パブロ・デ・サラサーテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サラサーテ

パブロ・マルティン・メリトン・デ・サラサーテ・イ・ナバスクエス(Pablo Martín Melitón de Sarasate y Navascuéz, 1844年3月10日 - 1908年9月20日)は、スペインパンプローナ出身の作曲家ヴァイオリン奏者バスク人である。

来歴[編集]

8歳のときに初めての公演をし、10歳のときにスペイン女王イサベル2世の前で演奏を披露した。その後パリ音楽院で学び、13歳のときヴァイオリン科の一等賞を得た。1860年代ごろから演奏家としての活動を始め、1865年には一番初めに仲良くなったサン=サーンスと演奏旅行をした。サン=サーンスはサラサーテに「序奏とロンド・カプリチオーソ」、「ヴァイオリン協奏曲第3番」などを献呈している。サラサーテはまた、ラロの「スペイン交響曲」、ブルッフの「ヴァイオリン協奏曲第2番」、「スコットランド幻想曲」の初演者かつ被献呈者でもある。サラサーテの華麗な名人芸は、チャイコフスキーブラームスなどにも影響を与えた。

1908年9月20日慢性気管支炎のためビアリッツフランスバスク地方の町)で死去した。64歳没。

作曲家としてのサラサーテの作品は、ほとんどヴァイオリンと管弦楽(もしくはピアノ)のための作品であり、スペインの民謡舞曲の要素を盛り込んだ国民楽派に位置付けられ、その代表がジプシー(ロマ)の民謡による「ツィゴイネルワイゼン」であり、ラッシュ、フリッシュなどの特徴を取り入れている。そのため、他の作品はあまり演奏されることがないのが現状である。

サラサーテを記念して、若手ヴァイオリン奏者のためのコンクール「パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール」が開催されている(ヴァイオリン部門とオペラ部門が毎年交互に開かれている)。

代表作品[編集]

外部リンク[編集]