ギィ・ロパルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギィ・ロパルツ

ジョゼフ=ギィ・ロパルツJoseph-Guy Ropartz, 1864年6月15日 コート=ダルモール県ガンガン - 1955年11月22日 コート=ダルモール県ランルー)はフランス作曲家ドビュッシーと同世代であるが、フランクダンディ楽派の伝統に従って、後期ロマン派音楽の伝統上で創作を続けた。ブルトン民族主義の要素も指摘されている。

生涯[編集]

ブルターニュ出身。レンヌで学業を続けたのち1885年パリ音楽院への入学資格を得る。作曲科でテオドール・デュボワに学んだ後、ジュール・マスネに師事し、1886年からはオルガン科でセザール・フランクにも師事した。

1894年から1919年までナンシー音楽院(当時はパリ音楽院の分校扱い)に院長として赴任し、1894年ヴィオラ科、1895年トランペット科、1897年ハープ科とオルガン科、そして1900年にはトロンボーン科というように、次々に学科を充実させていった。また、ナンシー音楽院の学生オーケストラによる定期演奏会も開始した。

1898年にはブルターニュ地域圏同盟に入会している。

親友のアルベリク・マニャール1914年に悲劇的な最期を遂げ、いくつもの手稿譜が失われると、ロパルツはマニャールの歌劇《ゲルクール Guercœur 》の管弦楽法を記憶から再現した。

その後はストラスブール音楽院院長を1919年から1929年まで続け、1949年には、ジョルジュ・ユエの後任として、フランス学士院芸術アカデミー会員に選ばれている。

1929年に中央から隠退して郷里ブルターニュに隠居した。1953年に失明している。

主要作品一覧[編集]

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番イ短調(1894)
  • 交響曲第2番ヘ短調(1900)
  • 交響曲第3番(1905) - 合唱交響曲の大作であり、名作としての評価が高い。
  • 交響曲第4番(1910)
  • 交響曲第5番(1944-45)

管弦楽曲[編集]

  • 弔いの鐘 La Cloche des morts (initialement Le Convoi du Fermier) (1887年)
  • オーボエと管弦楽のための哀歌 Lamento pour hautbois et orchestre (1887年)
  • Les Landes (1888年)
  • 祭りの行進 Marche de fête (1888年)
  • 5つの小品 Cinq pièces brèves (1889年)
  • 謝肉祭 Carnaval (1889年)
  • Dimanche breton, suite en 4 parties (1893年)
  • 幻想曲ニ長調 Fantaisie en ré majeur (1897年)
  • 眠れるマリーに A Marie endormie (1911 - 1912年)
  • La Chasse du prince Arthur (1911 - 1912年)
  • 鐘の音 Sons de cloches (1913年)
  • Soir sur les chaumes (1913年)
  • チェロと管弦楽のための狂詩曲 Rhapsodie pour violoncelle et orchestre (1928年)
  • 野外のセレナード Sérénade champêtre (1932年)
  • ブルボン家のブレー Bourrées bourbonnaises (1939年)
  • 小交響曲 変ホ長調 Petite symphonie en mi bémol majeur (1943年)
  • パストラル Pastorales (1950年)

室内楽[編集]

  • 6つの弦楽四重奏曲(1893年から1949年まで)
  • アルベリク・マニャールの名による弦楽四重奏のための小幻想曲
  • 2つのチェロソナタ(第1番:1904年、第2番:1918年 - 1919年)
  • 3つのヴァイオリン・ソナタ(第1番:1907年、第2番:1917年、第3番:1927年)
  • トロンボーンとピアノのための小品(1908年)
  • ピアノ三重奏曲イ短調(1918年)
  • 弦楽三重奏曲イ短調(1934年 - 1935年)
  • 管楽五重奏曲(1924年)
  • フルート、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ハープのための《前奏曲とシャンソン》(1928年)

オペラ[編集]

  • 故郷 Le Pays (1912年)

宗教曲[編集]

  • 四重唱と合唱、オルガンのための《荘厳キリエ Kyrie solennel 》(1886)
  • オルガン独奏曲《 Offertoire pascal 》 (1889)
  • 合唱と管弦楽のための《詩篇唱第136番「バビロンの川のほとりに」 Psaume 136 "Super flumina Babylonis" 》 (1897)
  • 無伴奏混声合唱のための《5つのモテ Cinq motets 》 (1900)
  • 《聖アンを称えるための小ミサ曲 Messe brève en l'honneur de Sainte Anne 》(オルガン伴奏)(1921)
  • Messe en l'honneur de Sainte Odile, pour chœur mixte et orgue (1923)
  • 混声3声とオルガンのための「テ・デウム」ミサ Messe "Te Deum Laudamus" (1925-26)
  • 合唱と管弦楽のための《レクィエム Requiem 》 (1937-38)
  • 混声合唱とオルガンのための《サルヴェ・レジナ Salve Regina 》(1941)
  • 合唱と管弦楽のための《詩篇唱第129番「深き淵より」 Psaume 129 "De profondis" 》 (1942)

歌曲[編集]

いくつかの管弦楽伴奏歌曲と、多くのピアノ伴奏付き歌曲がある。

ピアノ曲[編集]

  • 序曲、変奏曲と終曲 Ouverture, variations et final (1904)
  • コラールと変奏 Choral varié (1904)
  • 夜想曲第1番 Nocturne n°1 (1911)
  • Dans l'ombre de la montagne (1913)
  • 夜想曲第2番 Nocturne n°2 (1916)
  • 夜想曲第3番 Nocturne n°3 (1916)
  • スケルツォ Scherzo (1916)
  • 花園の調べ Musiques au jardin (1916-17)
  • 夏のスケッチ Croquis d'été (1918)
  • 秋のスケッチ Croquis d'automne (1929)
  • おとめ Jeunes filles (1929)
  • ポール・デュカを偲んで A la mémoire de Paul Dukas (1936)

文筆[編集]

詩人としても才能に恵まれ、若い頃から高踏派や象徴主義に影響された詩作を手懸けていた。
  • Adagiettos (1888)
  • Modes mineurs (1890)
  • Les Muances (1892)