アルベリク・マニャール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベリク・マニャール
Albéric Magnard
1900年頃?
1900年頃?
基本情報
出生 1865年6月9日
フランスの旗 フランスパリ
死没 1914年9月3日(満49歳没)
フランスの旗 フランス、バロン
職業 作曲家

リュシアン・ドニ・ガブリエル・アルベリク・マニャールLucien Denis Gabriel Albéric Magnard, 1865年6月9日 パリ - 1914年9月3日 オワーズ県バロン)はフランス作曲家。作風に共通点はほとんどないにもかかわらず、コラールが用いられているというだけの理由から、熱烈な支持者が「フランスのブルックナー」と呼ぶこともある。

略歴[編集]

ベストセラー作家でフィガロ紙編集主幹のフランシス・マニャールフランス語版を父に持つが、マニャール自身は「フィガロの息子」と呼ばれることを好まず、自らの楽才のみを恃みに、実家から経済的援助を受けずに自立しようと決意する。兵役を経験し法律学校に学んだのち、パリ音楽院対位法テオドール・デュボアに、作曲をジュール・マスネに師事。しかしヴァンサン・ダンディとの出逢いがより重要で、個人的に4年にわたってフーガと管弦楽法をダンディに師事し、最初の二つの交響曲をダンディの指導のもとに書き上げる。なお『交響曲 第1番 ハ短調』はダンディに献呈された。

父フランシスは、自力で成功を勝ち取ろうとする息子の願いを気遣いながらも、自分なりにできる限りの支援を息子にしようとした。フィガロ紙での宣伝もその一つであった。1894年に父親が他界した時のアルベリクの落ち込みようは、同時に父親への感謝と苛立ちの入り混じった複雑なものであった。

1896年にジュリー・クレトンと結婚し、翌年スコラ・カントルム対位法の教師に就任、『交響曲 第3番 嬰ハ短調』を作曲する。この頃より難聴に苛まれるようになり、以前にもまして社交嫌いに拍車がかかる。スコラ・カントルムで教鞭をとったのは半年間にとどまり、その後の年月は作曲家としてだけ活動した[1]。なお作品8から作品20までは、自費出版で世に送り出した。

第一次世界大戦が勃発すると、マニャールは妻と2人の娘を疎開地に避難させたが、自分自身はバロンにある邸宅を守るために居残った。ドイツ兵が侵入した際、マニャールは銃を持って抵抗し[1]、発砲してひとりを射殺したが、ドイツ兵は撃ち返したすえ、マニャール邸に火を放った。マニャールは焼死し、屋敷の焼け跡から黒焦げの遺体が発見された[1]。この火災で、マニャールの未出版の総譜(初期の歌劇『イヨランド』(Yolande)、歌劇『ゲルクール』(Guercœur)の2つの場面)と新作の歌曲が失われた。1908年に『ゲルクール』の公演を実現させたロパルツは、焼失した部分を記憶から再構成して、1931年に再上演を行なった。

作風[編集]

マニャールの音楽様式は、当時のフランス人作曲家の典型ではあるものの、交響曲においては、随所でマーラーを連想させる部分がある。コラールのところどころの使用から、「フランスのブルックナー」とあだ名する向きもある。ブルックナーは、ダンディが恩師フランクの構想を特徴づけるずっと前から循環形式を使っていたが、マニャールの循環形式の扱いは、ブルックナー的というよりフランク的である。4つある交響曲のうち、第2番だけが長調で作曲されたことになってはいるものの、実際のところは長調ではなく教会旋法が利用されている。室内楽曲は数少ないように見えるが、出版された作品数そのものがそれほど多くないため、全般的に見ると、むしろマニャールの全作品で重要な部分を占めていることがわかる(弦楽四重奏曲、ピアノと木管のための五重奏曲、ピアノ三重奏曲、ヴァイオリン・ソナタ、チェロ・ソナタ)。マニャールの室内楽は、とりわけフランク楽派・ダンディ楽派の作曲家の中では、気宇壮大な構想と劇的な性格、峻厳な性格と寒色系の響きによって目立っている。またその一方で深い抒情性があるという一面も持ち合わせており、マニャールの生真面目な性格や、ベートーヴェンワーグナーを敬愛したダンディに教わり、自らもそれらの作曲家に影響を受けたことがそのような作風に繋がっていると考えられている[1]オペラには、ワーグナーライトモティーフの技法が使われている。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『マニャール&フランク/ヴァイオリン・ソナタ集』 p.6

参考文献[編集]

  • デュメイコラール『マニャール&フランク/ヴァイオリン・ソナタ集』(東芝EMI)ライナーノーツ

外部リンク[編集]