川久保賜紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

川久保 賜紀(かわくぼ たまき、1979年10月10日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのヴァイオリニストレコードレーベルは、avex-CLASSICS

経歴[編集]

幼少時代[編集]

ロサンゼルスに移住した歯科技工士の両親のもとに生まれ、4歳の頃からピアノを、5歳の時にヴァイオリンを始め、ロサンゼルスのコルボーン音楽院ロバート・リプセットに師事した。その後、ジュリアード音楽院に進み、ドロシー・ディレイ川崎雅夫に師事。1994年ジョン・ウィリアムズ指揮ボストン・ポップスとの共演で、サン=サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」の演奏がアメリカでテレビ放映された。

ドイツ留学と演奏活動[編集]

1995年、16歳の時リューベック音楽院に留学しブロンに師事。ブロンがケルン音楽大学に移るとともに同大学に移った。1997年エヴリー・フィッシャー賞を受賞、また、初来日公演として、東京国際フォーラムのこけら落とし公演でチョン・ミュンフン指揮アジア・フィルハーモニー管弦楽団チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲を演奏した。

近年の活動[編集]

2001年、第6回パブロ・サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクールで第1位、2002年、第12回チャイコフスキー国際コンクールで最高位(第1位なしの第2位)を獲得した。
クリーヴランド管弦楽団デトロイト交響楽団サンフランシスコ交響楽団等アメリカの主要オーケストラと共演。日本においてもツアー、演奏会を行い、2004年出光音楽賞を受賞した。チューリッヒ音楽院でブロンに師事。
2008年、チェリストの遠藤真理、ピアニストの三浦友理枝とトリオを結成した。

使用楽器[編集]

15~26歳まで1707年製ストラディヴァリウス「カテドラル」[1]。 2009年10月現在、1757年製カルロ・ランドルフィ[2]

ディスコグラフィー[編集]

下野竜也指揮、新日本フィルハーモニー交響楽団(2004年9月)
  • リサイタル(2007年5月)
  • RAVEL(川久保賜紀、遠藤真理、三浦友理枝トリオ)(2008年3月)
  • ヴィヴァルディ:四季(2009年11月)
紀尾井シンフォニエッタ東京

メディア出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2008年7月26日放送BSジャパン「バイオリンの聖地クレモナへ」
  2. ^ 「音楽の友」2009年11月号、音楽之友社

外部リンク[編集]