チャールズ・ワトソン=ウェントワース (第2代ロッキンガム侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2代ロッキンガム侯爵
チャールズ・ワトソン=ウェントワース
Charles Watson-Wentworth
2nd Marquess of Rockingham
2nd Marquess of Rockingham.jpg
生年月日 1730年5月13日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国イングランドサウスヨークシャー
没年月日 1782年7月1日(満52歳没)
死没地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国、イングランド・ロンドン
出身校 ケンブリッジ大学
所属政党 ホイッグ党
称号 第2代ロッキンガム侯爵英語版ガーター勲章勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 メアリー

任期 1765年7月13日 - 1766年7月30日
1782年3月27日 - 1782年7月1日
国王 ジョージ3世

グレートブリテン王国の旗 貴族院議員
任期 1751年 - 1782年
テンプレートを表示

第2代ロッキンガム侯爵、チャールズ・ワトソン=ウェントワース: Charles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham, KG, PC1730年5月13日 - 1782年7月1日)は、イギリス政治家貴族

ホイッグ党ニューカッスル公爵派として頭角を表し、1765年首相となり、自由主義改革やアメリカ植民地人のための改革を行ったが、1766年には国王ジョージ3世との不仲や大ピット派の取り込み失敗など政権の不安定化により国王に更迭された。下野後には「ロッキンガム派」と呼ばれる明確な野党派閥を形成して国王や親国王内閣の批判を行うようになり、これによって政治思想で与野党に分かれて論争を行うという現代的な意味での政党政治がイギリスに根付くようになった。アメリカ独立戦争をめぐってもアメリカ独立を擁護し、アメリカ独立を認めようとしない国王やノース卿内閣を批判した。アメリカ独立戦争の敗戦が決定的となった1782年3月にノース卿内閣倒閣に成功して代わって第二次ロッキンガム侯爵内閣を組閣した。行政改革やアメリカとの交渉を行ったが、同年7月に死去した。

生涯[編集]

首相就任まで[編集]

若い頃のロッキンガム侯爵を描いたリチャード・ハウストン英語版の絵画。

1730年5月13日、初代ロッキンガム侯爵トマス・ワトソン=ウェントワース英語版とその後妻メアリー(ノッティンガム伯爵ダニエル・フィンチの娘)の長男として生まれた[1]

ウェストミンスター校からケンブリッジ大学へ進学した[2]。15歳の頃の1745年には父に無断でカンバーランド公の軍に従軍している[2]1748年から1750年にかけてはヨーロッパ旅行をした[2]

1750年の父の死によりロッキンガム侯爵位とヨークシャーノーサンプトンシャーアイルランドにあるロッキンガム侯爵家の所領を相続した。1751年から貴族院議員となる[2]。しだいに貴族院のホイッグ党の中で頭角をあらわしてきた。

1760年に即位したばかりのジョージ3世寝室侍従長英語版となったが、7年戦争の早期講和を目指すジョージ3世は、1762年に首相ニューカッスル公爵を辞任に追いやり、ビュート伯爵を首相にしてパリ条約締結へ向けて動いた[3]。これに反発したロッキンガム侯爵は1762年に職を辞した[2]

以降ホイッグ党ニューカッスル公爵派の派閥に属した[4]。ビュート伯爵は権謀術数でニューカッスル公爵派が野党として団結することを阻止しようと図ったが、それに反発するニューカッスル公爵派の議員たちは、1762年12月23日にニューカッスル公爵の甥のオンスローの家で定期的な会合を行うことを決めた。しかしニューカッスル公爵自身は反対したため、議長にはロッキンガム侯爵が据えられた。歴史家の多くはこの時がロッキンガム侯爵派ホイッグ党の誕生と評価している[5]

第一次ロッキンガム侯爵内閣[編集]

1765年に摂政法制定をめぐって首相ジョージ・グレンヴィルと国王ジョージ3世が対立し、グレンヴィル更迭を決意したジョージ3世は叔父カンバーランド公にグレンヴィルを排除した内閣を組閣できるよう与野党に手回ししてほしいと頼み、その意を受けたカンバーランド公はロッキンガム侯爵と大ピットに協力を要請したが、大ピットは協力を拒否したので、結局1765年7月にロッキンガム侯爵が組閣の大命を受けることになった(第一次ロッキンガム侯爵内閣英語版[2][4]

内閣発足当初は組閣の第一の功労者であるカンバーランド公の影響力が強かったが、1765年10月にカンバーランド公が薨去したため、以降はロッキンガム侯爵の主導権が確立された[4][6]。またロッキンガム侯爵の派閥の長であるニューカッスル公爵はすでに70過ぎだったため、政府要職への就任を避け、王璽尚書として入閣していた。そのためこの頃から派閥の実権もニューカッスル公爵からロッキンガム侯爵へと移っていった[7]

彼の内閣は1年しか持たなかったが、その短い間にも自由主義的内閣改革や植民地人の主張に一定の理解を示した政策・改革を行った。

グレンヴィル前政権期に国王ジョージ3世とグレンヴィル首相がジョージ3世の勅語を批判したウィルクスを「一般逮捕状(人物を特定しない逮捕令状)」で逮捕して言論弾圧を行った問題では、「一般逮捕状」の違法性を議会で決議させることで国王やグレンヴィル前政権の強権政治を否定するという自由主義的立場を示した[7]

この頃、植民地アメリカでは印紙法反対運動とイギリス製品ボイコット運動が盛り上がっており、7年戦争後の不況に苦しんでいたイギリス商人たちの間でも、ボイコットを恐れて印紙法に反対する者が増えていた。1766年1月にはロンドンブリストルなどアメリカとの貿易を重視する都市20以上から印紙法廃止を要求する請願書が庶民院に提出され、政府も立場をはっきりする必要に迫られた。ロッキンガム派は商人との繋がりが強い派閥だったのでロッキンガム侯爵も印紙法廃止に前向きだったものの、議会や宮廷には対植民地強硬派も多かったため、両方の意見を折衷する形で1766年3月に印紙法廃止法案と宣言法(議会の植民地に対する統治権を宣言した法案)をセットで議会に提出して可決させた[8]

しかしこの措置は国王ジョージ3世からも植民地人からも支持されず、また議会内でもグレンヴィル前政権の政策に反対することでは一致していたはずの大ピット派からも支持を得られなかったため、より安定した内閣を求めるジョージ3世の意向で1766年7月末に更迭され、代わって大ピットが組閣の大命を受けた[9]

政党政治と民主主義の発展[編集]

これ以降ロッキンガム派はこれまでの半与党的野党の立場ではなく、明確に野党の立場に立つようになった。また野党系「独立派」議員も多数ロッキンガム派に合流し始めた。これによってホイッグ党ロッキンガム派は強力な団結力を持つ巨大野党と化していった。ウォルポール以来の「ホイッグの優越」時代は新しい局面に入り、優越的地位にあるホイッグ党内で与野党に分かれて対立・論争が行われるようになった。これが与野党対立の現代的な政党政治の幕開けであった[10]

ロッキンガム侯爵の側近である理論家エドマンド・バークの主導のもとロッキンガム派は「国王が『国王の友』と呼ばれる議員を用いて議会に不当な影響力を及ぼそうとしている。これを防ぐためには我々は政党として団結するしかない」という独自の政治理論を立てて政党としての団結力を高めていった[11]

一方、議会外のウィルクス支援運動は金権政治の温床となっていた腐敗選挙区(中世以来の都市選挙区で人口減少により選挙区の体をなさなくなった選挙区。選挙区民の人数が少ないので買収しやすい)の削減など議会改革運動に発展していた。ロッキンガム侯爵自身は大貴族なので議会改革には慎重だったものの、反政府という共通の立場からロッキンガム派はウィルクス運動とも連携をとるようになった[12]

野党活動[編集]

ロッキンガム派の野党活動とウィルクス運動の盛り上がりで1770年1月にはグラフトン公爵内閣の中からも野党に同調する造反閣僚が出て内閣は分裂して総辞職を余儀なくされ、代わってノース卿が新たな首相となった[13]

ロッキンガム派はノース卿内閣に対しても徹底抗戦の立場を取ったが、1770年から1771年にかけて野党は弱体化した。同じく野党になっていた大ピット派と意見がかみ合わず連携が取れなかったためであった(大ピット派は国王を批判せず、州選出議員の増加を目指したのに対し、ロッキンガム派は国王の影響力に政治腐敗の原因を求めた)。議会外のウィルクス運動も同時期に内部分裂を起こして下火になりはじめた。1771年春には庶民院議場で大ピット派の議員とロッキンガム派の議員の乱闘事件が起こり、両派の確執は決定的となり、野党大団結の目は無くなった。これが結果的にノース卿内閣の長期安定政権樹立につながった[14]

しかしロッキンガム侯爵派が野党活動を緩めることはなく、ノース卿内閣を王党派という意味で「トーリー党」と呼んで批判し、同政権への協力を一切拒否した[15]。特に1773年にノース卿内閣がアイルランド不在地主に課税しようとした際にはアイルランド大地主ロッキンガム侯爵は激怒し、強力に反対してその計画を阻止した[16]

1774年解散総選挙英語版においてバークは彼の選挙区での演説で庶民院議員と地元選挙区の密接さを強調する一方、「庶民院は様々な敵対的利害から派遣されてきた大使の会議ではない」と述べることで、庶民院議員は自分の選挙区だけにとらわれず全国民のために行動すべきと訴えた。以降これはロッキンガム派が政党として固まるうえで重要な行動原理となる[17]

アメリカ独立戦争をめぐって[編集]

1775年にアメリカ独立戦争が始まった。ロッキンガム派はアメリカ植民地人のジョージ3世への抵抗運動を自分たちのジョージ3世への抵抗運動と重ね合わせたため、アメリカ植民地人の抵抗運動に共感を寄せていた。しかし1776年に独立宣言が発せられ、アメリカの勝利が大英帝国の崩壊を意味することが明確となったため、不安になったロッキンガム派は立場を曖昧にし、1777年初めの頃には議会を欠席する戦術をとるようになった[18]

しかし戦況がアメリカ優位に進む中、1778年2月2日にロッキンガム派の議員チャールズ・ジェームズ・フォックスがこれ以上アメリカに増援部隊を送らないことを求める動議を庶民院に提出した。この動議は否決されながらも165票もの賛成票が入り、これをきっかけにロッキンガム派は明確にアメリカ独立を承認する方針に舵を切った。一方大ピット派の派閥を継承していたシェルバーン伯爵はアメリカ独立に反対であり、野党は分裂した[19]

また政府が戦費に苦しむ中、ロッキンガム派は行政の無駄の削減と国王の経済的影響力を低下させる「行政のスリム化」を訴えるようになった。1778年4月には「戦時財政に寄生している」とされた政府契約業者の排除法案を提出して政府に揺さぶりをかけた[20]

第二次ロッキンガム侯爵内閣[編集]

1781年にはアメリカ独立戦争におけるイギリスの敗戦が決定的となり、1782年2月22日に戦争終結を求める動議が庶民院で可決された。続いて3月8日15日にノース卿内閣不信任案が提出された。不信任案は否決されたもののわずか10票差であったため、ノース卿は議会における自らの求心力低下を悟り、総辞職した[21]

アメリカ独立承認を頑なに拒んできた国王ジョージ3世も、いよいよロッキンガム侯爵に組閣交渉を行わねばならなくなった。ロッキンガム侯爵はアメリカ独立や経済改革を国王が支持することを条件として提示し、対して国王はシェルバーン伯爵を閣僚として入閣させる事を条件として提示した。両者が妥協に達した結果、ロッキンガム侯爵を首相、シェルバーン伯爵を内務大臣、フォックスを外務大臣とする第二次ロッキンガム侯爵内閣英語版が成立した。ロッキンガム派の政党重視がある程度実現されたものの、いまだ国王の一定の影響力を受ける顔ぶれの内閣であった[22]

陸軍支払長官として入閣したバークの主導で「行政機構改革法」が成立し、アメリカ植民地関連の100以上の官職がもはや無用の物として廃止された。一方議会外のヨークシャー運動で盛り上がっていた議会改革案に対してはロッキンガム派の中でも意見が別れた。フォックスが議会改革に前向きだったのに対して、ロッキンガム侯爵やバークは慎重だった[23]。またアメリカとの交渉をめぐってはアメリカの完全独立に反対するシェルバーン伯爵とアメリカ完全独立を求めるフォックスの閣内対立が深まった。国王も内閣への影響力を失うまいと意図的にシェルバーン伯爵を支援して閣内対立を煽っていた[24]

そんな中の1782年6月末にロッキンガム侯爵は病気で重体となり、7月1日には死去した。彼の死後、シェルバーン伯爵に組閣の大命があり、それに反発したフォックスらロッキンガム派は下野し、以降ロッキンガム派はフォックスが指導するようになり「フォックス派」と呼ばれるようになった。これはロッキンガム派がもはや指導者個人の人脈の集まりではなく、政治思想に基づいた集団、つまり政党になっていたことを意味している[25]

ロッキンガム侯爵はヨーク大聖堂に埋葬された[26]。子供は無く、彼の死とともにロッキンガム侯爵位は廃絶した。

人物[編集]

大地主であり、都会より田園を愛した。そのためロンドンでの政治活動にも没頭しきれず、そこから鈍重・怠惰といった印象を持たれがちだったという[27]

そんな彼が革新派の首相になった理由について、ホーラス・ウォルポールは、次の点を指摘する。まずロッキンガム侯は大地主として極めて裕福であり、資金援助してもらうために多くの議員が彼に追従していたこと、社会的地位と威厳があったのでオールドホイッグからも評判が良かったこと、地元のヨークシャーに独自の王国を造り、そこの選挙区ではホイッグ、トーリー、独立党派など幅広い層が彼の影響下に置かれていたことなどである[28]

競馬を愛し、特に若い頃には熱中していたという[2]1776年には後にセントレジャーステークスの名を冠されるスイープステークスが開催され、ロッキンガム侯爵の持ち馬であるアラバキュリアが優勝している[29]。三度目の同ステークスの際に本レース出馬登録者の晩餐会の席上でステークスの名前を付けることになり、ロッキンガム侯爵の名前を冠する事が提案されたが、ロッキンガム侯爵自身が辞退し、アンソニー・セントレジャー英語版中将の名前を取ることを推薦した結果、「セントレジャー・ステークス」の名が付けられることになった[29]

家族[編集]

1752年にトマス・リデルの娘であるメアリーと結婚したが、子供は無かった[1]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Lundy, Darryl. “Charles Watson-Wentworth, 2nd Marquess of Rockingham” (英語). thepeerage.com. 2014年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 世界伝記大事典(1981)世界編12巻 p.397
  3. ^ 今井(1990) p.321-328
  4. ^ a b c 今井(1990) p.331
  5. ^ 小松(1983) p.164-165
  6. ^ 小松(1983) p.167
  7. ^ a b 今井(1990) p.360
  8. ^ 今井(1990) p.331-332
  9. ^ 今井(1990) p.332
  10. ^ 今井(1990) p.332-333
  11. ^ 今井(1990) p.333-334
  12. ^ 今井(1990) p.336-338
  13. ^ 今井(1990) p.338
  14. ^ 今井(1990) p.338-339
  15. ^ 今井(1990) p.339
  16. ^ 今井(1990) p.340
  17. ^ 今井(1990) p.342
  18. ^ 今井(1990) p.346
  19. ^ 今井(1990) p.347-348
  20. ^ 今井(1990) p.348
  21. ^ 今井(1990) p.354
  22. ^ 今井(1990) p.354-355
  23. ^ 今井(1990) p.355
  24. ^ 今井(1990) p.355-356
  25. ^ 今井(1990) p.356
  26. ^ 世界伝記大事典(1981)世界編12巻 p.398
  27. ^ 小松(1983) p.165
  28. ^ 小松(1983) p.166
  29. ^ a b ロングリグ(1976) p.86

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

宮廷職
先代:
新設
寝室侍従長英語版
1760年1762年
次代:
第4代マンチェスター公爵英語版
公職
先代:
ジョージ・グレンヴィル
グレートブリテン王国の旗 首相
1765年7月13日1766年7月30日
次代:
初代チャタム伯爵
先代:
不明
グレートブリテン王国の旗 貴族院院内総務英語版
1765年1766年
次代:
第3代グラフトン公爵
先代:
ノース卿
グレートブリテン王国の旗 首相
1782年3月27日1782年7月1日
次代:
第2代シェルバーン伯爵
先代:
不明
グレートブリテン王国の旗 貴族院院内総務英語版
1782年
グレートブリテンの爵位
先代:
トマス・ワトソン=ウェントワース英語版
第2代ロッキンガム侯爵英語版
1750年1782年
廃絶
アイルランドの爵位
先代:
新設
初代モルトン伯爵
1750年1782年
廃絶