ヤマハミュージックコミュニケーションズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ
YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS CO., LTD.
Sumitomo Fudosan Harajuku Biru.JPG
ヤマハミュージックコミュニケーションズが入居する住友不動産原宿ビル
種類 株式会社
略称 YMC
本社所在地 日本の旗 日本
150-0001
東京都渋谷区神宮前2-34-17
住友不動産原宿ビル5階
設立 2000年5月1日
業種 情報・通信業
事業内容 音楽・映像ソフト製作・販売、原盤制作
代表者 谷口恵治(代表取締役社長)
資本金 3億円
主要株主 株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス 95%
有限会社あいらんど
関係する人物 中島美雪(取締役)
外部リンク http://www.yamahamusic.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS CO., LTD.)ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス傘下のレコード会社。

概要[編集]

2000年5月1日に楽器メーカー大手のヤマハによって設立された。実質的には、かつてポニーキャニオン内のレーベルであった「AARD-VARK」がメーカーとして独立したものと言える。

系列のヤマハ音楽振興会がこれまで発掘してきたアーティスト資産などを生かす形でCDなどを発売している。ヤマハ音楽振興会と直接資本関係はないものの、設立当初は同会本部ビル(153-8666 東京都目黒区下目黒3-24-22)の中に本社を構えており、烏野隆弘社長も同会から輩出している。

設立時の親会社はヤマハだったが、ヤマハは2007年6月1日に音楽ソフト事業を統括する中間持株会社「ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス」を設立し、ヤマハの保有するヤマハミュージックコミュニケーションズの株式を継承した。なお、ポニーキャニオンについては設立時に主要株主として名を連ねていたが、現在は主要株主から外れている。また、中島みゆきが設立時から取締役(本名の中島美雪として)・主要株主(個人事務所「有限会社あいらんど」)として名を連ねており、ポニーキャニオンからの移籍と同時に看板アーティストとなっている。

スタジオジブリ関連[編集]

ゲド戦記」以降のスタジオジブリ作品の主題歌はYMC所属アーティスト(「藤岡藤巻と大橋のぞみ」の藤岡藤巻はソニー系のエスエムイーレコーズ所属で、同社からYMCが借りる形に)が起用されており、シングル版についてはYMCが制作・発売している。以前よりスタジオジブリの楽曲に関わりのある徳間ジャパンコミュニケーションズはサウンドトラックなどのアルバム盤の制作・発売を継続しており、「スタジオジブリの歌」などのCDではYMCが楽曲を提供して収録されている。なお、「ゲド戦記」が公開された2006年以降、傘下のヤマハミュージックメディアからジブリ作品の楽譜集を数多く出版している。

現在の主な所属アーティスト[編集]

メインレーベル[編集]

VOCALOID RECORDS[編集]

かつて所属していた主なアーティスト[編集]

また、CHAGE and ASKAの2000年以前の作品もここからリリースされている。

contemode[編集]

中田ヤスタカ主宰のレーベル

販売委託先[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]