ドナルド・トゥスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナルド・トゥスク
Donald Franciszek Tusk
Msc 2009-Saturday, 11.00 - 13.00 Uhr-Zwez 009 Tusk.jpg

ポーランドの旗 ポーランド
第三共和制第14代首相
任期 2007年11月16日
元首 大統領
レフ・カチンスキ
ブロニスワフ・コモロフスキ(代行)
ボグダン・ボルセヴィチ(代行)
グジェゴシュ・スヘティナ(代行)
ブロニスワフ・コモロフスキ

出生 1957年4月22日(57歳)
ポーランドの旗 ポーランドグダニスク
政党 市民プラットフォーム
ミュンヘン安全保障会議の討論会で駐米ドイツ大使ヴォルフガング・イシンガー、フランス大統領ニコラ・サルコジ、ドイツ首相アンゲラ・メルケルに対して発言するドナルド・トゥスク(右端)

ドナルド・フランチシェク・トゥスクポーランド語: Donald Franciszek Tusk, 1957年4月22日 - )は、ポーランドグダニスク出身の政治家。現在、同国首相(第三共和制第14代)。所属する政党は市民プラットフォーム(PO)で、現在PO党首。次期ヨーロッパ連合大統領(欧州理事会議長)。

人物[編集]

ポーランド人に近いスラヴ系少数民族カシューブ人(言語がポーランド語に非常に近いためポーランド人の一部族ともみなされる)の血筋を引く。両親は既に他界しており、息子と同名の父ドナルドは大工、母エヴァは看護士であった。父母はもとポーランド系住民としてダンツィヒ自由市の市民権を持ち、第二次世界大戦中にはナチス・ドイツによりドイツ国籍を与えられていたが、戦後はポーランド国籍を取得した。

祖父は戦中にドイツ国防軍に所属していたためドナルドがポーランド政界で頭角を現すにつれて政敵にそれを問題視される事もあったが、鉄道線路の工事士だった祖父が戦争勃発の1939年に「ポーランド系」だったためナチス・ドイツによって逮捕されナチス強制収容所に入れられ、ドイツの敗色濃厚な1944年8月に補充戦力として収容所内から徴兵されたものの西部戦線に投入されポーランド人とはまったく戦っておらず、同年11月にはドイツ国防軍を脱走して西側連合国軍のポーランド亡命政府軍「自由ポーランド軍」に合流したため、国民の間でこの家族の話は特にスキャンダルとはならず、むしろこういう事実が明るみに出るにつれて祖父の受けた苦難は国民の同情と共感を得るほどであった。

ドナルド本人は出生時よりポーランド国籍であり、母語もポーランド語であるが、カシューブ語も多少は話せるといわれる。また、ドイツ語が堪能であり、英語もかなり話せる。

1980年グダニスク大学卒の文学修士。専攻は歴史学。20世紀初頭におけるポーランド最大の指導者ユゼフ・ピウスツキの研究で修士号を取得。妻マウゴジャタとの間に2人の子供がおり長男ミハウは1982年生、長女カタジナは1987年生。

学生時代からポーランド民主化運動の母体である独立自主管理労働組合「連帯」運動に参加、若手のホープとして頭角をあらわし、1981年にはフリードリッヒ・ハイエクの経済政策を紹介するパンフレットを製作して全国に配布した[1]

1989年の民主化後に本格的に政界入りした。それ以前は民主化運動のみに明け暮れたのではなく、大学を出た後は発電所や造船所などで産業用のペンキ職人として働き[1]、のちにペンキ屋の親方として当時許可されていた程度の小規模の企業を自ら開業している。そこでは親方社長として真夏の炎天が続くなか、納期に間に合わせようと現場で毎日16時間も働くような猛烈な経験を通じてビジネスの極意と自ら汗を流して働くことの大切さを学んだという[2]

政治[編集]

国政における経歴[編集]

1989年に行われた第二次世界大戦後初の普通選挙では独立自主管理労働組合「連帯」による選挙会派「民主行動のための市民運動(ROAD)」から国政に進出。

1990年にROADが自由主義に対する理念の違いから内部分裂すると、経済と個人の自由の追求、一方でこれら自由化における急進主義や熱狂の排除、ヨーロッパ統合への積極参加、という、いわゆる中道右派の理念を志す仲間と共にの「自由民主会議(KLD)」を結成。1991年総選挙ではセイム(下院)に37議席を獲得した。

1994年には、より社会的にリベラル中道政党の「民主連合(UD)」と合併して「穏健な自由主義」を目指す「自由連合(UW)」を結成。1997年にはセナト(上院)議員となった。

2001年になると自由主義をめぐる党内の政策理念の対立から、トゥスクなどの旧自民会議(KLD)系だけでなく旧民主連合(UD)系も含めた同志がUWを離脱し、「連帯」選挙行動(AWS)から離脱した中道右派系の人々と共に新政党「市民プラットフォーム(PO)」を結成。その際にトゥスクは中心的な役割を果たし、同年の下院選挙では同等が与党の「民主左翼連合(SLD)」に対し野党第一党となる。2003年に党首に就任。

2005年総選挙で市民プラットフォーム党は政権獲得を目指したものの、大幅に議席を伸ばして新たに与党第一党となった右派政党「法と正義(PiS)」に及ばず、再び野党第一党にとどまった。トゥスクは同時に行われた大統領選挙に立候補していたが、一次投票では首位となったものの決選投票欧州連合(EU)に対する懐疑派のレフ・カチンスキに敗れ、党首を務める市民プラットフォームも野党の地位に甘んじることになった。

2007年10月に行われた下院の任期前解散総選挙で、市民プラットフォームは上下両院で首相ヤロスワフ・カチンスキ率いる右派の前与党「法と正義」に対して勝利を収めて最大議席を獲得し、中道政党の「農民党(PSL)」と連立を組んで連立与党を構成することになり、トゥスクは同年11月16日首相に就任した。これにより兄ヤロスワフ、弟で大統領レフのカチンスキ兄弟による「双子政権」は幕を閉じた。

2010年10月に予定されていたポーランド大統領選挙における最有力候補の一人と目されていた[3]が、自らが以前から主導している社会・経済・行政・司法・立法等の構造改革を一貫して続行するため首相職に留まる決断をした。彼が率いる市民プラットフォーム党は3月下旬予備選挙を行い、セイム(下院)副議長のブロニスワフ・コモロフスキ外務相ラドスワフ・シコルスキを抑え同党の大統領選立候補者に決定した。7月の決選投票の結果、コモロフスキが同年4月10日にポーランド空軍Tu-154墜落事故で死亡したレフの兄で「法と正義」の大統領候補であるヤロスワフを破って当選を果たした。

議会の任期満了に伴い2011年10月に実施された総選挙の結果、与党プラットフォームは第1党を維持し連立パートナーである農民党と併せてセイムの過半数を制した[2]。勝利の背景には好調な経済と安定した社会状況の下で政権維持を望む国民の支持があり、民主化後のポーランドにおいて初めて、与党が議会選挙で勝利して政権を継続することが確定した。そして11月19日、議会で内閣の信任決議が可決、第2次トゥスク内閣が正式発足した[3]

理念と実績[編集]

このようにトゥスク個人は政治的に一貫して穏健な保守主義かつ穏健な自由主義である中道右派のスタンスを取り、国有大企業従業員や東部地方住民に票田を偏る社会的ないし経済的な国家主義右派法と正義党や左派民主左翼連合党など)、大資本家大企業幹部、都市部ブルジョワに票田を偏るリバタリアニズム中道自由連合や、自らの党である市民プラットフォーム党内の対立派閥)のどちらとも与せずに一定の距離を置き、全国の中小零細企業の開業と成長や、それら小規模企業の労働者の待遇改善に重点を置いた政策を一貫して採っている。

実際の例として、トゥスク政権は多くの国有大企業の民営化計画を推進するという自由主義的な改革を行う一方[4]、スウェーデンの巨大小売コングロマリットの「イケア」は「法と正義(PiS)」党が政権与党時代に行った統制主義的な改革である大規模小売店舗法の改正で巨大店舗が以後ポーランドに進出できなくなった、と不満を述べている[5]ことに対し、全国の若い中小零細企業の成長を後押ししたいトゥスク政権も巨大店舗出店に関わる規制を再度緩和させようなどという動きを見せていない、といったことが挙げられるが、さらに現農民党党首かつ元首相でトゥスク内閣では副首相経済相を務めるヴァルデマル・パヴラクを派遣し全世界のイケア・グループの経理を担当する経理部をポーランド国内に誘致するという日本円にしておよそ1800億円の対内投資案件の交渉していると言われる[6]。このように「中道右派」「穏健な自由主義」に対する理念的確信のもとで個々の政策を実行するトゥスクの政治姿勢が明らかに見て取れる。

ポーランドの週刊誌とのインタビューで自身のマクロ経済の認識について「あなたはケインズ派かそれともフリードマン派か?」と記者から問われたトゥスクは、「ケインズもフリードマンも思考の役にはたつが、実際にはたいして役に立たないよ。」と、ケインズ経済学諸派とフリードマンに代表されるマネタリズムおよび新しい古典派の諸派の双方を纏めて斬って捨て、「もし私が自分の考えを誰かのものに例えるとするならば、いまのところはフリードリッヒ・フォン・ハイエクだと答えておくよ。景気循環についての話のなかでハイエクは、銀行が信用を拡大することによって引き起こされる人工的な景気上昇はいかなるものであろうと銀行自身の損となる結果で終わる、という事実を強調しているんだ。こんにちアメリカの金融機関の経営哲学には、(恣意的に需要を創出する、あるいは恣意的に均衡を達成する)成果を求めて(市場に)介入するような類のケインズ的な調整をやらかす伝統があまりに多く見て取れるけど、そういう成果というのは実際にはただ単に一時的なものに終わってしまうものだよ。」と答えている[7]。すなわちトゥスクはケインズもフリードマンもどちらも結局はハイエクの用語の「設計主義的合理主義(Constructivist Rationalism)」なのだ(上のインタビューのなかの「ケインズ的」とはその意味であり、文脈的にケインズ本人やその考えを指すのではなく、 ジョン・ブライアン・テイラーグレゴリー・マンキューなどに代表される、ジョン・ヒックスポール・サミュエルソンが行ったケインズ解釈にもとづくいわゆる「ケインズ経済学」と呼ばれる計量経済学の諸派による総需要管理政策にもとづく市場介入と、ロバート・ルーカスなどに代表される新しい古典派の計量経済学諸派による一般均衡理論による市場介入の2つの市場アプローチ、およびそれらの理論構成に影響を与えたマネタリズムを指す。トゥスクは、その2つのアプローチを両方とも同時にバッサリと斬って捨てているのであり、彼は、当局による市場介入というのは現実の経済につきものであるバブルとその崩壊という市場の2つの激変に対してそれぞれ一時的に対応するためだけに行うべきものだと考えており、市場介入でもって景気の抑制や回復を達成するのは政策としてまったくの本末転倒だ、景気の動きを主導するのはあくまで民間の自律的な企業家精神だ、と主張している)と認識していること、設計主義的合理主義の経済政策は役に立たないどころか(恣意的な信用拡大によって)政策目標達成は短期的で終わりかつその後にかえって悪い事態をもたらすにすぎない無理政策だと考えていること、これに対してハイエクの提唱していた「進化論的合理主義(Evolutionary Rationalism)」に賛同および立脚していること、が明らかで、彼が弁証法を用いてマクロ経済を高度に理解していることがはっきりとわかる。(また、長期フィリップス曲線の特徴に関しては上に引用したインタビューの最後でフリードマンの主張に明確に同意している)。

このようにトゥスクの明確で確固たる「穏健な自由主義(low-key liberal)」の理念はあらゆる意味で合理的に導かれたものであり、経済においてはハイエクの理論の本質をきちんと理解し実行に移している稀有な政治家だとしてヨーロッパでは各方面で多くの注目と期待を集めている[8][9][10][11][12]

政治思想としては穏健ではあるが、個々の政策の実行段階においては必要に応じて大鉈を振るうことがあり、現在行っている医療制度改革国有大企業の民営化は反対者も多く、その典型例である。また閣内においても必要に応じて断乎たる強力な指導力を見せることがある[13][14]

トゥスクの首相としての評価の一つに人事能力が挙げられている。2008年後半から起こった世界金融危機のなか有能な人物たちを適材適所に配置、ポーランドの経済を巧みな舵取りで制御して景気後退を回避し、同時に財政規律問題、将来のユーロ導入準備、国と地方の役割分担の見直し、国内のビジネス環境と労働環境の整備、全国高速道路網の整備や巨大エネルギー備蓄施設といった大型公共事業の推進、他国へ出稼ぎに出ていた自国民の呼び戻し(大型公共事業推進と国内の新産業創出のため)、第14回気候変動枠組条約締約国会議(COP 14)主宰などといった自然環境保護、医療制度改革教育制度改革年金制度改革ロシアドイツウクライナベラルーシなどといった近隣諸国との関係改善、旧ソ連諸国に対する外交政策でのスウェーデンとの協同、エネルギー政策におけるチェコスロバキアハンガリーとの協同、外国人移民出稼ぎといった社会問題、アメリカとの安全保障交渉、経済危機にあるアイスランドへの支援などといった重要課題に積極的に取り組むことでその政権運営の手腕は高く評価されている。またこの期間に欧州連合(EU)議会である欧州議会(EP)の議長として元首相で化学工学者イェジ・ブゼクを、EUの内閣に相当する欧州委員会(EC)の予算担当委員(大蔵大臣に相当)にグダンスク大学経済研究所所長で元ハーバード大学講師のヤヌシュ・レヴァンドフスキを、国際通貨基金(IMF)の欧州局長として元財務相および元首相で経済学者マレク・ベルカを送り出している。また、1991年に首相を務め短期間の任期だったにもかかわらず名宰相として名高く、近年は民間銀行の頭取や国際問題シンクタンクの所長を務めていたヤン・クシシュトフ・ビェレツキを、内閣直轄の総合諮問機関である国家経済委員会の所長として迎えている。

ただし国内の右派や左派、そしてその票田となっている東部農村の住民や都市の低所得層の間では、トゥスクは自由主義に偏りすぎるあまりビジネスの社会を優先してわれわれ低所得者の生活を脅かすという事態にするのではないか、との懸念も根強くあり、彼らは市民プラットフォームと対立している最大野党の保守政党「法と正義(PiS)」や、第2野党の左派政党「民主左翼連合(SLD)」や「労働連合(UP)」を支持している。

トゥスクは筋金入りの賭博反対論者で、国内の賭博産業を一部非合法としようとしている。特にインターネットカジノによるギャンブルは個人情報の悪用や国内外の個人や組織による資金洗浄などといった様々な不法行為に利用されるとして完全禁止の法制化を実現したいと表明している。そのためカジノ産業関係などの賭博推進論者から「これはネット検閲だ」との強い批判を受けている[15]

2010年2月5日、会場参加者、そしてテレビ中継の視聴者ならば誰でも(ポーランド人でなくても)フェースブックブリップツイッターという3つのソーシャル・ネットワーキング・サービスを用いて意見を述べられるという条件で討論会を開催、オンライン賭博禁止法案の趣旨について不特定多数の国民と約2時間にわたって質疑応答をし、この法案が通信の自由や信教の自由や財産権を侵すものではないことを根気強く説明した。これは世界の政治史においてもまさに画期的な企画であった[16]

トゥスクは非常に機動的な政治家である。2010年12月5日はワルシャワでバルト三国リトアニアラトビアエストニア)の首脳とサミットを行い、ポーランドを含めた4国の民間経済、エネルギー政策、安全保障などについてかなり具体的な意見交換を行った後すぐにベルリンに赴き、翌6日にはドイツアンゲラ・メルケル首相と会談し、ポーランド政府とドイツ政府によるヨーロッパの現状認識や両国の財政改革についての再確認と公的財政の会計についてなどの具体的な意見交換を行ったが、同日の現地での共同記者会見のあとすぐにワルシャワへ戻り、ポーランドを公式訪問しているロシアドミトリー・メドベージェフ大統領と同日のうちに会談してポーランドとロシアとの歴史的和解と今後の両国関係の展望について話し合った。その前の週の12月1日にはワルシャワでハンガリーのヴィクトル・オルバーン首相と会談している。その後トルコの首都アンカラへ飛び、8日にトルコ首相レジェップ・タイイップ・エルドアンと首脳会談を行った。

国際政治における経歴[編集]

次期EU大統領[編集]

2014年8月30日に行われた欧州理事会の非公式会合で、次期欧州連合大統領(欧州理事会議長)に内定。ヨーロッパの代表として国際政治の舞台に登場することとなった[4][5][6]。トゥスクのEU大統領選出には、彼ととりわけ親しいドイツ首相アンゲラ・メルケルが強力に支持している[7]

この会合の直後に行われた記者会見で英語力について問われたトゥスクは、英語で「みなさん心配しないで。僕は12月1日(の正式就任)に間に合うよう自分の英語力に磨きをかけるよ!」(Don't worry, I will POLISH my English and be 100 percent ready on December 1!)という洒落で答えた。[8](Polish「ポーランドの~/ポーランド語」とpolish「磨きをかける」を掛けたもの)

高い支持率[編集]

トゥスクはポーランドの現職国会議員のうち国民から最も信頼されている政治家の一人である。2010年2月世論調査では54%の国民からの支持を得ており、これは第2位タイである(同率でセイム副議長のブロニスワフ・コモロフスキ)。第1位は外務相のラドスワフ・シコルスキで獲得支持率は59%。[17]

受賞歴[編集]

2010年にはドイツアーヘン市が選定するカール大帝賞を授与された。この賞は欧州統合を前進させた人物に与えられる賞であり、ポーランド人の受賞者としては1998年にイェジ・ブゼク政権で外相を務めたブロニスワフ・ゲレメクに授与されて以来12年ぶり二人目(前教皇ヨハネ・パウロ2世を含めればポーランド人としては三人目)の受賞となる。[18]

トリビア[編集]

英語は近年になって勉強して身に付けたものであり、コンドリーザ・ライスアメリカ合衆国国務長官としてポーランドを訪問したとき、ワルシャワでの共同声明の最初の挨拶では訥々とした英語ながら一生懸命真摯に話そうとするトゥスクの姿は、国民の目にはたどたどしくも懸命に西欧社会への回帰の努力を続けるポーランドの姿そのものと重なって映った。

アメリカの元大統領ビル・クリントンが大麻遊びをしたが吸ってはないという話をしたことに対して、2008年5月ニューズウィーク誌とのインタビューでこれについてどう思うかと聞かれ、自らも若い頃に発電所で肉体労働をしていたとき興味半分からマリファナに手を出したことがあるという事実を自ら暴露した。麻薬は犯罪でありポーランド社会では大きく問題視されるが、時効がとうに過ぎていたとはいえドナルドは自身の若いときのこの過ちを素直に告白し、「麻薬の類はその青二才の冒険心でやらかした1回きりだ。クリントン氏のような偽善的な言い方はしたくないけれど、こんなことは話しても仕方ないことだし、何の自慢にもならないことだよ」と述べた[9]

サッカーの熱狂的な大ファンで観戦もするが自らプレーもし、この事でニュースの種になる話題を提供することもしばしばある。2008年6月にはサッカーポーランド代表の試合のテレビ観戦で熱くなり、直後の首相官邸でのぶらさがり記者会見ではその試合で疑問の残るジャッジをしたイギリス人の審判ハワード・ウェブについて「一国の首相としてはバランスの取れた発言をしないといけないのはわかってるけど、試合を見てるときは違うことを考えてたよ-『あの審判の野郎ぶっ殺してやる!』ってね」と過激なコメントをしたこともある[10]。このことはドキュメンタリー映画レフェリー 知られざるサッカーの舞台裏』でセンセーショナルに伝えられ、ポーランド首相がハワード・ウェブに「死の脅迫」を行ったことになっている[11]2009年3月にはポーランド国会の有志でサッカーの試合に出場し夢中になってプレー、同じ時刻にあったセイムでのとある法案の採決への出席予定をすっぽかすというミスをし、神妙な面持ちで「あってはならないことで、今後はこういうことにならないようにします」とコメントする謝罪会見を開いている[12]。のちに彼のスケジュール管理をする個人秘書が自らのミスだと認めたが、真偽は定かになっていない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
ヤロスワフ・カチンスキ
ポーランドの旗 ポーランド共和国首相
第三共和制第14代:2007 -
次代:
(現職)
議会
先代:
マレク・ボロフスキ(en
ヤン・クルル(en
フランチシェク・ステファニュク(en
スタニスワフ・ザヨンツ(en
ポーランドの旗 ポーランド共和国下院副議長
2001 - 2005
次代:
ヤヌシュ・ドブロシュ(en
ヤロスワフ・カリノフスキ(en
ブロニスワフ・コモロフスキ
ヴォイチェフ・オレイニチャク(en
アンジェイ・レッペル(en
ゲノヴェファ・ヴィシニョフスカ(en
マレク・コトリノフスキ(en