アルベール・ルーセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベール・ルーセル
Albert Charles Paul Marie Roussel
Roussel Albert 1913.jpg
基本情報
出生 1869年4月5日
フランスの旗 フランストゥールコワン
死没 1937年8月23日(満68歳没)フランスの旗 フランスルーアン
職業 作曲家
アルベール・ルーセルの胸像

アルベール・ルーセル(もしくはルセール、Albert Charles Paul Marie Roussel, 1869年4月5日トゥールコワン - 1937年8月23日ルーアン)は、印象主義から新古典主義に進み、ラヴェルとともにドビュッシー亡き後のフランス楽壇をリードした作曲家

生涯[編集]

少年時代は算数に次いで音楽が好きで、しかも海軍の道を志望していた。1889年1890年に、フリゲート艦イフィジェニー号でインドシナ近海に勤務。明らかにこの航海は、作曲家としての発展において最も有意義な出来事であった。というのも、その後の生涯でルーセルは、自分が訪れた異国の地の特徴を音楽でとらえようと試みているからである。1894年に海軍を退くと、パリスコラ・カントルムにて音楽を真剣に学び出し、1907年までヴァンサン・ダンディなどに師事。学業のかたわら教授活動にも多忙となった。ルーセルの有名な門人には、エリック・サティエドガー・ヴァレーズがいる。

第一次世界大戦中は、(アーネスト・ヘミングウェイと同様に)西部戦線で傷痍兵輸送車の運転手を務めた。戦後はノルマンディーに移り、多くの時間を作曲活動に捧げた。

作品[編集]

ルーセルは気質において古典主義者であった。初期作品は強烈に印象主義音楽に影響されているが、次第に個人様式を見出した。ルーセルの作曲様式は、構想においては形式中心で、強烈なリズム感があり、同時代の作曲家(例えばドビュッシーラヴェルサティストラヴィンスキー)の作品に比べて、 調性に対するはっきりした好みが明らかである。ルーセルは重厚なオーケストレーションがしばしば非難されてきたが、これはフランス人らしい繊細で名状し難い様式に似たものが期待されるからであろう。だがルーセルはそのような美学を完全には誰とも共有していない。派手なドイツ・ロマン主義音楽のオーケストレーションに 比べると、ルーセルのが重厚などとはとうてい言えない。

ルーセルはジャズにも興味があり、『夜のジャズ』と題された歌曲を作曲した。同時期のジャズに霊感を受けたフランス人作曲家のその他の作品(例えば、ラヴェルの『ヴァイオリン・ソナタ』の第2楽章や、ミヨーの『世界の創造』)に比べると、この曲は興味深い対照をなしている。

作品リスト[編集]

舞台音楽[編集]

  • オペラ・バレエ「パドマーヴァティ Padmavati」Op.18 (1914年 - 1918年)
  • バレエ「くもの饗宴(Le festin de l'araignée)」Op.17(1913年)
  • バレエ「バッカスとアリアーヌ(Bacchus et Ariane)」Op.43(1930年)
  • バレエ「エネアス(Aeneas)」Op.54(1935年)

管弦楽曲[編集]

室内楽曲[編集]

  • フルート、弦楽三重奏、ハープのためのセレナード(Sérénade) Op.30(1925年)
  • 弦楽四重奏曲 ニ長調 Op.45(1931 - 1932年)
  • 弦楽三重奏曲(Trio à cordes) Op.58(1937年)
  • フルート、ヴィオラとチェロのための三重奏曲(Trio) Op.40(1929年)
  • ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.28(1924年)
  • フルートを吹く人たち(Joueurs de flûte) Op.27(1924年)

ピアノ独奏曲[編集]

  • ピアノのための3つの小品(Trois piéces pour piano) Op.49(1933年)
  • 前奏曲とフーガ(Prélude et fugue) Op.46(1932年 - 1934年)
  • ソナチネ(Sonatine) Op.16(1912年)
  • ミューズの歓待(L'Accueil des muses) (1920年)
  • ピアノのための組曲(Suite pour piano) Op.14(1910年)

その他の独奏曲[編集]

  • セゴビア(Ségovia) Op.29(1925年) ギター曲
  • ペダル式ハープのための即興曲(Impromptu pour harpe à pedale) Op.21(1919年)

外部リンク[編集]