ヴァンサン・ダンディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァンサン・ダンディ
Vincent d'Indy
}
基本情報
出生名 Paul Marie Théodore Vincent d'Indy
出生 1851年3月27日
フランスの旗 フランス共和国 パリ
死没 1931年12月2日(満80歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家

ポール・マリ・テオドール・ヴァンサン・ダンディPaul Marie Théodore Vincent d'Indy, 1851年3月27日パリ1931年12月2日パリ)はフランス作曲家・音楽教師。フランスの古い貴族の家系に属する。

略歴[編集]

幼い頃からピアノを学ぶが、一族を喜ばせるために法学を学ぶ。しかしながら、音楽家になることを決心しており、セザール・フランクの献身的な門人となった。1894年に、シャルル・ボルドアレクサンドル・ギルマンに協力して、パリにスコラ・カントルムを創設し、没するまで同校ならびにパリ音楽院で音楽を指導した。門下に、サティルーセルアルベリク・マニャール、(後にダンディの評伝を書いた)ジョゼフ・カントルーブボフスラフ・マルティヌーがいる。「作曲学教程 Cours de composition musicale」(1903年)の執筆に参加したほか、フランクやベートーヴェンに関する研究書を書いた。

ダンディの作品は、今日さほど一定して演奏されていない。最も有名な作品はおそらく「フランスの山人の歌による交響曲 Symphonie sur un chant montagnard français」ことピアノと管弦楽のための「セヴェンヌ交響曲 Symphonie Cévenole」(1886年)や、交響的変奏曲「イスタール Istar」(1896年)であろう。その他に、管弦楽曲や室内楽曲、ピアノ曲、歌曲、たくさんのオペラ(たとえば、1897年の「フェルヴァール Fervaal」など)がある。ダンディの作品は、フランクと並んでワーグナーからの影響を見せている(ダンディは1876年バイロイト祝祭劇場において、「ニーベルングの指環Der Ring des Nibelungen」の初演に出席している。)

ダンディは、当時はほとんど忘れ去られていた古楽の復権に尽力し、一例をあげると、モンテヴェルディのオペラ「ポッペアの戴冠 L'Incoronazione di Poppea」などの独自の校訂版を作成した。

第一次世界大戦前に、長く連れ添った愛妻と死に別れてから、一時的に創作意欲が減退したものの、戦後に子供たちの反対を押し切って再婚してからは創作意欲を新たにした。セヴェンヌの城館を離れて、コート・ダジュールのアゲーに新妻とともに居を移し、作曲に専念した。その時期の作品には、「海岸の4つの詩」、「地中海2部作」、ピアノと室内アンサンブルのための協奏曲や、弦楽四重奏曲第3番などがある。「海岸の4つの詩」の第2楽章「深い青の喜び」の導入部は、ラヴェルの「ダフニスとクロエ」の第2部の導入と酷似している。ラヴェルのほうは1912年、ダンディのほうが1919年から1921年に完成されていることを考えると、ダンディがなぜラヴェルを借用したのか、あるいはこの間の事情がどういうことであったのか、非常に興味深いものがある。

その他、1909年にはフランス国民音楽協会SIMの企画で「ハイドンの名によるメヌエット」という作品を書いている。これはラヴェルの同名の作品やドビュッシー、デュカスらと同じ企画中で書かれたものであるが、当時の契約出版社の違いから、上記三者のようにまとめて出版されるには至っておらず、ほとんど録音もない。

日本人の弟子に陸軍軍楽隊長となった大沼哲などがおり、1938年(昭和13年)には「歌と踊り」がNHKから放送されている。

主要作品一覧[編集]

en:List of compositions by Vincent d'Indyも参照のこと。

歌劇(全6曲)[編集]

  • フェルヴォル op.40

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番イ短調『イタリア』(作品番号なし) Symphonie Italienne
  • フランスの山人の歌による交響曲 op.25 Symphonie sur un chant montagnard Français
  • 交響曲第2番変ロ長調 op.57
  • 交響曲第3番ニ長調『小シンフォニア「ガリアの戦い」』op. 70[1] Sinfonia brevis de bello gallico

管弦楽曲[編集]

  • 交響的バラード『魔法にかけられた森』op.8 La Foret Enchantee
  • 交響詩『ヴァレンシュタイン』op.12 Wallenstein
  • ヴィオラと管弦楽のための『歌』op.19 Lied
  • 交響的伝説『サルビアの花』op.21 Saugefleurie
  • カラデック組曲 op.34 Karadec Suite
  • 旅の画集 op.36 Tableaux de Voyage
  • 交響的変奏曲『イスタール』op.42 Istar
  • 劇音楽『メデー』op.47 Medee, Suite d'Orchestre
  • コラール変奏曲 op.55 Choral Varie
  • 交響詩『山の夏の日』op.61 Jour d'ete a la Montagne
  • 思い出 op. 62 Souvenirs
  • 交響組曲『海辺の詩』(4曲)op.77 Poeme des Rivages
  • 地中海の二部作 op.87 Diptyque Mediterraneen

協奏曲[編集]

  • ピアノ、フルート、チェロと弦楽のための協奏曲 ロ短調 op.89

室内楽曲[編集]

  • 弦楽六重奏曲 変ロ長調 op.92
  • 弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 op.35
  • 弦楽四重奏曲第2番 ホ長調 op.45
  • 弦楽四重奏曲第3番 変ニ長調 op.96
  • ピアノ四重奏曲 イ短調 op.7
  • ピアノ五重奏曲 ト短調 op.81
  • ピアノ三重奏曲第1番 変ロ長調 op.29
  • ピアノ三重奏曲第2番 ト長調 op.98
  • クラリネット・チェロ・ピアノのための三重奏曲
  • 歌と踊り(ディヴェルティメント)op.50 (フルート、オーボエ、2クラリネット、2ファゴット、ホルン)

ピアノ曲[編集]

  • 山の詩 op.15
  • 旅の画集 op.33
  • 主題と変奏、フーガと歌 op.85
  • フランスの古い輪舞の歌による幻想曲 op.99

オルガン曲[編集]

  • 小品(前奏曲)変ホ短調

合唱曲[編集]

  • 鐘の歌 op.18
  • 6つのフランス民謡 第1集 op.90
  • 6つのフランス民謡 第2集 op.100

歌曲[編集]

  • 首領の騎行 op.11
  • 海の歌 op.43

教え子[編集]

論文[編集]

  • Andrew Thomson, Vincent d'Indy and his World (Oxford University Press, 1996)

脚注[編集]

  1. ^ 標題の日本語訳は『ニューグローヴ世界音楽大事典』講談社、1994年、第10巻のダンディの項による。

外部リンク[編集]