ジョージ・ゴッシェン (初代ゴッシェン子爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代ゴッシェン子爵
ジョージ・ゴッシェン
George Goschen
1st Viscount Goschen
George Goschen.jpg
1903年のゴッシェン卿
生年月日 1831年8月10日
出生地 イギリスの旗 イギリスイングランドロンドン
没年月日 1907年2月7日(満75歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス、イングランド・ケント州ホークハースト英語版
出身校 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
所属政党 自由党自由統一党保守党
称号 初代ゴッシェン子爵英語版枢密顧問官(PC)、ケント州副知事英語版(DL)
親族 第2代ゴッシェン子爵英語版(長男)

内閣 第一次グラッドストン内閣(自由)
第三次ソールズベリー侯爵内閣(保守)
任期 1871年3月7日 - 1874年2月16日
1895年6月28日 - 1900年11月1日[1]

内閣 第二次ソールズベリー侯爵内閣(保守)
任期 1887年1月3日 - 1892年8月11日[1]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 シティ・オブ・ロンドン選挙区英語版
リポン選挙区英語版
エディンバラ・イースト選挙区英語版
セントジョージズ・ハノーヴァー・スクウェア選挙区英語版[2]
任期 1863年6月2日 - 1880年3月31日
1880年3月31日 - 1885年11月24日
1885年11月24日 - 1886年7月1日
1887年2月9日 - 1900年10月1日[2]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1900年 - 1907年2月7日[2]
テンプレートを表示

初代ゴッシェン子爵ジョージ・ジョアキム・ゴッシェンゴーシェン英語: George Joachim Goschen, 1st Viscount Goschen, PC, DL1831年8月10日 - 1907年2月7日)は、イギリスの政治家、貴族。

経歴[編集]

第三次ソールズベリー侯爵内閣の防衛委員会の会合を描いた絵。左から財相ゴッシェン、首相ソールズベリー侯爵、外相ランズダウン侯爵枢密院議長デヴォンシャー公爵庶民院院内総務アーサー・バルフォア

1831年8月10日、貿易商ウィリアム・ヘンリー・ゴッシェンとその妻ヘンリエッタの長男としてシティ・オブ・ロンドンに生まれる[3][4]

ラグビー校を経てオックスフォード大学オリオル・カレッジへ進学[4][3]1857年から1865年にかけて父の会社「フリューリング・アンド・ゴッシェン」で共同経営者を務めつつ、1858年から1865年にかけてはイングランド銀行頭取にも就任した[4][3]

1863年に行われたシティ・オブ・ロンドン選挙区英語版補欠選挙英語版に当選し、自由党所属の庶民院議員となり、1880年までこの選挙区から選出され続ける[4][3]。第二次ラッセル伯爵内閣では商務庁副長官英語版(在職1865年-1866年)、ついでランカスター公領担当大臣英語版(在職1866年)を務める[4]第一次グラッドストン内閣では、救貧法委員会英語版委員長(在職1868年-1871年)、ついで海軍大臣英語版(在職1871年-1874年)を務めた[4][3]

自由党が野党期の1875年11月に保守党政権首相ベンジャミン・ディズレーリライオネル・ド・ロスチャイルドから多額の手数料と利子の条件で400万ポンドを借りてエジプトスエズ運河を買収した。これに対して自由党(特にグラッドストン)は1876年2月の庶民院において手数料が巨額すぎると批判したが、ゴッシェンはこの件では自党に与さず、ハーティントン侯爵とともにディズレーリの措置を支持した[5]。さらに1876年秋には外債保有者協会(Association of the Foreign Bondholders)から要請されて、イギリスのエジプト外債保有者の利益をより尊重させるため、エジプトへ赴いている[6]

1880年解散総選挙英語版ではリポン選挙区英語版に転じて当選を果たした。1885年の解散総選挙英語版では、エディンバラ・イースト選挙区英語版から当選した[4][3]

1886年2月に成立した第三次グラッドストン内閣では、アイルランド自治法案をめぐって自由党が分裂したが、ゴッシェンはアイルランド自治に反対する自由統一党に加わり、自由党を離党した。同年7月、第三次グラッドストン内閣はアイルランド自治法案に失敗して総辞職に追い込まれ、代わって保守党政権の第二次ソールズベリー侯爵内閣が成立したが、ゴッシェンら自由統一党は同内閣に閣外協力の立場をとった[7]

同年末、財務大臣ランドルフ・チャーチル卿が首相ソールズベリー侯爵と対立を深めて解任され、ゴッシェンがその後任となった。自由統一党は閣外協力を方針としていたため、彼はこれを機に保守党へ移籍している[8][注釈 1]。第二次ソールズベリー侯爵内閣が倒れる1892年8月まで財務大臣に在職した[1]

その間の1887年にはセントジョージズ・ハノーヴァー・スクウェア選挙区英語版補欠選挙英語版で当選を果たす[3]

1895年6月の第三次ソールズベリー侯爵内閣では再び海軍大臣に就任し、1900年11月まで務めた[1]。退任間もない12月にゴッシェン子爵英語版に叙せられ、貴族院へ移籍した[2]

1903年から1907年にかけてはオックスフォード大学学長英語版を務めた[3]

1907年2月7日にケント州ホークハースト英語版の自宅で死去した[4]

栄典[編集]

爵位[編集]

その他[編集]

家族[編集]

1857年にルーシー・ダレーと結婚し、彼女との間に以下の6子を儲ける[3]

  • 第1子(長女)ルーシー・モード・ゴッシェン閣下(1858-1909):1889年にアレクシス・チャールズ・バーク・ロッシュと結婚。
  • 第2子(長男)第2代ゴッシェン子爵ジョージ・ジョアキム・ゴッシェン英語版(1866-1952)
  • 第3子(次女)アリス・ゴッシェン閣下(1868-1941):尊者エドワード・ハードキャッスルと結婚。
  • 第4子(次男)サー・ウィリアム・ヘンリー・ゴッシェン閣下(1870-1943):第3代ゴッシェン子爵ジョン・ゴッシェン英語版の父
  • 第5子(三女)ベアトリス・メアリー・ゴッシェン閣下(1872-1956):結婚せず
  • 第6子(四女)ファニー・イヴェリン・ゴッシェン閣下(1875-1961):結婚せず

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ランドルフ・チャーチル卿は、自分を解任してゴッシェンを後任にすると聞かされた際に「自分はゴッシェンを忘れていた」と叫んだという[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 秦(2001) p.510
  2. ^ a b c d UK Parliament. “Mr George Goschen” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年5月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Lundy, Darryl. “George Joachim Goschen, 1st Viscount Goschen1” (英語). thepeerage.com. 2014年5月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Goschen, George Joachim”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  5. ^ 坂井(1967) p.35
  6. ^ 坂井(1967) p.94/104
  7. ^ 神川(2011) p.403
  8. ^ a b 神川(2011) p.406

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
サー・ウィリアム・ハット英語版
イギリスの旗 商務庁副長官英語版
財務省主計長官英語版

1865年 - 1866年
次代:
ウィリアム・モンセル英語版
先代:
第4代クラレンドン伯爵
イギリスの旗 ランカスター公領担当大臣英語版
1866年
次代:
第11代デヴォン伯爵英語版
先代:
ヒュー・チルダース
イギリスの旗 海軍大臣英語版
1871年 - 1874年
次代:
ジョージ・ワード・ハント英語版
先代:
ランドルフ・チャーチル卿
イギリスの旗 財務大臣
1887年 - 1892年
次代:
サー・ウィリアム・ハーコート
先代:
第5代スペンサー伯爵
イギリスの旗 海軍大臣英語版
1895年 - 1900年
次代:
第2代セルボーン伯爵英語版
議会
先代:
ライオネル・ド・ロスチャイルド男爵
サー・ジェームズ・デューク准男爵英語版
ロバート・ウィグラム・クロウフォード英語版
ウェスタン・ウッド英語版
シティ・オブ・ロンドン選挙区英語版選出庶民院議員
1863年英語版 - 1880年
同一選挙区同時当選者
ロバート・ウィグラム・クロウフォード英語版(1863–1874)
ライオネル・ド・ロスチャイルド男爵(1863-1868)
ウィリアム・ローレンス英語版(1865-1874)
チャールズ・ベル(1868-1869)
ライオネル・ド・ロスチャイルド男爵(1869-1874)
ウィリアム・コットン英語版(1874-1880)
フィリップ・トウェルズ(1874-1880)
ジョン・ハバード英語版(1874-1880)
次代:
ジョン・ハバード英語版
ウィリアム・コットン英語版
ウィリアム・ローレンス英語版
サー・ロバート・ファウラー英語版
先代:
フレデリック・オリバー・ロビンソン英語版
リポン選挙区英語版選出庶民院議員
1880年英語版 - 1885年
次代:
ウィリアム・ハーカー英語版
新設 エディンバラ・イースト選挙区英語版選出庶民院議員
1885年英語版 - 1886年
次代:
ロバート・ウォレス英語版
先代:
アルジャーノン・パーシー卿英語版
セントジョージズ・ハノーヴァー・スクウェア選挙区英語版
選出庶民院議員

1887年英語版 - 1900年
次代:
ヘニッジ・レッグ
学職
先代:
第9代ロジアン侯爵英語版
エディンバラ大学学長英語版
1890年 - 1893年
次代:
ロバートソン男爵英語版
先代:
第3代ソールズベリー侯爵
Oxford University Coat Of Arms.svg オックスフォード大学学長英語版
1903年1907年
次代:
初代カーゾン・オブ・ケドルストン男爵
イギリスの爵位
新設 初代ゴッシェン子爵英語版
1900年 - 1907年
次代:
ジョージ・ゴッシェン英語版