グロ・ハーレム・ブルントラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グロ・ハーレム・ブルントラント
Gro Harlem Brundtland
Gro Harlem Brundtland 2009.jpg
グロ・ハーレム・ブルントラント(2007年撮影)
生年月日 1939年4月20日(75歳)
出生地 ノルウェーの旗 ノルウェーバールム
出身校 オスロ大学
ハーバード大学
所属政党 ノルウェー労働党
配偶者 アルネ・オーラヴ・ブルントラント
サイン Gro Harlem Brundtland Signature.svg

任期 1981年2月4日 - 1981年10月14日
1986年5月9日 - 1989年10月16日
1990年11月3日 - 1996年10月25日
元首 オーラヴ5世
ハーラル5世

世界保健機関の旗 第5代 世界保健機関事務総長
任期 1998年5月13日 - 2003年7月21日
テンプレートを表示

グロ・ハーレム・ブルントラントノルウェー語: Gro Harlem Brundtland, 1939年4月20日 - )は、ノルウェーバールム生まれの医師(小児科医)、政治家世界保健機関(WHO)事務局長、ノルウェー首相を歴任。ノルウェー労働党党員。

経歴[編集]

1963年オスロ大学を卒業。1964年ハーバード大学へ留学。帰国後、医師を勤める傍ら、労働党でも活躍。1974年ブラッテリ内閣の環境相に就任。1977年9月、総選挙に立候補し初当選。1981年2月、女性として初めてノルウェー首相に就任。同年10月、総選挙で保守党に敗れ、退任。1992年1月、ノルウェー首相として初めて日本に公式実務訪問した。

1984年から1987年まで、国連に設置された「環境と開発に関する世界委員会」(World Commission on Environment and Development、WCED)は、彼女が委員長をつとめたことからブルントラント委員会と呼ばれる。

この委員会がまとめた報告書「地球の未来を守るために(Our Common Future)」には、「将来世代のニーズを損なうことなく現在の世代のニーズを満たすこと」という持続可能な開発の概念が打ち出されている。

1985年の総選挙で労働党が勝利し、首相に返り咲く。1989年再度、総選挙で敗北し退陣。その後、保守内閣の分裂から1990年10月、第三次ブルントラント少数内閣発足。1992年11月、三男の自殺を機に労働党党首を辞任。1996年10月、首相を辞任。

1998年4月、世界保健機関(WHO)の事務局長に就任。就任演説で『たばこは人殺しである。』との持論を展開し、痛烈な喫煙批判を行った。

2003年3月、電磁波過敏症であることを公表。2004年には、旭硝子財団よりブループラネット賞が贈られた。

関連項目[編集]

公職
先代:
中嶋宏
世界保健機関の旗 世界保健機関事務総長
第5代:1998 - 2003
次代:
李鍾郁
先代:
オドヴァル・ノルドリ英語版
カレ・ウィロック英語版
ヤン・ペーター・シセ英語版
ノルウェーの旗 ノルウェー王国首相
1981
1986 - 1989
1990 - 1996
次代:
カレ・ウィロック英語版
ヤン・ペーター・シセ英語版
トルビョーン・ヤクラント英語版