陳馮富珍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
香港の旗 香港の政治家
陳馮富珍
Margaret Chan
Margaret Chan.jpg
マーガレット・チャン
生年月日 1947年
出生地 香港の旗 香港

世界保健機関の旗 第7代世界保健機関事務局長
任期 2007年1月4日 -
テンプレートを表示

陳馮富珍(マーガレット・チャン、チャンフォンフチャン、Margaret Chan、1947年 - )は、WHO事務局長(第7代)、医師香港衛生署長、WHO事務局長補を歴任。

経歴[編集]

カナダオンタリオ州ウェスタンオンタリオ大学にて1973年文学士1977年医学博士号を取得。シンガポール国立大学において公共衛生修士号も取得している。1978年に医師(婦人と小児健康科)として香港政府に勤務。1989年11月に衛生署助理署長(署長補佐)、1992年4月に同副署長、1994年6月に署長へ昇進した。1997年鳥インフルエンザ発生では中国本土からのの輸入禁止とともに、香港域内の鶏の全量処分を行った。2003年のSARS大流行の際にも対策の指揮をとった。2003年8月に退職し、WHO事務局へ転任し、伝染病対策などを担当している。

2006年7月25日、SARS対策の功績により中華人民共和国政府からWHO事務局長選挙において候補として推挙され、同11月8日当選。2007年1月4日に第7代事務局長に就任した。

評価[編集]

香港では、SARSに関するチャンの認識が甘く、SARS感染が深刻化した沙田公立プリンス・オブ・ウェールズ病院威爾斯親王醫院香港中文大学医学院の連携訓練病院)の封鎖などの対策が遅れたとの批判がある。そのため、衛生署長退任後の2003年秋、香港立法会はチャンを喚問する。

2009年から10年にかけての新型インフルエンザの世界的流行に際し、WHOのマーガレット・チャン事務局長は「今、すべての人類が脅威にさらされている」として、新型インフルエンザをすべての人類の脅威とする広報を行った。その後、新型インフルエンザが弱毒性である事が発覚するも、顕著な感染や死亡の被害が著しい事態を想定した警告であるフェーズレベル6/6と警告し、パンデミック(世界的大流行)を宣言した。 しかし「国際的な公衆衛生上の脅威となるあらゆる事象」とまで喧伝された新型インフルエンザは、他の季節性インフルエンザと大差ないレベルのインフルエンザで被害も小さなものであった[1]。一連のWHOの誤報を重く見た欧州議会は、パンデミック宣言に至った経緯の調査に踏み出す事態となった。

欧州議会のボーダルク前保健衛生委員長は、WHOの宣言は偽のパンデミックであったとして問題提起をしている。WHOの意思決定には製薬企業の意向が大きく影響した可能性が高いとしている。製薬企業は研究所などで働く科学者へ大きな影響力を持っており、この事と今回WHOが広く科学者の意見を求めた事がその影響力を強める原因になったと語っている。一方、新型インフルエンザワクチン製造なども行い、世界最大規模の製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社(英国)は、製薬会企業WHOのパンデミック宣言に影響を与えているなどの認識は誤りであるとインタビューに応えている。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]