ジョン・スペンサー (第3代スペンサー伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
第3代スペンサー伯爵
ジョン・スペンサー
John Spencer, 3rd Earl Spencer
JC Spencer, Viscount Althorp by HP Bone cropped.jpg
生年月日 1782年5月30日
出生地 グレートブリテン王国の旗 グレートブリテン王国ロンドンスペンサー・ハウス英語版
没年月日 1845年10月1日 (満63歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリスイングランドノッティンガムシャー・ウィセトンホール
出身校 ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジ
所属政党 ホイッグ党
称号 枢密顧問官(PC)、王立協会フェロー(FRS)、スペンサー伯爵
配偶者 エスター(Esther)

内閣 グレイ伯爵内閣
第一次メルバーン子爵内閣
任期 1830年 - 1834年

内閣 グレイ伯爵内閣
第一次メルバーン子爵内閣
任期 1830年 - 1834年

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1834年11月10日 - 1845年10月1日[1]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 オークハンプトン選挙区英語版
ノースハンプトンシャー選挙区英語版
サウス・ノーザンプトンシャー選挙区英語版[1]
任期 1804年4月27日 - 1806年11月1日
1806年11月12日 - 1832年12月10日
1832年12月10日 - 1834年11月10日[1]
テンプレートを表示

第3代スペンサー伯爵ジョン・チャールズ・スペンサー: John Charles Spencer, 3rd Earl Spencer, PC, FRS1782年5月30日 - 1845年10月1日)は、イギリスの政治家、貴族。

1830年から1834年にかけてのホイッグ党政権(グレイ伯爵内閣、第一次メルバーン子爵内閣)で庶民院院内総務大蔵大臣を務めた。

父が爵位を継承した1783年から自身が爵位を継承する1834年までオールトラップ子爵(Viscount Althorp)の儀礼称号を使用した[2]

経歴[編集]

1782年にオールトラップ子爵ジョージ・スペンサー(後の第2代スペンサー伯爵)の長男としてスペンサー伯爵家のロンドンの邸宅スペンサー・ハウス英語版に生まれる。母はレディ・ラヴィニア・ビンガム(初代ルーカン伯爵英語版チャールズ・ビンガム英語版の娘)[2]1783年に父がスペンサー伯爵位を継承したのに伴い、オールトラップ子爵の儀礼称号を使用した。

ハーロー校を経てケンブリッジ大学トリニティ・カレッジへ進学し、1802年に大学を卒業[3]。1804年にオークハンプトン選挙区英語版からホイッグ党候補として出馬して庶民院議員に当選。1806年から1832年にかけてはノースハンプトンシャー選挙区英語版から選出される[2]

ホイッグ党は1780年代から長い野党時代が続いており、1806年チャールズ・ジェイムズ・フォックスが死去した後にはいくつかの党派に分裂していた。オールトラップ卿はホイッグ党の若手議員の集団である青年ホイッグ派(Young Whig)と呼ばれる勢力のリーダー的存在だった。1827年に成立したジョージ・カニング内閣はトーリー党政権ながらトーリー党が分裂状態だったため、トーリー党の一部とホイッグ党の一部が連立する内閣となった。しかしオールトップ卿はカニングが選挙法改正に消極的であるとして協力を拒否した[4]。オールトラップ卿は熱心な選挙法改革論者であるとともにカトリック解放派でもあった[5]

1830年にトーリー党政権のウェリントン公爵内閣が崩壊するとホイッグ党の各党派に選挙法改正を前提とした連携が成立した。オールトラップ卿もこれに協力した[6]。その結果グレイ伯爵内閣が成立した。オールトラップ卿はグレイ伯爵との関係がよく、内閣に庶民院院内総務大蔵大臣という重要ポストで入閣している[2][7][8]。庶民院院内総務として第一次選挙法改正英語版法案を通過させるのに大きな役割を果たした。グレイ伯爵の後任の首相候補とも目されていた[5]

1832年から1834年にかけてはサウス・ノーザンプトンシャー選挙区英語版から庶民院議員に選出される[2]。1834年7月に成立したメルバーン子爵内閣にも留任したが、同年11月10日に父が死去したのに伴い第3代スペンサー伯爵位を継承し、貴族院へ移籍した。庶民院院内総務の地位はジョン・ラッセル卿に譲った。この数日後にメルバーン子爵は国王ウィリアム4世に罷免されたため、トーリー党が政権を奪還している[9]

第二次メルバーン子爵内閣期の1841年頃にはホイッグ党内に自由貿易論争が起こるようになったが、スペンサー卿は自由貿易派として穀物法の廃止を訴えた[10][5]

1845年10月1日ノッティンガムシャーのウィセトン・ホール(Wiseton Hall)で死去した。63歳だった[2]。子はなく、弟のフレデリックが爵位と家督を継承した。

栄典[編集]

爵位[編集]

  • 1834年、第3代スペンサー伯爵1765年創設グレートブリテン貴族爵位)[2]
  • 1834年、第3代スペンサー・オブ・オールトラップ子爵(1761年創設グレートブリテン貴族爵位)[2]
  • 1834年、第3代オールトラップ子爵(1765年創設グレートブリテン貴族爵位)[2]
  • 1834年、第3代スペンサー・オブ・オールトラップ男爵(1761年創設グレートブリテン貴族爵位)[2]

その他[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c HANSARD 1803–2005
  2. ^ a b c d e f g h i j Lundy, Darryl. “John Spencer, 3rd Earl Spencer” (英語). thepeerage.com. 2013年11月24日閲覧。
  3. ^ Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Spencer, John Charles, Viscount Althorp.”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  4. ^ 君塚(1999) p.52
  5. ^ a b c 海保(1999) p.22
  6. ^ 君塚(1999) p.58
  7. ^ 君塚(1999) p.60
  8. ^ London Gazette: no. 18748, p. 2450, 1830年11月23日. 2013年11月25日閲覧。
  9. ^ 君塚(1999) p.62-63
  10. ^ 君塚(1999) p.74
  11. ^ Althorp; John Charles (1782 - 1845); 3rd Earl Spencer” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2013年11月25日閲覧。
  12. ^ London Gazette: no. 18748, p. 2449, 1830年11月23日. 2013年11月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ヘンリー・ゴールバーン英語版
イギリスの旗 大蔵大臣
1830年-1834年
次代:
サー・ロバート・ピール准男爵
先代:
サー・ロバート・ピール准男爵
イギリスの旗 庶民院院内総務
1830年-1834年
次代:
ジョン・ラッセル卿
党職
先代:
創設
ホイッグ党庶民院院内総務英語版
1830年-1834年
次代:
ジョン・ラッセル卿
グレートブリテンの爵位
先代:
ジョージ
Spencer Arms.svg 第3代スペンサー伯爵
1834年-1845年
次代:
フレデリック