トマス・ペラム=ホールズ (初代ニューカッスル公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初代ニューカッスル公トマス・ペラム・ホールズ

初代ニューカッスル=アポン=タイン公トマス・ペラム=ホールズThomas Pelham-Holles, 1st Duke of Newcastle-upon-Tyne, 1693年7月21日 - 1768年11月17日)は、イギリスホイッグ党の政治家、首相(在職:1754年3月16日 - 1756年11月16日1757年7月2日 - 1762年5月26日)。弟のヘンリー・ペラムの死後に政権を引き継いだ。優秀な政治家ではなかったが、勤勉で努力家だったといわれる。

1693年、ペラム・オブ・ロートン男爵トマス・ペラムとクレア伯爵ギルバート・ホールズの娘グレース・ホールズ夫妻の第1子として生まれ、ウェストミンスター・スクールケンブリッジ大学クレア・カレッジで学んだ。1712年に父の死により莫大な財産を相続、1715年に新設のニューカッスル=アポン=タイン公に叙爵(母方の伯父に当たるジョン・ホールズの死後消滅していた)、1717年に宮内長官、1724年から1748年まで南部担当国務大臣、1748年から1754年まで北部担当国務大臣を歴任していった。この間、ロバート・ウォルポールと弟ヘンリーの政権で閣僚として2人を支えた。

1754年に現職のまま死んだ弟の後を継いで首相となったが、2年あまりでデヴォンシャー公ウィリアム・キャヴェンディッシュに職を譲った。これは、フレンチ・インディアン戦争遂行に必要な強い指導力に恵まれなかったこと、当時下院で指導力を握っていたフォックスやウィリアム・ピット(大ピット)らの協力を仰げず、下院の支持を失ったためである。

2度目の政権は、強力な指導力を持つ大ピットと手を組むかたちで実現した。2人は協力して七年戦争の遂行に全力を注ぎ、議会承認のもとで戦争遂行のための予算確保に尽力し、フランスの植民地の制圧に大きく貢献した。しかしヨーロッパ大陸での戦況が思わしくなく、彼らの人気はフランスのカナダの根拠地であるケベックを占領した1759年をピークに下降に転じた。さらに、ジョージ2世1760年に死亡して孫のジョージ3世が即位すると、家庭教師役を務めていたビュート伯ジョン・ステュアートの発言力が増大し、大ピットに続いてニューカッスル公も1762年に政権から逐われた。

1765年から1766年まで王璽尚書を務めた後、1768年に75歳で死亡。第2代ゴドルフィン伯フランシス・ゴドルフィンヘンリエッタ・チャーチルの娘ヘンリエッタと1717年に結婚したが子供は無く、ニューカッスル公位は甥(妹ルーシーとリンカーン伯ヘンリー・クリントンの息子)のヘンリー・ペラム=クリントンが継承した。

出典[編集]