生きものの記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
生きものの記録
監督 黒澤明
脚本 橋本忍
小國英雄
黒澤明
製作 本木荘二郎
出演者 三船敏郎
志村喬
音楽 早坂文雄
撮影 中井朝一
編集 小畑長蔵
配給 東宝
公開 日本の旗 1955年11月22日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

生きものの記録』(いきもののきろく)は、東宝1955年に製作した映画黒澤明監督。

概要[編集]

当時35歳の三船敏郎が70歳の老人を演じたことが話題となった。音楽の早坂文雄が、ビキニ環礁での水爆実験のニュースに、「こんな時代では、安心して仕事が出来ない」ともらしたことをきっかけに制作された。早坂は、この後結核で死去したので、名コンビだった黒澤と早坂が組んだ最後の作品となった。

それまで黒澤作品において三船と共に主役級を演じてきた志村喬は、加齢のため本作を最後に主役級を退き、以後の黒澤作品では脇役及び悪役に転じていくこととなる。

あらすじ[編集]

歯科医の原田は、家庭裁判所調停委員をしている。彼はある日、変わった事件を担当した。鋳物工場を経営している中島喜一は、核兵器の脅威から逃れるためと称してブラジルに移住を計画し、そのために全財産を投げ打とうとしていた。喜一の家族は、彼を準禁治産者とする申し立てを提出した。喜一の言葉を聞いた原田は心を動かされるが、結局は申し立てを認めるしかなかった。計画を阻まれた喜一は倒れる。夜半に意識を回復した喜一は工場に放火した。精神病院に収容された喜一を原田が見舞いに行くと、喜一は明るい顔をしていた。彼は地球を脱出して別の惑星に来たと思っていたのだった。病室の窓から太陽を見て喜一は、原田に「地球が燃えとる」と叫んだ。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

逸話[編集]

題名についてクレジットには「丸岡明氏の好意による」とあるが、これは先に丸岡の同題の小説があり、丸岡がクレームを付けたためである。もっとも、題名は著作権保護の対象にはならないため、丸岡の抗議に法的根拠はない。また、丸岡の小説と本作とは内容的には何の関連性もなく、タイトルが同じというだけである。

評価[編集]

この映画のみどころは、三船敏郎演ずる老人が日本の状況に危機感を持ち行動を起こすが、日常の生活を優先する家族に締め上げられ次第に狂っていく綿密な描写にある。

『あらかじめ分かっている問題にどうして対処しようとしないのか』というのがテーマとなっている。映画監督大島渚は鉄棒で頭を殴られたような衝撃を受けたとしており[1]徳川夢声は、黒澤に対して「この映画を撮ったんだから、君はもういつ死んでもいいよ」と激賞したという。また映画評論家佐藤忠男は「黒澤作品の中でも問題作」と述べている[2]

しかし、脚本家の橋本忍の回想によると「生きる」「七人の侍」の大ヒットに続いた作品にもかかわらず、記録的な不入りで興行失敗に終わった。その原因を、脚本作りのミスと、原爆という扱いづらいテーマを取り扱ってしまったことによる、と橋本は分析している。

鈴木敏夫は本作について「震災後に改めて観ると、以前にくらべて「受け取る印象がこうも違うのか」と思いましたし、すごくリアリティがあった。黒澤っていう人は面白いなと、つくづく思いましたね。」「今観ると言いたいこともはっきりしているからすごくリアリティがあって。多くの人に、今観てほしい作品です。」「黒澤監督は、関東大震災を目の当たりにしているそうなんですね。たくさんの瓦礫と人の死が自分の記憶の底に残った、と著書に書いていて、そういう意味でも戦争や核の問題に対して敏感だったんでしょう。昔観たときは、『生きものの記録』はむしろ「喜劇映画かよ」っていう印象でしたが、震災を経ることによって、黒澤監督が作品に込めた考えが、やっと伝わってきたような気がしています。」と日本映画専門チャンネルでの岩井俊二との対談で述べている[3]

脚注[編集]

  1. ^ DVD版の冊子18頁より。
  2. ^ DVD版の冊子15頁より。
  3. ^ 「起きてほしくない未来」を描く映画 岩井俊二×鈴木敏夫対談 -インタビュー:CINRA.NET より。

外部リンク[編集]