カール大帝賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーヘン市庁舎
カール大帝賞を授与されたビル・クリントン(前列左、2000年)
右はアーヘン市長ユルゲン・リンデン。両者の後に過去の受賞者が並ぶ。

カール大帝賞(カールたいていしょう、: Karlspreis)は、ヨーロッパ統合に貢献した人物に与えられる賞。正式名称はアーヘン国際カール大帝賞: Internationaler Karlspreis zu Aachen)。1950年からドイツアーヘン市がヨーロッパ統合の理念に適う功績を挙げた人物に授賞している。賞の名称はフランク王国の国王であるカール大帝が、アーヘンの地に住み、また埋葬されていることにちなんでいる。カール大帝賞の授賞式はアーヘン市庁舎において、昇天祭の祝日に行われている。

1949年12月19日、クルト・プファイファーは自身が設立した読書会 Corona Legentium Aquensis において次のように述べて、賞の創設を提唱している。

(仮訳)われわれは、西欧の理解と地域の同一性に寄与し、また人類と世界平和において最も価値のある功績に対して国際的な賞を贈ることにさせていただきます。その功績とは、文学、科学、経済、政治における業績を対象とします。

賞の主催者であるアーヘン市はカール大帝について、「西洋文化の創造者」とし、カール大帝の治世においてアーヘンは現在の西ヨーロッパを形成するにいたるものの、精神的、政治的な中心であったとしている(西ヨーロッパに対する多くの考え方からすると、アーヘン市の考え方は間違ったものではある)。

カール大帝賞の最初の受賞者は、国際汎ヨーロッパ連合の創始者であるリヒャルト・クーデンホーフ=カレルギーであった。

1952年にイタリア首相アルチデ・デ・ガスペリが受賞してからは、カール大帝賞はドイツ国内にとどまらず、欧州統合を促すメッセージを発信するようになった。

アーヘン市では、歴代のカール大帝賞受賞者を並べると、次代ごとのヨーロッパの統合プロセスの歴史を物語っているとしており、またデ・ガスペリ、ジャン・モネコンラート・アデナウアーのようなヨーロッパ統合の父や、エドワード・ヒースコンスタンディノス・カラマンリスフアン・カルロス1世のような統合を体現した人物に贈るとしている。

またアーヘン市は、カール大帝賞はヨーロッパの統合に向けた継続的な行動への敬意を表するだけではなく、将来に向けた希望や期待を奨励するものであるとしている。これについてはプファイファーの次の言葉を引き合いに出している。

(仮訳)カール大帝賞は未来に向けられたものであり、同時に義務を具体化したものでもあります。その義務とは、崇高な倫理観です。カール大帝賞はヨーロッパの諸国民が強制されるのではなく、自らが進んで結びついていくことを期待するものであり、その結びつきの強さでもって諸国民は自由、道徳、平和という至高の善を守り、また自らの子どもやその子どもの将来を守ることになるのです。

受賞者[編集]

年次 受賞者 役職等(当時) 出身国
1950年 リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー 国際汎ヨーロッパ連合創設者 オーストリアの旗 オーストリア
1951年 ヘンドリーク・ブルグマン 欧州連邦主義者連合代表 オランダの旗 オランダ
1952年 アルチデ・デ・ガスペリ イタリア首相 イタリアの旗 イタリア
1953年 ジャン・モネ 欧州石炭鉄鋼共同体最高機関委員長 フランスの旗 フランス
1954年 コンラート・アデナウアー 西ドイツ連邦首相 西ドイツの旗 西ドイツ
1955年 ウィンストン・チャーチル イギリス前首相 イギリスの旗 イギリス
1957年 ポール=アンリ・スパーク 北大西洋条約機構事務総長 ベルギーの旗 ベルギー
1958年 ロベール・シューマン 欧州議員会議議長 フランスの旗 フランス
1959年 ジョージ・C・マーシャル アメリカ元国務長官 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1960年 ジョセフ・ベック ルクセンブルク首相 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
1961年 ヴァルター・ハルシュタイン 欧州経済共同体委員会委員長 西ドイツの旗 西ドイツ
1963年 エドワード・ヒース 王璽尚書 イギリスの旗 イギリス
1964年 アントニオ・セーニ イタリア大統領 イタリアの旗 イタリア
1966年 イェンス・オットー・クラーウ デンマーク首相 デンマークの旗 デンマーク
1967年 ヨゼフ・ルンス オランダ外相 オランダの旗 オランダ
1969年 欧州委員会 欧州諸共同体執行機関 欧州連合の旗 欧州諸共同体
1970年 フランソワ・セイドゥー・ドゥ・クローズン フランス駐西ドイツ大使 フランスの旗 フランス
1972年 ロイ・ジェンキンス イギリス元財務大臣 イギリスの旗 イギリス
1973年 サルバドール・デ・マダリアーガ 欧州大学院大学共同設立者 スペインの旗 スペイン
1976年 レオ・ティンデマンス ベルギー首相 ベルギーの旗 ベルギー
1977年 ヴァルター・シェール 西ドイツ連邦大統領 西ドイツの旗 西ドイツ
1978年 コンスタンディノス・カラマンリス ギリシャ首相 ギリシャの旗 ギリシャ
1979年 エミリオ・コロンボ 欧州議会議長 イタリアの旗 イタリア
1981年 シモーヌ・ヴェイユ 欧州議会議長 フランスの旗 フランス
1982年 フアン・カルロス1世 スペイン国王 スペインの旗 スペイン
1984年 カール・カルステンス 西ドイツ連邦大統領 西ドイツの旗 西ドイツ
1986年 ルクセンブルク国民 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
1987年 ヘンリー・キッシンジャー アメリカ元国務長官 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1988年 フランソワ・ミッテラン
ヘルムート・コール
フランス大統領
西ドイツ連邦首相
フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
1989年 フレール・ロジェ テゼ共同体創始者 フランスの旗 フランス
1990年 ホルン・ジュラ ハンガリー外相 ハンガリーの旗 ハンガリー
1991年 ヴァーツラフ・ハヴェル チェコスロバキア大統領 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
1992年 ジャック・ドロール 欧州委員会委員長 フランスの旗 フランス
1993年 フェリペ・ゴンサレス スペイン首相 スペインの旗 スペイン
1994年 グロ・ハーレム・ブルントラント ノルウェーの首相 ノルウェーの旗 ノルウェー
1995年 フランツ・ヴラニツキー オーストリア連邦首相 オーストリアの旗 オーストリア
1996年 ベアトリクス オランダ女王 オランダの旗 オランダ
1997年 ローマン・ヘルツォーク ドイツ連邦大統領 ドイツの旗 ドイツ
1998年 ブロニスワフ・ゲレメク ポーランド外相 ポーランドの旗 ポーランド
1999年 トニー・ブレア イギリス首相 イギリスの旗 イギリス
2000年 ビル・クリントン アメリカ前大統領 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
2001年 コンラード・ジェルジ 作家 ハンガリーの旗 ハンガリー
2002年 ユーロ ヨーロッパ単一通貨 欧州連合の旗 欧州連合
2003年 ヴァレリー・ジスカール・デスタン フランス元大統領 フランスの旗 フランス
2004年 パット・コックス 欧州議会議長 アイルランドの旗 アイルランド
2004年特別賞 ヨハネ・パウロ2世 ローマ教皇 バチカンの旗 バチカン
2005年 カルロ・アツェリオ・チャンピ イタリア大統領 イタリアの旗 イタリア
2006年 ジャン=クロード・ユンケル ルクセンブルク首相 ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
2007年 ハビエル・ソラナ 共通外交・安全保障政策上級代表 スペインの旗 スペイン
2008年 アンゲラ・メルケル ドイツ連邦首相 ドイツの旗 ドイツ
2009年 アンドレア・リッカルディ 聖エジディオ共同体創設者 イタリアの旗 イタリア
2010年 ドナルド・トゥスク ポーランド共和国首相 ポーランドの旗 ポーランド
2011年 ジャン=クロード・トリシェ 欧州中央銀行 フランスの旗 フランス
2012年 ヴォルフガング・ショイブレ ドイツ連邦財務大臣 ドイツの旗 ドイツ
2013年 ダリア・グリーバウスカイテ リトアニア共和国大統領 リトアニアの旗 リトアニア
2014年 ヘルマン・ファン・ロンパウ 欧州理事会議長 ベルギーの旗 ベルギー

関連項目[編集]

外部リンク[編集]