ポーランド海軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
POL Marynarka Wojenna.svg
0906 Bandera Marynarki Wojennej RP ORP Toruń.jpg
Kompania Reprezentacyjna Marynarki Wojennej.jpg

ポーランド海軍 (ポーランド語:Marynarka Wojenna Rzeczypospolitej Polskiej) はポーランドが保有する海軍

概要[編集]

現在160隻前後の艦艇を保有し、14,300名の海軍軍人を擁する。バルト海で活動する海軍のなかではかなりの規模を誇り、イラク戦争にもアメリカ側として参戦した。

歴史[編集]

ポーランドはもともと陸軍国で海軍力はほとんど持たなかったが、河川での通商や交易を守るための小規模な艦隊を有していた。ポーランドは十三年戦争で、ドイツ騎士団を破り第二トルム条約によってグダンスク(ダンツィヒ)をプロイセンから得た。以降、ここを拠点に海軍を整備するようになる。1561年にはモスクワ大公国に勝利、海軍の拠点を新たに得たリガに設けた。1627年には、スウェーデン・ポーランド戦争でリトアニアと共にスウェーデンを破り大西洋へ進出する可能性を得たが、戦争自体がポーランドの敗北に終わり、結局、活用されることはなかった。さらに海軍の拠点であったリガが、スウェーデンによって奪われたこともあって、ポーランドの海軍がバルト海において覇を競う機会を亡くしてしまった。

ポーランド自体がロシア帝国プロイセン王国、オーストリアに分割され、ポーランド海軍の歴史も幕を閉じた。再びポーランドが独立を取り戻すのは第一次世界大戦後である。1918年に近代ポーランド海軍が発足し、フランスオランダイギリスから軍艦を調達して艦隊が整備されたが経済的に苦しいポーランドは大規模な海軍となることなく再び試練に見舞われた。1939年にナチス・ドイツとソ連に侵攻されたポーランドは再び独立を失った。しかし、その直前にペキン作戦でイギリスへ向かった3隻の駆逐艦や、海戦後にバルト海から脱出した潜水艦は連合国軍と共に戦った。また、戦争中にイギリスなどから引き渡された艦艇がこれに加わった。

第二次世界大戦後、再びポーランドは独立を取り戻した。ポーランドの独立はソヴィエト連邦の手によってなされ、ワルシャワ条約機構諸国になったため、艦船はソヴィエト海軍のものを運用した。ソヴィエト連邦崩壊後は北大西洋条約機構に加入し、西側諸国の艦船を運用するようになり、現在では東西折衷の艦船を運用している。

組織[編集]

ポーランド海軍は、3個小艦隊とヘリ・飛行機の混成旅団から成る。海軍本部は、グディニャに位置する。

  • 第3小艦隊:グディニャ。打撃任務部隊。
  • 第8沿岸防衛小艦隊:Swinoujscie。掃海・対潜任務部隊。
  • 第9沿岸防衛小艦隊:ヘル。掃海・対潜任務部隊。
  • 海軍航空旅団:グディニャ。ヘリと飛行機の混成部隊。

階級[編集]

  • 士官:oficer
    • 将官:
      • 大将:Admirał
      • 中将:Admirał floty
      • 少将:ViceAdmiral
      • 准将:Rear Admiral
    • 佐官:
      • 大佐:Komandor
      • 中佐:Komandor porucznik
      • 少佐:Komandor podporucznik
    • 尉官:
      • 大尉:Kapitan marynarki
      • 中尉:Porucznik marynarki
      • 少尉:Podporucznik marynarki
  • 准士官:chorąży
    • 上級本部准尉:Starszy chorąży sztabowy
    • 本部准尉:Chorąży sztabowy
    • 下級本部准尉:Młodszy chorąży sztabowy
    • 上級准尉:Starszy chorąży
    • 准尉:Chorąży
    • 下級准尉:Młodszy chorąży
  • 下士官:podoficer
    • 上級本部曹長:starszy bosman sztabowy
    • 本部曹長:bosman sztabowy
    • 上級曹長:starszy bosman
    • 曹長:bosman
    • 上級兵曹:starszy bosmanmat
    • 一等兵曹:bosmanmat
    • 二等兵曹:starszy mat
    • 三等兵曹:mat
  • 水兵:marynarz
    • 一等水兵:starszy marynarz
    • 二等水兵:marynarz

装備[編集]

艦艇[編集]

2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。

過去に就役した艦艇については「ポーランド海軍艦艇一覧」を参照。

通常動力型潜水艦
(294 Sokol) - 2002年再就役
(295 Sep) - 2002年再就役
(296 Bielik) - 2003年再就役
(297 Kondor) - 2004年再就役
(291 Orzel) - 1986年
フリゲート
(272 General Kazimierz Pulaski) - 2000年再就役
(273 General Tadeusz Koscciuszko) - 2002年再就役
コルベット
オルカン(421 Orkan) - 1992年
(422 Piorun) - 1994年
(423 Grom) - 1995年
(436 Metalowiec) - 1988年
(437 Rolnik) - 1989年
- 2015年就役予定
戦車揚陸艦(LST)
  • 767型×5
(821 Lublin) - 1989年
(822 Gniezmo) - 1990年
(823 Krakow) - 1990年
(824 Poznan) - 1991年
(825 Torun) - 1991年
汎用揚陸艇(LCU)
  • 716型×3
KD11 - 1988年
KD12 - 1991年
KD13 - 1991年
敷設艇
  • 206FM型×3
(621 Flaming) - 1966年
(623 Mewa) - 1967年
(624 Czajka) - 1967年
掃海艇
  • 207P/DM型×13
(630 Goplo) - 1982年
(631 Gardno) - 1984年
(632 Bukowo) - 1985年
(633 Dabie) - 1986年
(634 Jamno) - 1986年
(635 Mielno) - 1987年
(636 Wicko) - 1987年
(637 Resko) - 1988年
(638 Sarbsko) - 1988年
(639 Necko) - 1989年
(640 Naklo) - 1990年
(641 Druzno) - 1990年
(642 Hancza) - 1991年
  • 207M型×4
(643 Mamry) - 1992年
(644 Wigry) - 1993年
(645 Sniardwy) - 1994年
(646 Wdzydze) - 1994年
水路測量艦
  • フィニク2型×2
(265 Heweliusz) - 1982年
(266 Arctowski) - 1982年
  • 4234型×2
K4 - 1989年
K10 - 1989年
  • 3C型×4
M35、38-40
情報収集艦
  • モマ型×2
(262 Nawigator) - 1975年
(263 Hydrograf) - 1976年
練習艦
  • 888型×1
(251 Wodnik) - 1976年
練習帆船
  • (253 Iskra) - 1982年
タンカー
  • (Z1 Baltyk) - 1991年
  • (Z8 Meduza) - 1970年
Mine/Countermeas Ures Command Ship
  • (511 Kontradmiral Xawery Czernicki) - 2001年
魚雷揚収艇
  • Kormoran型×1
K8 - 1971年
消磁艦
  • B208型×2
(SD11 Wrona) - 1971年
SD13 - 1972年
サルベージ船
  • 570M型×2
(281 Piast) - 1974年
(282 Lech) - 1974年
  • B823型×2
(R14 Zbyszko) - 1991年
(R15 Macko) - 1992年
輸送艇
  • MS3600型×1
M1
水中作業母艇
  • 4234型×3
K5、7、9
港内艇
  • 各型×6
B3、7、11-12、21-22
曳船
  • H960型×2
H6、8
港内曳船
  • H900型×3
H4-5、7
  • H820型×2
H9-10

航空機[編集]

2011年6月現在。『Jane's Fighting Ships 2011-2012』より。

固定翼機
  • Mielec M-28 B1R/E/TD Bryza×8/2/2
回転翼機

[編集]

参考文献[編集]

  • 世界の艦船(海人社)各号
  • Jane's Fighting Ships 2011-2012

外部リンク[編集]