フランスの山人の歌による交響曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フランスの山人の歌による交響曲フランス語: Symphonie sur un chant montagnard français)》作品25は、ヴァンサン・ダンディ1886年に作曲した交響曲で、ダンディの数ある作品のうち、今日かろうじて演奏されるほとんど唯一の作品。題名に示されているように、主要な主題はセヴェンヌ地方で聞き覚えた民謡が充てられている(同地は山岳地帯であり、そのため「セヴェンヌ交響曲 Symphonie cévenole 」という別名も存在する)。交響曲としては異例なことに独奏ピアノの存在が目立っているが、決して支配的であるわけではない。ピアノはオーケストラに寄り添っているため、さる評論家からは「協奏交響曲」と呼ばれた。

(2012年11月初演の冨田勲作曲「イーハトーヴ交響曲」の中で部分的にオマージュされた)

初演[編集]

1887年3月20日パリにて作曲者指揮コンセール・ラムルー、ボルド・ペーヌ(本作の被献呈者)のピアノ独奏で初演。

編成[編集]

フルート3(うち1はピッコロ持ち替え)、オーボエ3、(うち1はコーラングレ持ち替え)、クラリネット2、バスクラリネットファゴット3、ホルン4、トランペット2、コルネット2、トロンボーン3、チューバティンパニトライアングルシンバル大太鼓ハープピアノ弦五部

構成[編集]

以下の3つの楽章から成り、30分弱の長さである。

  1. きわめて緩やかに - 中庸の速さで、生き生きと Assez lent - Modérément animé
  2. きわめて穏やかに、しかし遅くなく Assez modéré, mais sans lenteur
  3. 活き活きと Animé

参考文献[編集]