財務大臣 (イギリス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

財務大臣Chancellor of the Exchequer)は、イギリスの国政財務に対して責任を負う閣僚であり、大蔵省の長である。イギリスの四大大臣座の一つ。

財務大臣の座はイングランド史イギリス史の中でも三番目に古い大臣職であり、元々は中世イギリス王室財務において歳入を確保する役割を担っていた。つい最近まで、財務大臣は、国庫財政と金融政策両方を担当していたが、1997年イングランド銀行が独自に金利を制定することを許され、この慣習は終わりを告げた。財務大臣は、他の政府機関の財務監督も担っており、内閣において首相に次ぐ政治権力を持っていると考えられている。

イギリスにおいて、財務大臣はしばしばthe Chancellorと呼ばれるが、同じChancellorの付く役職として、大法官ランカスター公領大臣などがある(他にドイツの首相にも、ドイツ語の"Kanzler"にあたる語として使用されている)が、それらは全く別の役職である。

外部リンク[編集]