ホレス・ウォルポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Horace Walpole.jpg
古資料をもとに2008年から2年をかけて修復されたストロベリーヒル・ハウス[1]

第4代オーフォード伯爵ホレス・ウォルポール(Horace Walpole, 4th Earl of Orford, 1717年9月24日 - 1797年3月2日)は、イギリス政治家貴族小説家ゴシック小説『オトラント城奇譚』で知られる。政治家で初代首相ロバート・ウォルポールとキャサリン・ショーターの3男である。

イートン校ケンブリッジ大学で学び、1739年から2年間、詩人トマス・グレイとともにフランスイタリアを遊学した(グランドツアー)。下院議員(1741年 - 1768年)も務めているが、むしろ趣味的な生活ぶりで知られる。

別荘のストローベリ・ヒル(Strawberry Hill House)を改築して(工事は1750年頃から数十年にわたった)、自分好みの中世ゴシック風に仕立てた[2]が、これが大変な評判になり、毎日見学者が来るほどであった。1757年からそこに印刷所をもうけ、自作やグレーその他友人の作品を次々と印刷出版した。また、ある日見た夢をもとに中世の古城を舞台にした幻想的な小説『オトラント城奇譚』(1764年)を書き、これも評判を呼んだ。ストローベリ・ヒルと『オトラント城奇譚』はイギリスにおけるゴシック趣味の流行に決定的な影響を与えたと評されている。

1791年、甥の第3代オーフォード伯ジョージ・ウォルポールの死により襲爵、第4代オーファード伯となったが、彼にも子がなく、6年後の1797年に69歳で死去、オーフォード伯爵家は断絶した。ただし、もう1つの称号・ウォルポール男爵位は従弟のホレーショ・ウォルポールが継承、1806年に新設の形でオーフォード伯爵位も受け継ぎ存続した。

脚注[編集]

  1. ^ Introducing Strawberry Hill StrawberryHillHouse, 2011/02/10
  2. ^ 五十嵐太郎『おかしな建築の歴史』(エクスナレッジ 2013年)p.216fなどもイギリス国会議事堂ハンガリー国会議事堂とともに「ゴシック・リヴァイヴァル建築」に分類している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


イングランドの爵位
先代:
ジョージ・ウォルポール
オーフォード伯
1791年 - 1797年
次代:
消滅