エドウィン・O・ライシャワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドウィン・O・ライシャワー
Edwin O. Reischauer
生誕 1910年10月15日
日本の旗 日本 東京府東京市芝区白金台町
死没 1990年9月1日(満79歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 アドリエン、松方ハル
研究分野 東洋史
学位 東洋史
テンプレートを表示

エドウィン・オールドファザー・ライシャワー英語: Edwin Oldfather Reischauer, 1910年10月15日 - 1990年9月1日)は、アメリカ合衆国東洋史研究者である。ハーバード大学教授。1955年昭和30年)から1963年(昭和38年)までハーバード燕京研究所所長、1961年(昭和36年)から1966年(昭和41年)まで、駐日アメリカ大使を務めた。大使退任後はハーバード大学日本研究所所長として歴史に限らず日本研究を推し進め、後進の指導にも尽力した。その功績から同研究所は1985年(昭和60年)にライシャワー日本研究所と改称されている。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

明治学院

1910年明治43年)10月15日キリスト教長老派教会宣教師で、東京女子大学創立にも関わったオーガスト・カール・ライシャワーの次男として東京府東京市芝区白金台町(現在の東京都港区白金台)の明治学院内宣教師住宅で生まれる。ライシャワー家はオーストリア系の移民で、祖父は南北戦争で北軍に従軍し父は宣教師として日本に派遣された[1]。なお、生家は現在東京都東村山市にある、明治学院東村山高等学校明治学院中学校の敷地内に移築して残されている。

多くの在京アメリカ人子弟と同じく小学校・中学校と当時築地にあったアメリカ人向けナショナルスクールアメリカンスクール・イン・ジャパン(ASIJ)で学ぶ。兄弟ともに、日本生まれであったことから「ボーン・イン・ジャパン(BIJ)」と呼ばれており、後に自らのことを「たまたま日本に生まれたアメリカ人」であると語っている。

なお、ライシャワーは日本生まれでこそあるものの、当時の多くの在京アメリカ人子弟と同じく、父親の知人や使用人、軽井沢の別荘で知り合った上流階級の子弟以外の日本人との深い交流はほとんどないまま過ごすこととなった。なおこの頃のテニス仲間に、その後「赤狩り」で共産主義者の疑惑をかけられて(実際に共産主義者であった)自殺に追い込まれたカナダ人外交官のエドガートン・ハーバート・ノーマンがいた。

1923年大正12年)の関東大震災は軽井沢で経験し、震災後は家族や日本人、諸外国人の別荘仲間らとともに、軽井沢駅で軽井沢に疎開してきた被災者に対するボランティア活動を行った。

ハーバード大学講師[編集]

1927年昭和2年)に当時アメリカでも珍しかった帰国子女としてアメリカに戻り、オバーリン大学に入学、「1860年以前の日米関係」という論文を残す。オバーリン大学を卒業後は、ハーバード大学文理学部の大学院に進学する。1981年(昭和56年)4月22日のハーバード大学での最終講義では「私がここに始めて来たとき、東アジア研究に興味を持っていた大学院生は二人しかいなかった。私と兄だ」と往時を回顧している[2]

ハーバード大学燕京研究所

1933年(昭和8年)には、ハーバード燕京研究所所長で当時数少ない日本文学者であったセルゲイ・エリセーエフより、フランスと日本・中国で研修を行った後、エリセーエフが設立を計画している極東言語学部において日本語の講師として教鞭を取ることを依頼される。同年パリにある国立現代東洋語学校へ向かい、日本語中国語を学んだ。このヨーロッパ留学中に、オランダオーストリアドイツチェコスロヴァキア等を旅し、ドイツでは、レーム事件の現場に居合わせている。このヨーロッパ旅行中、オーストリアのザルツブルクを訪れた際に、丘の上の古城から見たザルツブルクの風景が、日本の城下町に似ている事に気付き、日本とヨーロッパの歴史の類似性、及び、日本の近代化における封建時代の重要性に気がついたと、後年、回想している。(NHK『日本への自叙伝』)1935年(昭和10年)には日本へと移る

日本への帰国後は東京帝国大学文学部の初の外国人特別研究生となり、同年7月にはパリ大学の学生だったアドリエン(Adrienne Darnton)と東京で結婚した。その後京都帝国大学文学部国史学科の特別研究生となり、円仁の日記の翻訳などを手がけた。1938年(昭和13年)には京城に3ヶ月滞在し、ジョージ・M・マッキューンとともに朝鮮語ローマ字の表記として有名になる「マッキューン=ライシャワー式」を考案した。

その後日中戦争最中の1937年(昭和12年)11月に北京へ向かい、燕京大学で研究活動を行う傍ら中国文化院で中国語を学んだ。これに先立つ8月には、研修のため日本と中国を訪れた、実兄でプリンストン大学教授のロバート・カール・ライシャワー博士(Dr. Robert Karl Reischauer)(1907-37)が、訪問先の上海中華民国国軍機の誤爆を受け死亡した(国民党軍機による上海空爆)。1938年(昭和13年)にはハーバード大学に戻り、日本語と中国語の講師となり、1939年(昭和14年)には『入唐求法巡礼行記』の研究で博士号を授与された。

第二次世界大戦前後[編集]

1941年(昭和16年)には国務省の依頼を受けて極東課で数か月間働き、その後再びハーバード大学に戻るものの、同年12月の第二次世界大戦へのアメリカの参戦、日本との開戦後の1942年(昭和17年)にはアメリカ陸軍通信隊の依頼で日本語の翻訳と暗号解読のための学校の設立を行うことになる。さらに翌1943年(昭和18年)には、アメリカ陸軍の参謀部情報に少佐として入隊し、日本軍の暗号解読や心理戦などの対日情報戦に従事する。

第二次世界大戦終結後の1945年(昭和20年)11月には中佐として陸軍を除隊して、国務省の外交諮問委員会の極東小委員会の委員となり、天皇制の将来に対する政策や、日本の支配から離れることになった朝鮮半島に対する政策立案などを担当する。

ハーバード大学極東学会会長[編集]

1946年(昭和21年)にはハーバード大学に戻り、極東学会の副会長、会長を歴任する。なお、ハーバード大学時代の教え子にはジミー・カーター政権の国家安全保障問題担当大統領補佐官を務めたズビグネフ・ブレジンスキーらがいた。また、1948年(昭和23年)には人文科学顧問団の一員として再び連合国の占領下の日本へと戻り、ダグラス・マッカーサーと会談した。

なお、1950年代前半にアメリカを襲った「赤狩り」旋風では、ハーバード大学の同僚である上記のノーマンや都留重人らがターゲットとなったが、この2人のようにイデオロギー的に偏りがない上に、中国史研究者であったものの、国務省では日本や朝鮮の政策にのみかかわっていたこともあり難を逃れた。

松方ハルと再婚[編集]

ライシャワー夫妻

1955年(昭和30年)にアドリエンが3人の子供を残し急逝し、1956年(昭和31年)には、明治時代の元勲松方正義と、生糸貿易の先駆者で元横浜生糸会社会長の新井領一郎の孫、さらにアメリカンスクール・イン・ジャパンの後輩である松方ハル (1915年8月6日 - 1998年9月23日)と日本において再婚する。この年にハーバード大学燕京研究所所長となった(1963年まで)[3]。1958年にはノーベル文学賞候補として谷崎潤一郎を推薦していたことが、2009年にノーベル財団への資料公開請求をおこなった朝日新聞の報道により明らかにされている[4]

駐日大使[編集]

就任[編集]

吉田茂元首相

日米間に大きな亀裂を残した安保闘争直後の1960年(昭和35年)夏に、ハーバード大学燕京研究所所長として日本を訪れたライシャワーは、「損なわれた対話(Broken Dialogue)」と題した論文を外交専門雑誌『フォーリン・アフェアーズ』1960年10月号に発表し、「アメリカをはじめとする西側諸国は、日本の政府(閣僚や与党議員)や財界の指導者層だけでなく、野党や右翼、左翼活動家、知識人とも異端視することなく対話を重ね、日本の主流から外れた人々の実態や抱える不満を把握するべきである」と主張した。

この論文が当時就任して間もないジョン・F・ケネディ政権の国務次官であるチェスター・ボールズの補佐官のジェームス・C・トムソン・ジュニアの目にとまり、駐日大使への就任要請につながったと言われる。

ジョン・F・ケネディ大統領からの大使就任要請を受諾したライシャワーは、1961年(昭和36年)4月には駐日アメリカ特命全権大使として東京に赴任し、「日本生まれのアメリカ大使」として日本人の妻とともに日本国民から人気を博す。

日米パートナーシップ[編集]

出生や家族といった側面だけでなく、ライシャワーは上記の論文で主張した日本の多くの層との対話を実行に移し、全国に妻とともに積極的に出向き、市民との対話を演出したほか、昭和天皇などの皇族や、池田勇人佐藤栄作などの現職の首相や、吉田茂岸信介などの元首相などの与党リーダー層のみならず、社会党などの左派野党議員や石坂泰三などの経済人、池田大作などの宗教関係者や左派を含む労働組合関係者とも積極的に会談を行うなど、アメリカ本国のケネディ政権と協調して日米政府間の対等をアピールすることで、「日米パートナーシップ」、「ケネディ=ライシャワー路線」と称される日米蜜月時代を演出しようとした。

また、冷戦下においてこれまで大使館とは微妙な関係を保っていた在日アメリカ軍との関係改善にも臨み、在日アメリカ軍司令官や太平洋軍司令官、そして沖縄琉球列島高等弁務官などとも緊密な関係を取り続けた。さらに、日本を訪問したアヴェレル・ハリマンリチャード・ニクソンロバート・ケネディなどの政界関係者と日本の政財界人との間をつなぐだけでなく、彼らに対して同盟国の日本との関係の重要性を理解させるように努めた。

なお、ライシャワーは駐日大使在任中にほぼすべての都道府県を訪問した他、妻のハルも女性団体やその他各種団体などとの会合に積極的に出席するなど、市民との接触も積極的に行い、その活動は数多くのマスコミで大きく報道された。

しかし、1963年(昭和38年)11月のケネディの暗殺後にリンドン・B・ジョンソン政権に代わった頃以降には、皮肉にも自らを抜擢したケネディ政権が始めたアメリカのベトナム戦争政策を起因とする日本人の反米感情の高まりへの対処に苦慮することとなる。

「ライシャワー事件」[編集]

1964年(昭和39年)3月にアメリカ大使館門前で統合失調症患者にナイフで大腿を刺され重傷を負った。この時に輸血を受け「これで私の体の中に日本人の血が流れることになりました」と発言し多くの日本人から賞賛を浴びたが、この輸血が元で肝炎に罹る[5] 。その後、これがきっかけになり売血問題がクローズアップされ、その後日本において輸血用血液は献血により調達されることになる。この事件は「ライシャワー事件」と呼ばれ、精神衛生法改正や輸血用血液の売血廃止など、日本の医療制度に大きな影響を与えた。

その後3ヶ月の入院を経て回復し退院し(その後ハワイ州ホノルルの病院に再入院した)一時は辞任を考えたものの、「今退任し帰国すれば日本人は事件の責任を感じてしまうだろう」と考え留任することを決め、その後も駐日大使として活躍した。

辞任[編集]

しかし、ベトナム戦争が本格化し日本人の対米感情が悪化しつつあった上に、ベトナム情勢に対する本国の政策に違和感を覚え、1966年(昭和41年)7月にワシントンD.C.に帰国した際にジョンソン大統領に辞任の意向を伝えた。ジョンソン大統領からは極東問題担当の国務次官への就任を依頼されたが拒否し、同年7月25日に辞任を発表、8月19日東京国際空港から帰国した。

帰国後[編集]

大使を辞任して帰国後、ハーバード大学教授に帰任、南ベトナムへの干渉や中華人民共和国の承認、沖縄返還、対韓国政策の再考などに関し精力的に発言[2]し、さらに日本を始めとする極東問題の専門家として歴代政権やヘンリー・キッシンジャー、教え子のズビグネフ・ブレジンスキーなどのアメリカの外交関係者、さらに中曽根康弘首相や韓国の野党指導者の金大中(その後大統領)に対しても様々な助言を行った。また、佐藤栄作のノーベル平和賞受賞に際しては、佐藤の受賞の推薦文を記述した。

なお、1973年(昭和48年)にハーバード大学日本研究所所長に就任した他、同大学の東アジア研究評議会理事、OECD理事やアジア基金理事など数多くの役職を務め、日本及びアジア研究者として日米間を緊密に往復しつつ活躍した。

1964年(昭和39年)には上記の襲撃事件により肝炎に罹患、大使退任後も度々の発症に悩まされていた上、1975年(昭和50年)2月には脳卒中に見舞われたほか、1983年(昭和58年)には脳内出血にも見舞われた。しかしその後回復を見せ、1980年(昭和55年)10月に定年で退職するまでハーバード大学日本研究所などで活躍したほか、その後も多数の著書を出し続けた。なお、ハーバード大学日本研究所は、ライシャワー退職後の1985年(昭和60年)にライシャワーの業績をたたえて「ハーバード大学ライシャワー日本研究所(RIJS)」と改称された。1988年(昭和63年)には、公式訪米中の皇太子明仁親王・同妃美智子がライシャワー邸に滞在した。

死去[編集]

1990年平成2年)には、襲撃事件とその後の輸血以降ライシャワーの持病となった肝炎が悪化し、延命治療を拒否し79年の生涯に自らの意思で幕を下ろした。遺灰は、「日本とアメリカの架け橋になりたい」との遺言により太平洋に撒かれた。

逸話[編集]

京都の爆撃回避について[編集]

戦後に西ドイツで書かれた『千の太陽より明るく』という題名の本の中に、「ライシャワーが第二次世界大戦中にアメリカ陸軍で対日情報戦の専門家として働いていた頃、ある時アメリカ陸軍航空隊による日本の主要都市の爆撃リストを受け取る。そしてその中に、数々の名所、旧跡を持つ古都である(と同時に西日本の交通の要衝でもある)京都の名前があり、そのあまりの無知、無軌道さに愕然としたという。ショックのあまりに自分の上司のオフィスに駆け込み大粒の涙をこぼしながら上司に京都を爆撃リストから外す事を必死に頼み込んだという。ライシャワーの必死の説得に心を打たれた上司は、陸軍長官ヘンリー・スティムソンに事情を説明する。そのスティムソンもまた、自分のハネムーンで京都を訪れて以来日本に感銘を受け、京都をリストから除外する事に尽力。日本の文化遺産、古都である京都はアメリカ軍機による爆撃を免れ今日までその文化遺産を伝えている」という逸話がある。

しかし、ライシャワーはこの逸話の存在を自伝『ライシャワー自伝』内で完全に否定している[6]上に、吉田守男によれば、京都が空襲を受けなかったのはそのような理由ではなく、京都は広島長崎に次ぐ第3の原爆投下予定地の1つであったことが明らかにされている[7]。京都は当時、日本陸軍第16師団衛戍地である上、大阪神戸などの大都市に抜ける交通の要所として、燃料石炭鉄鉱石石灰石などを運ぶ非常に重要な役割を果たしており、しかも三菱島津製作所の軍需工場などが多数存在するという「軍事都市」としての位置づけもあり、当然のごとく戦略目標であった。また京都府には日本に数少ないニッケル鉱山である大江山タングステンの鉱山を多数を抱えていた。

したがって、京都が戦災を免れたのは多分に偶然と結果の産物であるというのが現在主流となっており、「京都は古都だから無傷だったのではなく、原爆投下対象都市だったために原爆の破壊力を測定するために無傷にしておくように命令が出ていた」という意見や、ライシャワーが上記の自伝に記したように「1920年代に京都を2度訪問した当時のヘンリー・スティムソン陸軍長官の功労である」という意見などがある。

ベトナム戦争報道をめぐって[編集]

1965年秋、毎日新聞は西側のメディアとして初めて、ベトナム戦争下の当時の北ベトナムの取材をおこなった。その中で10月3日朝刊に当時の外信部長だった大森実が自ら取材・執筆した「米軍が北ベトナム・クインラップにあるハンセン病病院を爆撃したことは、北ベトナムの記録映画から見て事実である」という報道に対し、記者会見で「全く事実に反している」と大森を名指しする形で批判した。大森はこの報道が遠因となって毎日新聞を退社した。しかし、当時ライシャワーの特別補佐官だったジョージ・パッカードによると、ライシャワーはハノイの情勢を十分把握した上でこの発言をおこなったわけではなく、後年「私の外交官人生で最悪の間違いだった」と語って大森に謝罪したいと生涯考えていたという[8]

「ライシャワー発言」[編集]

1981年(昭和56年)に毎日新聞古森義久記者の取材に対して「日米間の了解の下で、アメリカ海軍の艦船が核兵器を積んだまま日本の基地に寄港していた」と発言したことを受け、「非核三原則」違反を元アメリカ大使が認めたとして日本国内で騒動になった。「核兵器搭載艦船は日本寄港の際にわざわざ兵器を降ろしたりしない」の「ラロック証言」と並び有名な「ライシャワー発言」である。

なお、後の1999年(平成11年)には、日本の大学教授がアメリカの外交文書の中に「1963年にライシャワーが当時の大平正芳外務大臣との間で、日本国内の基地への核兵器の持ち込みを了承した」という内容の国務省と大使館の間で取り交わされた通信記録を発見し、この発言を裏付けることになった。

この様に当時のアメリカ大使が日本への核持ち込みを認め、その後大学教授が当時の外相とアメリカ大使の間で核持ち込みについて了承を行ったことを証明したのにもかかわらず、当時の自由民主党政権はその事実を認めることはなかった。2009年(平成21年)8月に衆議院選挙に勝利して与党となった民主党鳩山政権岡田克也外務大臣は、就任後にこれを「日米核持ち込み問題」として問題視し、調査を行い同年11月末を目途に公開するよう外務省に命令した。

他にも、沖縄返還直前の1967年、「沖縄の部隊をそっくりグアムに移転させることは可能、費用は総額30億から40億ドル」と発言している。この直後、在沖米軍の“抑止力”を信奉し続ける日本は基地を撤退させない方針となったことが、2011年2月に公開された日本側外交文書で明らかになった[9]

その他[編集]

  • 日本語の会話能力は高かったにもかかわらず、駐日アメリカ大使として表に出る際には、アメリカの外交官として決して日本語を使わず、必ず通訳の西山千を通じて話していた。なお、ライシャワーに限らず、大使や閣僚などの公人は外国語を公の場では口にせず通訳を介するのが通常である。
  • 『ライシャワー自伝』などの複数の著書の中で、第二次世界大戦後に制定された日本国憲法について「日本人自身によって制定されたものではなかった」、「アメリカを中心とした連合国によって作られ制定させられた」と書いている。

受章[編集]

研究事績[編集]

自著(抜粋)[編集]

  • Ennin's Travels in T'ang China, Ronald Press Company, 1955.
    • 『世界史上の円仁―唐代中国への旅』 実業之日本社、1963年/講談社学術文庫、1999年
  • Wanted: an Asian policy Knopf, 1955.
    • 『転機にたつアジア政策』 一橋書房、1957年。
  • The United States and Japan, Viking Press, 1965, 3rd ed.
    • 『ライシャワーの見た日本』 徳間書店、1967年/徳間文庫、1991年
  • Beyond Vietnam: the United States and Asia, Vintage Books, 1967.
    • 『ベトナムを越えて』 新潮社<新潮選書>、1968年。
  • The Japanese, Belknap Press, 1977.
    • 『ザ・ジャパニーズ』 文藝春秋、1979年。
  • Japan The Story of a Nation, C.E. Tuttle, 1978, 3rd ed./
    • 『ライシャワーの日本史』 文藝春秋、1986年/講談社学術文庫、2001年。
  • My Life Between Japan and America, Harper&Row, 1986.
    • 『ライシャワー自伝』 文藝春秋、1987年。
  • 『日本への自叙伝』 NHK取材班構成・編、日本放送出版協会、1982年。
  • 『日本近代の新しい見方』 講談社現代新書

翻訳[編集]

  • Ennin's Diary: The Record of a Pilgrimage to China in Search of the Law, Ronald Press Company, 1955.
    • 円仁 『入唐求法巡礼行記』の研究英訳

共著[編集]

伝記[編集]

  • ジョージ・パッカード 『ライシャワーの昭和史』 森山尚美訳、講談社、2009年11月 著者は大使時代の特別補佐官
  • 上坂冬子 『ハル・ライシャワー』 講談社 1994年、講談社+α文庫 1999年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FMK EVENING JOURNAL
  2. ^ a b (英語) Chapin, Emerson. "Edwin Reischauer, Diplomat and Scholar, Dies at 79," New York Times. September 2, 1990.
  3. ^ History of The Harvard-Yenching Institute, ハーバード燕京研究所.
  4. ^ 「谷崎潤一郎、58年ノーベル賞候補 三島由紀夫が推薦状」朝日新聞2009年9月23日。他の推薦者はパール・バックドナルド・キーン三島由紀夫ら4人で、最終選考より一段階前の41人に含まれていた。
  5. ^ 『十九歳・テロルの季節 ライシャワー米駐日大使刺傷事件』(岡村青、現代書館、1989年)を参照。
  6. ^ 『ライシャワー自伝』P.160 エドウィン・O・ライシャワー著 文藝春秋刊 1987年
  7. ^ 吉田守男 『日本の古都はなぜ空襲を免れたか』ISBN 402261353X
  8. ^ 「北ベトナム 大森実氏の病院爆撃報道 45年癒えぬ傷」毎日新聞2011年2月28日6面
  9. ^ 社説「沖縄密約公開/戦略なき外交を露呈 「抑止力」の呪縛と決別を」 琉球新報2011年2月20日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]