夢 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Dreams
監督 黒澤明
脚本 黒澤明
製作 黒澤久雄
井上芳男
出演者 寺尾聰
倍賞美津子
原田美枝子
根岸季衣
音楽 池辺晋一郎
撮影 斎藤孝雄
上田正治
編集 黒澤明
製作会社 黒澤プロダクション
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 日本の旗 1990年5月25日
アメリカ合衆国の旗 1990年8月24日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 日本語
製作費 $12,000,000
テンプレートを表示

』(ゆめ、英題:Dreams)は、1990年に公開された、黒澤明監督による日本アメリカの合作映画である。

解説[編集]

「日照り雨」「桃畑」「雪あらし」「トンネル」「鴉」「赤冨士」「鬼哭」「水車のある村」の8話からなるオムニバス形式。黒澤明自身が見たを元にしている[1]。各エピソードの前に、「こんな夢を見た」という文字が表示されるが、これは夏目漱石の『夢十夜』における各挿話の書き出しと同じである。

本作は現在入手可能なDVDでは、オープニングおよびクロージングのクレジットタイトルは英文字表記となっているが、日本の劇場公開時は日本語表記であった。なお、日本語版にはスティーヴン・スピルバーグ提供とクレジットされているが、英語版にはない。

アメリカのワーナー・ブラザーズが配給権を有しているために、現在国内で上映可能なプリントは東京国立近代美術館フィルムセンターに保存されている1本のみである。そのため黒澤映画の中では『デルス・ウザーラ』同様、国内でのフィルム上映の機会に恵まれない作品である。

あらすじ[編集]

日照り雨[編集]

江戸時代を思わせる屋敷の門前で、幼い私は突然の日照り雨にあう。畑仕事帰りの母から冗談交じりに「外へ出ていってはいけない。こんな日には狐の嫁入りがある。見たりすると怖いことになる」と言われるが、誘われるように林へ行くと道の向こうから花嫁行列がやってくる。

しかし、木陰で見とれている私の存在を次第次第に意識するそぶりを見せつけてくる行列に、居たたまれなくなって自宅に逃げ帰ってしまう。帰り着いた屋敷は一転して冷たく閉ざされ、門前に立つ母は武家の女然として短刀を渡し、自ら始末を付けるよう告げ、引っ込んでしまう。

閉め出された私はさまよう内に、丘の上から雨上がりの空を見上げるのだった。

桃畑[編集]

屋敷の広間で姉の雛祭りが行われている。遊びに来た姉の友人たちにお団子を運ぶが、5人来たはずなのに4人しかいない。姉におまえの勘違いだと笑われ、華やかな笑い声に戸惑って台所に逃げ出すと、裏口に同じ年頃の少女が立っている。

逃げる少女を追って裏山の畑跡に辿りつくと、そこには大勢の男女がひな壇のように居並んでいた。彼らは木霊で、桃の木を切ってしまったお前の家にはもう居られないと告げ、責める。

しかし、桃の花を見られなくなったのが哀しいと告げる私に態度を和らげ、最後の舞を披露してどこかへ去って行く。後には桃の若木が一本だけ、花を咲かせていた。

雪あらし[編集]

大学生の私は、吹雪の雪山で遭難しかけていた。3人の山仲間と共に3日間歩き続けたあげく、疲労困憊して崩れ込んだまま幻覚に襲われる。

朦朧とした意識の中、美しい雪女が現れ、誘うように問いかけてくる。「雪は暖かい、氷は熱い」と囁かれ、薄衣を被せるように深い眠りへと沈められそうになるが、危ういところで正気に返り、仲間達と山荘を目指し歩き始める。

トンネル[編集]

敗戦後、ひとり復員した陸軍将校が部下達の遺族を訪ねるべく、人気のない山道を歩いてトンネルに差し掛かると、中から奇妙な犬が走り出てきて威嚇してきた。

追われるように駆け込んだトンネルの暗闇で私は、戦死させてしまった小隊の亡霊と向き合うことになる。自らの覚悟を語り、彷徨うことの詮無さを説いて部下達を見送った私はトンネルを出るが、またあの犬が現れ、吠えかかってきた。

私はただ、戸惑うしか無かった。

[編集]

「鴉」の撮影地となった大空町メルヘンの丘

中年になった私がゴッホアルルの跳ね橋を見ていると、いつしか絵の中に入っていた。

彼はどこにいるのか。彼は「カラスのいる麦畑」にいた。苦悩するゴッホが自作の中を渡り歩く後を、私はついて行く…。

  • この章では、ショパンの「雨だれの前奏曲」が使用されている。また、台詞は英語とフランス語(日本語は字幕のみ)で演じられている。

赤冨士[編集]

大音響と紅蓮に染まった空の下、大勢の人々が逃げ惑っている。私は何があったのかわからない。足下では、疲れ切った女性と子供が座り込んで泣いている。

原子力発電所が爆発したという。愕然として見れば、赤く染まった富士山が大噴火を起こしている。赤い色は、新技術で致死性の放射性物質を、目で見えるようにしたものだった。

発電所の責任者や、着色技術を開発した科学者が絶望して自殺した後も、私は押し寄せる赤い霧を必死に素手で払いのけ続けた…。

鬼哭[編集]

霧が立ち込める溶岩荒野を歩いている私を、後ろから誰かがついてくる。見ると、1本角のである。

世界は放射能汚染で荒野と化し、かつての動植物や人間は、おどろおどろしい姿に変わり果てていた。鬼の男もかつては人間で農業を営んでいたが、価格調整のため製品を捨てた事を悔やんでいた。

変わり果てた世界で何処へ行けばいいのか惑う私は、苦しみながら死ぬこともできない鬼に『オニニ、ナリタイノカ?』と問われ、ただ逃げ出すことしか出来なかった。

水車のある村[編集]

撮影地となった大王わさび農場

私は旅先で、静かな川が流れる水車の村に着く。壊れた水車を直している老人に出会い、この村人たちが近代技術を拒み自然を大切にしていると説かれ、興味を惹かれる。

話を聞いている内に、今日は葬儀があるという。しかしそれは、華やかな祝祭としてとり行われると告げられる。

戸惑う私の耳に、賑やかな音色と謡が聞こえてくる。村人は嘆き悲しむ代わりに、良い人生を最後まで送ったことを喜び祝い、棺を取り囲んで笑顔で行進するのであった。

キャスト[編集]

括弧内は登場する話数

以下は登場話数不明

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 日本国内では出資者が見つからなかったために、スピルバーグに脚本を送り、彼がワーナー・ブラザーズへ働きかけ(圧力をかけ)たおかげで制作が実現した。
  • 黒澤は当初、合成場面は従来通り、すべて光学合成で行うつもりであったが、フランシス・フォード・コッポラの助言(「”コッポラ”と”天ぷら”食ってる時に」と黒澤本人は駄洒落を交えてうれしそうに語っていた)によりハイビジョン(デジタル)合成を本作で初めて導入している(鴉)[2]。また特殊効果にはデンフィルム・エフェクトの中野稔やジョージ・ルーカスの視覚効果特撮工房ILMも参加協力した(日照り雨、赤冨士)[2]。なお、本作で導入されたハイビジョン(デジタル)合成は『八月の狂詩曲』『まあだだよ』でも使われることになる。
  • 「日照り雨」の撮影で立てられた家の軒先のセットは、かつて黒澤が幼少期に住んでいた家を忠実に再現したものである。
  • 最後の田舎の風景は探すのに苦労したという。なお、実際に回ってる水車は数台しかなく、他は人が動かしている。宮崎駿はこの水車の美術をやりたかったと対談で語っている。
  • 本作で、黒澤が最もお気に入りだった画家ゴッホを登場させた。これまでゴッホを描いた伝記映画は何本も製作されたが、黒澤いわく「どれも画家の本質を描いていない」という。そのゴッホを演じたのは、黒澤を敬愛する映画監督のマーティン・スコセッシである。
  • 「鴉」では、撮影前から農家に依頼して鴉を飼育してもらい、撮影に臨んだ。飛び立った鴉は戻って来ないので、用意した鴉ではNGは1回しか許されない状況であったが、2度目に無事成功した。
  • 「水車のある村」の葬列には『七人の侍』で農民役だった人達や「雪女」の原田美枝子が参加している。
  • 伊崎充則建みさとは2011年の『仮面ライダーオーズ/OOO』(テレビ朝日)第21-22話で21年ぶりに共演している[3]
  • 本作の製作中、黒澤のアカデミー名誉賞の受賞が決定した。授賞式では本作の出演者、スタッフに加え黒澤の孫が一堂に会して製作された受賞祝いメッセージと黒澤の80歳の誕生日を祝うビデオが上映された。

ショパンの「雨だれ」をめぐって[編集]

「鴉」のショパンの「雨だれ」に、黒澤はウラジーミル・アシュケナージのCD演奏を使うつもりであったが、使用許可が得られなかったため、日本のピアニストにアシュケナージを真似て演奏してもらうことにした。音楽担当の池辺晋一郎が音大生に演奏してもらいましょうと提案したところ、

黒澤「学生なんかじゃダメ。もっと有名な人でないと。“中村なんとか”とかさ。」
池辺「中村紘子ですか? 中村紘子なんかにアシュケナージの真似をしてくれなんて言ったら、ひっぱたかれますよ。プロのピアニストは他人とは違う演奏をするのが仕事なんです。他人の真似をしろなんて失礼な事なんですよ。」

結局、池辺が友人であった女性ピアニストに依頼した。「アシュケナージなんか知らないわよ。」と乗り気でなかった彼女に、同席していた夫が「黒澤明といえば大したものじゃないか。そういう人と一緒に仕事をする事は、君の演奏にも何かプラスになることがあるんじゃないか?」と取りなし、引き受けてもらえた。録音時に黒澤は、池辺の前述の脅しのせいか、彼女に対し「大変無理なお願いを致しまして」と平身低頭の姿勢であったという。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「赤富士」については福武文庫版「まあだかい」( 内田百著 ) での解説 (黒澤明のインタビューを収録) のなかで「東京日記」からの着想だと発言している。
  2. ^ a b 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、334頁。ISBN 4766927060
  3. ^ 仮面ライダーオーズ/OOO 第21話 「バッタと親子と正義の味方」|東映[テレビ]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]