第五福竜丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
当時の第五福竜丸

第五福竜丸第五福龍丸、だいごふくりゅうまる)は、1954年3月1日に、アメリカ軍水素爆弾実験によって発生した多量の放射性降下物(いわゆる死の灰)を浴びた、遠洋マグロ漁船船名である。無線長だった久保山愛吉 (くぼやま あいきち、1914年6月21日生まれ)がこの半年後の9月23日に死亡した。

沿革[編集]

1947年和歌山県東牟婁郡古座町(現:串本町)でカツオ漁船第七事代丸(だいななことしろまる)として進水。その後静岡県焼津市マグロ漁船に改造され、第五福竜丸(第五福龍丸)となる。

1954年3月1日に、ビキニ環礁での米軍による水爆実験「キャッスル作戦」に巻き込まれて被爆。3月14日に焼津港に帰還し、静岡大学の塩川孝信と山崎文男によって検査を受けた。3月16日の検査では船体から30m離れた場所で放射線を検出したことから、塩川は人家から離れた場所へ係留するよう指示をし、鉄条網が張られた状態で係留された。その後、文部省(現:文部科学省)が船を買い上げ、8月に東京水産大学(現:東京海洋大学)品川岸壁に移される。

この後さらに検査と放射能除去が行われた後に三重県伊勢市大湊町の強力造船所(現:株式会社ゴーリキ)[1]で改造され、東京水産大学の練習船はやぶさ丸となる。この時代の母港は千葉県館山市

1967年に老朽化により廃船となり、使用可能な部品が抜き取られた後に東京都江東区夢の島の隣の第十五号埋立地に打ち捨てられるが、同年、東京都職員らによって再発見されると保存運動が起こり、現在は東京都によって夢の島公園の「第五福竜丸展示館」に永久展示されている。

心臓部であるエンジン部分は廃船時に船体から切り離されて貨物船「第三千代川丸」に搭載されていたが、この貨物船は1968年に航海途上の三重県熊野灘沖で座礁、沈没した。その28年後の1996年12月、民間有志(「第五福竜丸エンジンを東京・夢の島へ」和歌山県民・東京都民運動)によって海底から引き揚げられ、第五福竜丸展示館の脇に展示された。

  • 総トン数 - 140.86t
  • 全長 - 28.56m
  • 幅 - 5.9m
  • 馬力 - 250
  • 速力 - 5ノット

被爆事件[編集]

キャッスル作戦・ブラボー(ビキニ環礁)

1954年3月1日、第五福竜丸はマーシャル諸島近海において操業中にビキニ環礁でアメリカ軍により行われた水爆実験(キャッスル作戦・ブラボー (BRAVO) 、1954年3月1日3時42分実施)に遭遇し、船体・船員・捕獲した魚類が放射性降下物に被爆した[2]。実験当時、第五福竜丸はアメリカが設定した危険水域の外で操業していた。危険を察知して海域からの脱出を図ったが、延縄の収容に時間がかかり、数時間に渡って放射性降下物の降灰を受け続けることとなり、第五福竜丸の船員23名は全員被爆した。後にアメリカは危険水域を拡大、第五福竜丸以外にも危険区域内で多くの漁船が操業していたことが明らかとなった。この水爆実験で放射性降下物を浴びた漁船は数百隻にのぼるとみられ、被爆者は2万人を越えるとみられている。

予想以上に深刻な被害が発生した原因は、当初アメリカ軍がこの爆弾の威力を4 - 8Mtと見積もり、危険区域を狭く設定したことにある。爆弾の実際の威力はその予想を遥かに超える15Mtであった為、安全区域にいたはずの多くの人々が被爆することとなった。

第五福竜丸がアメリカ軍による水爆実験に巻き込まれて被爆した出来事は、日本国内で反核運動が萌芽する動機になった(→被爆の影響)。反核運動が反米運動へと転化することを恐れたアメリカ政府は、日本政府との間で被爆者補償の交渉を急いだ。一方の日本政府も、復興のためにアメリカ経済に依存せざるを得ない状況であり、かつ平和的利用の為に原子力技術をアメリカから導入できる可能性も出てきた時期でもあったことからアメリカを刺激したくないという思惑もあった[3]。結果、両者は「日本政府はアメリカ政府の責任を追及しない」確約のもと、事件の決着を図った。1955年に200万ドルが支払われたが、連合国による占領からの主権回復後間もなかったこともあり、賠償金でなく「好意による(ex gratia)」見舞金として支払われた。また事件が一般に報道されると、焼津では「放射能マグロ」による風評被害が発生した。

久保山愛吉(死の直前)
久保山の訃報に泣き崩れる妻と母
久保山の死に際し、「もう何も言えません」と語る主治医の熊取敏之(東京大学医学部教授、国立東京第一病院、左)と、それを支える三好和夫(徳島大学医学部教授、右)

これに対してアメリカ政府は、第五福竜丸の被爆を矮小化するために、4月22日の時点でアメリカの国家安全保障会議作戦調整委員会英語版 (OCB) は「水爆や関連する開発への日本人の好ましくない態度を相殺するためのアメリカ政府の行動リスト」を起草し、科学的対策として「日本人患者の発病の原因は、放射能よりもむしろサンゴの塵の化学的影響とする」と嘘の内容を明記し、「放射線の影響を受けた日本の漁師が死んだ場合、日米合同の病理解剖や死因についての共同声明の発表の準備も含め、非常事態対策案を練る」と決めていた。実際、同年9月に久保山無線長が死亡した際に、日本人医師団は死因を「放射能症」と発表したが、アメリカ政府は現在まで「放射線が直接の原因ではない」との見解を取り続けており[4]、またこの件に対する明確な謝罪も行っていない。

米公文書が放射能が直接の原因ではないとの見解を出している理由は、そもそも、久保山無線長の死因の直接原因は重度の急性肝機能障害であること、日本医師団が診断した放射能症(放射線障害)の主な症状は白血球や血小板と言った血球数の減少、小腸からの出血、脱毛等で、肝機能障害は放射線障害特有の特徴的症状ではないこと、被曝が原因で肝機能障害が起きたなら、同様に被曝したはずのマーシャルの被曝者にも多数の肝機能障害を起こした被曝患者が居るはずであるが、実際はマーシャルの被爆者に重度の肝機能障害の患者は全く発生せず、第五福竜丸の被災者17名でのみ発生し、治療中の死亡に至っては久保山無線長のみだからである。

重度の肝機能障害を起こす肝炎、肝癌、肝硬変の原因因子はそのほとんどが肝炎ウイルスの感染であり、アルコールやNASHは肝癌、肝硬変の原因としては全体から見れば少数派であり、放射線被曝での発症率はアルコールよりも低く放射線被曝が原因での肝炎肝癌発症の症例ほぼ皆無である。また、事件当時は医療器具、特に注射針に関してはディスポは殆ど行われず、消毒して使い回しされることもしばしばであり、各種法定予防ワクチンの集団接種で使い回しされた注射針が原因でB型肝炎ウィルス感染が引き起こされ集団訴訟になったのは周知の事実である。第五福竜丸乗組員17名が重度の肝機能障害を引き起こした原因は、ウィルス感染した売血による輸血であるという指摘も存在する[5]

第五福竜丸被爆者22名の事故後の健康状態調査は、放射線医学総合研究所により長期継続的に行われている。また、2004年度の明石真言博士らの研究所報告によれば、2004年までに12名が死亡、その内訳は、肝癌6名、肝硬変2名、肝線維症1名、大腸癌1名、心不全1名、交通事故1名である。また、生存者の多くには肝機能障害があり、肝炎ウィルス検査では、A,B,C型とも陽性率が異常に高い。

第五福竜丸は被爆後、救難信号 (SOS) を発することなく他の数百隻の漁船同様に自力で焼津漁港に帰港した。これは、船員が実験海域での被爆の事実を隠蔽しようとする米軍に撃沈されることを恐れていたためであるともいわれている[6]

被爆の影響[編集]

焼津の漁船・第五福竜丸の水爆実験による被爆は、長崎への原爆投下に次ぐ「日本を巻き込んだ第三の原子力災害」となり、日本は原子爆弾水素爆弾の両方の兵器による原子力災害(被爆被曝)を経験した国となった。

そして、第五福竜丸の被爆、特に久保山愛吉無線長(当時40歳)が「原水爆による犠牲者は、私で最後にして欲しい」と遺言して死んだ出来事(1954年9月23日)は、日本で反核運動が始まる動機になった。東京都杉並区の主婦による反核運動や、1955年に設立された原水禁に代表される反米色が強い反核兵器運動も、この第五福竜丸の被爆が動機である。

第五福竜丸の被爆により、焼津や東京では「汚染マグロ」が大量廃棄され築地市場内に埋め立てられ、築地市場には「原爆マグロ塚」が建てられた[7]。また、第五福竜丸が浴びた放射性物質とその被害は、「ゴジラ」が制作される動機にもなった。

汚染マグロは、第五福竜丸以外の太平洋上で漁をしている漁船でもあったが、アメリカ政府からの見舞金は第五福竜丸だけに支払われ、当時としては破格の金額一人当たり200万円だったために他の漁船からのやっかみがあり、また放射能が伝染すると間違った情報で、第五福竜丸乗組員は将来の病気の恐怖を抱えながら焼津と漁師の仕事を離れなければならなかった。[8]

厚生労働省は他の漁船では船体と漁獲物のみ放射能を測定し乗組員を測った記録はないとしてきたが、外務省を通じてアメリカに提供したデータには乗組員の被爆の記録もあった事から、外務省に情報公開を求めたところ見つかった。[9]

第五福竜丸を主題とした作品[編集]

  • 第五福竜丸』:事件の5年後の1959年新藤兼人監督によって同名の映画が作られ、事件の半年後に死亡した久保山愛吉を宇野重吉が演じた。
  • ベン・シャーンにより同船を主題とした連作絵画『ラッキードラゴン』が描かれている。
  • 岡本太郎作「明日の神話
  • ベン・シャーンの連作絵画『ラッキードラゴン』などを用いた創作絵本『ここが家だ-ベン・シャーンの第五福竜丸』
    絵=ベン・シャーン、構成・文=アーサー・ビナード(中原中也賞受賞の、米国生まれの日本語詩人)
  • NHK・特集ドキュメンタリー「廃船」1969年3月22日放送。東京・夢の島に打ち捨てられた第五福竜丸と、乗組員のその後を追う。
  • ヘルベルト・アイメルト(Herbert Eimert) 久保山愛吉のための墓碑銘 Epitaph für Aikichi Kuboyama(朗読を伴う電子音楽作品)
  • 『おーい、まっしろぶね』山口勇子作・童心社:第五福竜丸を題材にした、子供向けの反核童話絵本。
  • 『わすれないで-第五福竜丸ものがたり』赤坂三好、金の星社:第五福竜丸事件を題材にした子供向けの絵本。大人向けの解説と資料も詳しい。
  • 「ラッキードラゴン〜第五福竜丸の記憶」 福島弘和:ベン・シャーンのラッキードラゴンから受けた印象を元に創られた福島弘和の吹奏楽曲。春日部共栄高等学校吹奏楽部委嘱作品。
  • 日本テレビ・NNNドキュメント「放射線を浴びたX年後 ビキニ水爆実験、そして…」(制作:南海放送、2012年1月29日放送)[10]
  • トビウオのぼうやはびょうきです - いぬいとみこ・著、 津田櫓冬・絵 金の星社 1982年刊行の絵本。および同名のアニメ映画。
    擬人化されたトビウオの子供と魚たちが主人公。結末では第五福竜丸の事故が語られ、死の灰により魚たちは皆死に、トビウオのぼうやも原爆症に苦しむ。アニメではトビウオが海上を飛ぶ時に写実的な画風に変化する演出がある。教育映画として小学校での回覧上映もされた。
  • NHK 金とく「証言ビキニ事件」(2014年3月14日20時愛知県、三重県、静岡県、富山県放送)[11]
  • 水爆実験 60年目の真実~ヒロシマが迫る"埋もれた被ばく"~ - NHKスペシャル(2014年8月6日22:00放送)。

脚注[編集]

  1. ^ 第五福竜丸の航跡をたどる『廃船』を観る会 6月10日 - 東京都立第五福竜丸展示館
  2. ^ 原水爆に限らず爆弾などの爆発に直接晒されることを「被爆」、放射線に曝(さら)されることを「被曝」という。東京都立第五福竜丸展示館での表記は「被爆」のため、本項目ではこの記載に統一する。
  3. ^ 「原子力発電を考える(第17回)電力事業の歴史を追う――第五福竜丸事件と反核運動の成立」、松浦晋也、日経PC Online、2013年3月13日閲覧
  4. ^ 毎日新聞2005年7月23日「第五福竜丸:『発症原因は放射能ではない』米公文書で判明」
  5. ^ 高田純 『福島 嘘と真実』 医療科学社 78 - 79頁
  6. ^ 絵本『ここが家だ ベン・シャーンの第五福竜丸』の記述による。背景には、当時の日本漁船乗組員の中には久保山を始めとして太平洋戦争徴用され、戦場での体験が豊富な者が多かったため、米軍側が水爆実験の詳細を隠すために第五福竜丸を拿捕・撃沈する可能性が高いと判断したものとされる。乗組員らが監修した、映画『第五福竜丸』でも、無電を使わない理由として言及するシーンがある。
  7. ^ 近年の都営地下鉄大江戸線の建設工事では、「このマグロが出土するのでは」と話題になった
  8. ^ 金とく 証言ビキニ事件
  9. ^ * 水爆実験 60年目の真実~ヒロシマが迫る"埋もれた被ばく"~ - NHKスペシャル(2014年8月6日22:00放送)
  10. ^ 放射線を浴びたX年後 ビキニ水爆実験、そして・・・ - 日本テレビ NNNドキュメント 2012年1月29日(日)/55分枠 24:50~
     ワイド視聴室:NNNドキュメント’12「放射線を浴びたX年後」 - 毎日新聞 2012年1月28日 東京夕刊
  11. ^ 金とく 証言ビキニ事件

関連項目[編集]

第五福竜丸関連
日本を巻き込んだ原子力災害

外部リンク[編集]