーナリストによれば、ヴェスターヴェレ副首相兼外相は、この惨事にひどく心を動かされたあまり、自らのスピーチをしばし中断し、記者団に対してその死について語ったという[29]
  • 韓国の旗 韓国李明博大統領は、カチンスキ大統領らの悲劇的な損失についてドナルド・トゥスク首相に弔意を表した[30][31]
  • バチカンの旗 バチカンタルチジオ・ベルトーネ枢機卿・国務省長官は、ブロニスワフ・コモロフスキ大統領代行に宛てた弔電で、ローマ教皇ベネディクト16世がポーランド国民に悲しみと連帯を表明したと語った[32]
  • Flag of Europe.svg 欧州中央銀行ジャン=クロード・トリシェ総裁は、欧州中央銀行一般理事会、および執行理事会に代わり、そして自らの個人的な範疇で「この恐るべき事故のすべての犠牲者の家族のみなさんに心からの哀悼の意」を表した。トリシェ総裁は、自らの気持ちはポーランド国民とともにあるとし、「欧州中央銀行一般理事会は、ポーランド国立銀行スワヴォミル・スクシペク総裁という名高いメンバーを失ったことに深く遺憾を感じている。われわれは、スクシペクを、よき友人で、一般理事会の仕事に貴重な貢献をした献身的なプロフェッショナルだったと記憶するだろう」と語った[33]
  • 世界銀行 : ロバート・ゼーリック総裁は、ポーランドに対し哀悼の意を表明した[34]

ポーランド国内の反応[編集]

ポーランドの旗 ポーランド

  • ドナルド・トゥスク首相は事故原因の徹底究明を命じる一方、緊急閣議を招集。記者会見で「第二次大戦後のポーランドの歴史で最も悲劇的な出来事だ」と述べた。大統領代行に就任したコモロフスキ下院議長は7日間の国家服喪を宣言した。カチンスキの12月の任期満了に伴い、次期大統領選は今秋に行われる予定だったが、同氏の死去に伴い6月下旬まで繰り上げて実施される見通しとなった。
献花・供物をもちよる市民(ワルシャワ)
  • ポーランド国内では国民の間に大きな衝撃が広がり、ワルシャワの大統領府には半旗が掲げられ、弔問の花束やろうそくの火を持った大勢の市民が集まったという[35]
  • 共産主義体制時代に自主管理労組「連帯」の仲間としてカチンスキ大統領と共に活動したレフ・ヴァウェンサ(日本では「ワレサ」の読みで知られる)元大統領は、事故の一報を聞き「思いもよらない悲劇だ」と絶句したという(AFP通信)。
  • 第三共和制第3代大統領アレクサンデル・クファシニェフスキは、ポーランドのテレビネットワークTVN24en:TVN24)に対し「ここは呪われた場所である。背筋がゾッとする。ポーランド第二共和国の最初の花はスモレンスク周辺の森で殺され、そしていま、スモレンスクの空港に近づいたときに第三共和制の知的エリートがこの悲劇的な飛行機墜落で死んだ」と語った[36]
  • ドナルド・トゥスク首相は「現代世界は、これほどの規模の悲劇をかつて見たことがない」と表現した[37]
  • レシェック・ミレルen:Leszek Miller)前首相は、自らもヘリコプター事故で在職中に負傷したことがあるが、ポーランドの航空機は交換の必要に迫られていたことで知られる旨を語り、「私はかつて、われわれはいつか葬儀で出逢うだろう、それが保有機材全体を更新する決断をするときになるだろう、と発言したことがある」と発言した[38]
  • 2010年4月13日、ポーランド政府は、4月17日に今般事故犠牲者の国葬をワルシャワ市内で、またカチンスキ大統領夫妻の国葬を4月18日にポーランド南部の都市クラクフで執り行うことを発表した[39]
  • ところが、事故から4日後にアイスランドで大規模な噴火が発生、EU圏内で飛行が禁止された事を受け、バラク・オバマ大統領をはじめとした国賓が来波できない事態となった。

主な犠牲者[編集]

最初に発行された不完全な乗客リスト
レフ・カチンスキ大統領
マリア・カチンスカ大統領夫人

同機の乗客名簿による[40][41]#議会に関しては特筆以外はすべて議員。

大統領・政府要人[編集]

軍幹部[編集]

議会[編集]

宗教関係者[編集]

その他[編集]

画像[編集]

関連項目[編集]

出典・補注[編集]

  1. ^ RT.COM "Pilot error caused Kaczynski’s plane crash"2010年5月26日付
  2. ^ スモレンスク空港(スモレンスク南空港)ではない。
  3. ^ “Polish President Lech Kaczynski 'in plane crash'”. BBC News Online. http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/8612825.stm 2010年4月10日閲覧。 
  4. ^ Пилот отказался сажать в Тбилиси самолет с президентами (Pilot refused to land aircraft with presidents in Tbilisi).” (Russian). NewsRu (2008年8月12日). 2010年4月10日閲覧。
  5. ^ “管制官の指示に従わず=墜落のポーランド政府機-ロシア空軍”. 時事通信社. (2010年4月11日). http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2010041100005 2010年4月12日閲覧。 
  6. ^ Polish president killed in air crash near Russia's Smolensk – RT Top Stories”. Rt.com. 2010年4月10日閲覧。
  7. ^ a b Aktualności”. ポーランド国防省. 2010年4月11日閲覧。
  8. ^ CNN「Polish president killed in plane crash」動画あり
  9. ^ ポーランド大統領が死亡、搭乗機墜落で”. AFP BB News. 2010年4月10日閲覧。
  10. ^ AIRLINES.NETに、事故機の画像が掲載されている。
  11. ^ 共同通信社 (2010年4月10日). “墜落大統領機ツポレフ154老朽化、事故相次ぐ”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/europe/100410/erp1004102308013-n1.htm 2010年4月12日閲覧。 
  12. ^ 『朝日新聞』2010年4月11日
  13. ^ http://blogs.wsj.com/new-europe/2010/04/10/poland-nicknamed-government-airplanes-flying-coffins/ Poland Called Planes ‘Flying Coffins’
  14. ^ http://newsweekjapan.jp/stories/world/2010/04/post-1212.php
  15. ^ 大統領機墜落:ポーランド「露にも問題」 管制不手際指摘mainichi.jp.2011年7月30日閲覧。
  16. ^ “ポーランド大統領墜落死:「カチンの森」式典も中止”. 毎日新聞. (2010年4月10日). オリジナル2010年4月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20100412115329/mainichi.jp/select/world/news/20100411k0000m030062000c.html 2010年4月12日閲覧。 
  17. ^ a b 大木俊治 (2010年4月7日). “カチンの森事件:露、ポーランド両首脳が犠牲者追悼”. 毎日新聞. オリジナル2010年4月10日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20100410212708/mainichi.jp/select/world/news/20100408k0000m030069000c.html 2010年4月12日閲覧。 
  18. ^ 官報5293号 皇室事項 2010年(平成22年)4月14日付官報第5293号閲覧
  19. ^ “首相がポーランド大統領死去で哀悼”. 産経新聞. (2010年4月10日). http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100410/plc1004102349006-n1.htm 2010年4月12日閲覧。 
  20. ^ “ポーランド大統領死亡で弔電=鳩山首相”. 時事通信社. (2010年4月10日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041000387 2010年4月12日閲覧。 
  21. ^ President Obama says the loss of Polish President Kaczynski is ‘devastating’”. BNO News (2010年4月10日). 2010年4月10日閲覧。
  22. ^ “Queen offers sympathy to Poland after president's death”. BBC News. (2010年4月10日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/8613006.stm 2010年4月10日閲覧。 
  23. ^ “'World saddened' by Kaczynski death says Gordon Brown”. BBC News. (2010年4月10日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/uk/8613006.stm 2010年4月10日閲覧。 
  24. ^ http://conservativehome.blogs.com/international/2010/04/polish-president-ally-of-david-cameron-feared-dead-in-plane-crash.html
  25. ^ Leaders express sorrow at Polish president's death” (2010年4月10日). 2010年4月10日閲覧。
  26. ^ 胡錦濤主席向波大統領代行弔電 人民日報 2010年4月11日閲覧
  27. ^ 胡錦涛主席、ポーランド衆議院議長に弔電 中国国際放送 日本語版 2010年4月11日閲覧
  28. ^ Germany reacts with shock to Polish president's death”. Deutsche Welle. 2010年4月10日閲覧。
  29. ^ a b Westerwelle tief betroffen vom Tod des polnischen Präsidenten” (German). Hannoversche Allgemeine. 2010年4月10日閲覧。
  30. ^ 이명박 대통령, 카친스키 대통령 서거 애도 조전” (Korean). YTN News (2010年4月11日). 2010年4月11日閲覧。
  31. ^ S. Korean President sends condolences to Poland over plane crash” (English). Yonhap (2010年4月11日). 2010年4月11日閲覧。
  32. ^ 'Vatican website'”. 2010年4月11日閲覧。
  33. ^ Statement by Jean-Claude Trichet, President of the ECB” (2010年4月10日). 2010年4月10日閲覧。
  34. ^ News & Broadcast – World Bank President Offers Condolences for Polish President and Government Officials”. Web.worldbank.org. 2010年4月10日閲覧。
  35. ^ ポーランド大統領墜落死:国内に大きな衝撃 首都では半旗毎日新聞 2010年4月10日
  36. ^ “President of Poland Killed in Plane Crash in Russia”. The New York Times. (2010年4月10日). http://www.nytimes.com/2010/04/11/world/europe/11poland.html?ref=global-home 2010年4月10日閲覧。 
  37. ^ Agata Kondzińska. “Nadzwyczajne posiedzenie rządu: – Takiego dramatu świat nie widział”. Wyborcza.pl. 2010年4月10日閲覧。
  38. ^ Kulish, Nicholas. “Polish President Dies in Jet Crash in Russia”. NYTimes.com. http://www.nytimes.com/2010/04/11/world/europe/11poland.html?hp 2010年4月10日閲覧。 
  39. ^ ポーランド大統領夫妻が無言の帰国 18日に国葬 産経新聞 2010年4月14日閲覧
  40. ^ Prezydenckim Tu-154 leciały najważniejsze osoby w państwie” (Polish). 2010年4月10日閲覧。
  41. ^ Polish president's plane crashes in Russia: ministry”. Google. 2010年4月10日閲覧。