エミリオ・コロンボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イタリアの旗 イタリアの政治家
エミリオ・コロンボ
Emilio Colombo
生年月日 1920年4月11日
出生地 イタリア王国の旗 イタリア王国 ポテンツァ
没年月日 2013年6月24日(満93歳没)
死没地 ローマ
所属政党 キリスト教民主主義
称号 終身元老院議員
公式サイト Presidente Emilio Colombo

任期 1970年8月6日 - 1972年2月17日
大統領 ジュゼッペ・サーラガト
ジョヴァンニ・レオーネ

イタリアの旗 外相
任期 1992年8月1日 - 1993年4月28日

イタリアの旗 外相
任期 1980年4月4日 - 1983年8月4日

任期 1977年3月8日 - 1979年6月30日
テンプレートを表示

エミリオ・コロンボ(Emilio Colombo, 1920年4月11日 - 2013年6月24日)はイタリアの政治家、外交官、同国首相。また、ヨーロッパ規模での政治活動も行ってきた。

生涯[編集]

コロンボはバジリカータ州ポテンツァで生まれ、キリスト教民主主義に入党することで政界に進む。多くの政権で役職を務めたのち、1970年から1972年にかけて首相(閣僚評議会議長)を務める。その後、1977年から1979年にかけて欧州議会議長を務め、1979年には、ヨーロッパ統合に貢献した人物に与えられるカール大帝賞を受賞した。イタリア政界でも1980年から1983年にかけてと1992年から1993年にかけて外相を務めた。外相を退任して10年が経過したのち、大統領カルロ・アツェリオ・チャンピからイタリアの政治家として最高の名誉である終身元老院議員の指名を受けた。

終身元老院議員となって間もない2003年11月、コロンボは再び注目を集めることになる。コロンボは1年半ほどのあいだ治療目的としてコカインを使用していたこと、そして自身が同性愛者であるということを認め、これらのことは世間を大いに驚かせた[1][2]

2013年6月24日死去[3]。93歳没。

脚注[編集]

  1. ^ Scalfari, Eugenio (2007年2月27日). “Casini dica Dico” (Italian). L'Espresso. 2009年3月1日閲覧。
  2. ^ Hooper, John (2003年11月27日). “Former PM tells of regular cocaine use” (English). The Age. 2009年3月1日閲覧。
  3. ^ イタリア元首相、エミリオ・コロンボ氏死去朝日新聞2013年6月25日閲覧

外部リンク[編集]

先代:
マリアーノ・ルモール
イタリア閣僚評議会議長
1970年8月6日 - 1972年2月17日
次代:
ジュリオ・アンドレオッティ
先代:
オロンツォ・レアーレ
イタリアの司法相
1971年3月6日 - 1972年2月17日
次代:
グイード・ゴネッラ
先代:
ジョルジュ・スペナール
欧州議会議長
1977年3月8日 - 1979年6月30日
次代:
シモーヌ・ヴェイユ
先代:
アッティーリオ・ルッフィーニ
イタリアの外相
1980年8月4日 - 1983年8月4日
次代:
ジュリオ・アンドレオッティ
先代:
ジュリアーノ・アマート
イタリアの外相
1992年8月1日 - 1993年4月28日
次代:
ベニアミーノ・アンドレアッタ