ウィリアム・リチャーズ・キャッスル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・リチャーズ・キャッスルJr.(William Richards Castle, Jr.、1878年6月19日 - 1963年10月13日)は、アメリカ合衆国政治家外交官

生涯[編集]

1878年6月19日、キャッスルはハワイ王国ホノルルにおいて、ウィリアム・リチャーズ・キャッスル (William Richards Castle, 1849-1935) とアイダ・ビアトリス・ロウリー (Ida Beatrice Lowrey, 1854-1926) の長子として誕生した[1]

キャッスルは1900年ハーバード大学を卒業した。キャッスルは大学卒業後も英語の講師としてハーバード大学に残り、学部長の補佐として新入生の管理および卒業論文集の編纂を担当した[2]

第一次世界大戦が開戦すると、キャッスルはワシントンD.C.に移り、捕虜の治療や海外での失踪者の捜索を行うため、アメリカ赤十字社の事務局を開いた。キャッスルは通信部長として、部下とともに1日あたり1万文字の情報を処理した[2]

1919年、キャッスルは国務次官フランク・ライアン・ポークによって国務省に招待され、企画起草の取締りを任された。キャッスルは西ヨーロッパ担当部で副部長を務め、後に部長に昇格した[2]

1927年、キャッスルはその能力を評価され、ハーバート・フーヴァー大統領から国務次官補に任命された[3]1929年12月、フーヴァー大統領はロンドン海軍軍縮会議日本との交渉を進めるため、キャッスルを駐日大使に任命した。キャッスルはおよそ5ヶ月にわたって東京に滞在し、日本の合意締結に大きく寄与した[4]。キャッスルは帰国後の1930年6月、再び国務次官補に就任した[3]

1931年4月、キャッスルはフーヴァー大統領から国務次官に任命された。キャッスルはフーヴァー大統領の任期満了となる1933年3月まで国務次官を務めた[5]

1963年10月13日、キャッスルはワシントンD.C.において死去した[6]

参考文献[編集]

  1. ^ RootsWeb.com - Marshall Family
  2. ^ a b c Time Magazine - Apr. 13, 1931
  3. ^ a b U.S. Department of State - Assistant Secretary of State
  4. ^ U.S. Department of State - Chiefs of Mission: Estonia
  5. ^ U.S. Department of State - Under Secretary of State
  6. ^ RootsWeb.com - The Holt Family Achieves
公職
先代:
ジョセフ・コットン
アメリカ合衆国国務次官
1931年4月2日 - 1933年3月5日
次代:
ウィリアム・フィリップス