台湾省 (中華人民共和国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
台湾省
簡称: (拼音: Tái)
台湾省 (中華人民共和国)の位置
簡体字 台湾
繁体字 臺灣
拼音 Táiwān
カタカナ転記 タイワン
省都 台北市
面積 36,200 km² ()
人口 ()
 - 人口密度
23,170,000 人 ()
668 人/km² ()
GDP ()
 - 一人あたり
- ()
- ()
HDI () - () ()
主要民族 漢民族 - 98%
高山族 - 2%
地級行政区 2 個
県級行政区 21 個
ISO 3166-2 CN-71
公式サイト
http://www.gwytb.gov.cn/
(国務院台湾事務弁公室)

中華人民共和国台湾省(たいわんしょう)は、省都を台北におくとされているが、実際には台湾省の全域は中華民国が実効支配して自国の台湾省を置いており、中華人民共和国が台湾省に含まれる領域を実効支配したことは建国以来一度も無い[1]。中華人民共和国の支配力が及ばない以上、「中華人民共和国の台湾省」は全国人民代表大会に席はあるものの(国内の台湾省籍を持つ者より選出される)実際には何の実体も存在していない。

中華人民共和国政府は一つの中国の立場から台湾を自国の不可分の領域であるとし、2005年の反国家分裂法制定に見られるように台湾が独立すれば軍事行動も辞さない、という立場をとり続けている。一方で現実的には、台湾海峡両岸の経済関係の深まりなどから、軍事的な制圧による問題解決の可能性は1990年代以降徐々に低くなりつつある。しかし、政府高官による中華民国政府への挑発的発言や福建省沿岸部での軍事訓練などによって、中華人民共和国政府は常に中華民国政府に圧力をかけ続けている。(台湾問題

なお、尖閣諸島(釣魚島など)は、中華人民共和国・中華民国の双方とも台湾省(宜蘭県頭城鎮大渓里)に属するとしている。また、中華民国が実効支配する福建省沿岸の金門島などは、中華人民共和国・中華民国の双方とも福建省に属すとしており、台湾省には含まれない。一方、中華民国では台湾省高雄市に属すとされている南海諸島は、中華人民共和国では海南省南沙諸島中沙諸島西沙諸島)または広東省東沙諸島)に属すとされているため、中華人民共和国と中華民国の台湾省の領域は厳密には一致しない。

交通[編集]

中華人民共和国政府は、以下の通りの道路および鉄道の敷設を計画しているが、実効支配が及んでいないため「中華人民共和国政府による整備」は実現していない。

ただし、これらに類するインフラ整備は「大陸と台湾を結ぶ海底トンネル」を除けば、中華民国政府によってほぼ実現されている。

脚注[編集]

  1. ^ なお、中華民国が自国の台湾省の一部と主張する南沙諸島などは、中華人民共和国が一部を実効支配下に置いているが、中華人民共和国はこれらの島嶼を海南省の一部と主張している。そのため、中華人民共和国の実行支配領域には「中華民国の主張する台湾省」の一部が含まれているが、「中華人民共和国の主張する台湾省」の領域は含まれていない。

関連項目[編集]