ネヴィル・チェンバレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネヴィル・チェンバレン
Arthur Neville Chamberlain
Arthur-Neville-Chamberlain.jpg
生年月日 1869年3月18日
出生地 イングランドの旗 イングランドバーミンガム
エッジバストン
没年月日 1940年11月9日(満71歳没)
死没地 イングランドの旗 イングランドハンプシャー
ヘックフィールド
出身校 メイソン科学大学バーミンガム大学
現職 実業家
所属政党 保守党
配偶者 アンネ・チェンバレン
サイン Neville Chamberlain Signature 2.svg

任期 1937年5月28日 - 1940年5月10日
元首 ジョージ6世
任期 1923年8月17日 - 1924年1月22日
任期 1931年11月5日 - 1937年5月28日

イギリスの旗 イギリス保健大臣
任期 1923年3月7日 - 1923年8月27日
任期 1924年11月6日 - 1929年6月4日
テンプレートを表示
ミュンヘン会談からの帰国後に会見するチェンバレン

アーサー・ネヴィル・チェンバレンArthur Neville Chamberlain 1869年3月18日 - 1940年11月9日) は、イギリスの政治家。首相(在任 1937年5月28日 - 1940年5月10日)。外相時代にロカルノ条約を締結し、ノーベル平和賞を受賞したオースティン・チェンバレンは異母兄。

プロフィール[編集]

バーミンガム市長や植民地大臣などを歴任したジョゼフ・チェンバレンを父としてバーミンガムのサウスボーンで生まれる。6歳の時に母親が死去した。

ラグビー校で教育を受け、さらにメイソン・サイエンス・スクール(バーミンガム大学の前身)でも学び、科学と冶金学金属工学)の学位を得て、卒業後は監査法人に就職した。 一方で父ジョセフが経営していたバハマの農園へ派遣され、そこで長く農園経営も行った。

政治経歴[編集]

その後実業界で成功を収め、この時に得た名声を後ろ盾に1911年にバーミンガム市議に立候補し当選し、1915年には父同様バーミンガム市長となる。1918年に下院議員となり、1923年から1937年にかけて保健大臣、大蔵大臣などの要職を務めた。

イギリス首相[編集]

内政[編集]

1937年に、スタンリー・ボールドウィンの後を受け、保守党党首、首相の座に就く。就任後すぐに、女性や子供の労働時間に制限を掛ける法律を通過させたほか、そのほかにも有給休暇関連法や家賃統制など、労働者の権利を優先させる法律の制定に尽力した。

外交[編集]

当時イギリスやフランスと軍事増強と領土の拡大を進めるドイツイタリアなどとの間で政治的緊張が増す中、チェンバレンがドイツアドルフ・ヒトラーや、イタリアのベニート・ムッソリーニに対して取った宥和政策は、1938年9月29日ミュンヘン協定で頂点に達した。結果的にはこれによって第二次世界大戦の開始が1年引き延ばされることになる。

これは、ドイツの関心をソ連に向けさせる意味と、イギリスの防備の時間稼ぎをする意味があった。当時の保守勢力の主流にとって、ソ連を頂点とする共産主義陣営や、彼らによる共産主義革命の誘発への警戒心は強かった。そこで、ヒトラー政権を抑えてソ連に付け入る隙を与えるよりは、対ソの抑止力となることを期待したのである。スペイン内戦に不介入で通したのも、介入すればそれが世界大戦の引き金になり、ソ連を喜ばせるだけであるという判断があったからだった。

一連のチェンバレンによる宥和政策は「ドイツに軍事力を増大させる時間的猶予を与え、ヒトラーに対し、イギリスから近隣諸国への侵攻を容認されたと勘違いさせた」として非難されている。特に1938年9月29日付けで署名されたミュンヘン協定は、後年になり「第二次世界大戦勃発前の宥和政策の典型」とされ、一般には強く批判されることが多い。

失意の辞任とその後[編集]

1939年9月1日ドイツ軍ポーランド侵攻と、同日に駐独イギリス特命全権大使を通じてポーランドからの撤退を勧告した最後通告への返答がなかったことを受けて、2日後の9月3日にチェンバレンも対独宣戦布告を決意し、首相官邸からのラジオ演説を通じてイギリス国民にドイツとの交渉決裂と戦争状態への突入を発表し、ここに第二次世界大戦が勃発した。

しかし、開戦からしばらくは西部戦線の動きがほとんど無かったことから(いわゆる「まやかし戦争」)、チェンバレンはなおも秘密裏にドイツと交渉を続け、ホラス・ウィルソンを使者としてドイツの目をソ連に向けさせようとした。

その後、1940年4月にドイツ軍のノルウェー作戦の阻止に失敗、同年5月10日、ドイツ軍がベネルクス3国に侵攻の矛先を転じると、チェンバレンの宥和政策は完全に破綻した。同日、首相辞任となる。後継には主戦派のウィンストン・チャーチルが就任して保守党とともに労働党なども参加する挙国一致内閣が組織されることになった。

この挙国一致内閣の組閣においてチェンバレンはチャーチルから下院院内総務兼枢相への就任を要請されたが、この人事に対して挙国一致内閣に参加した労働党のクレメント・アトリーが難色を示したため、チェンバレンは枢相のみへの就任にとどまった[1]

死去[編集]

その後、体調が悪化したため1940年9月に閣僚から退いている。同年11月9日胃癌により死去した。

脚注[編集]

  1. ^ ウィンストン・チャーチル著、佐藤亮一訳『第二次世界大戦2(新装版)』河出文庫,2001年7月,16頁

関連項目[編集]


公職
先代:
スタンリー・ボールドウィン
イギリスの旗 イギリス首相
第60代:1937 - 1940
次代:
ウィンストン・チャーチル
先代:
スタンリー・ボールドウィン
フィリップ・スノーデン (en
イギリスの旗 イギリス財務大臣
1923 - 1924
1931 - 1937
次代:
フィリップ・スノーデン (en
ジョン・シモン (en
先代:
アーサー・グリフィス・ボスカウェン (en
ジョン・ウィートリー (en
アーサー・グリーンウッド (en
イギリスの旗 イギリス保健大臣
1923
1924 - 1929
1931
次代:
ウィリアム・ジョイソン・ヒックス (en
アーサー・グリーンウッド (en
エドワード・ヒルトン・ヤング (en
議会
先代:
ジェームス・スタンホープ (en
イギリスの旗 枢密院議長
1940
次代:
ジョン・アンダーソン (en
党職
先代:
スタンリー・ボールドウィン
イギリス保守党党首
第3代:1937 - 1940
次代:
ウィンストン・チャーチル