チャールズ・ビーチャー・ウォーレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャールズ・ビーチャー・ウォーレン

チャールズ・ビーチャー・ウォーレン(Charles Beecher Warren, 1870年4月10日 - 1936年2月3日)は、アメリカ合衆国外交官政治家

生い立ちと第一次世界大戦[編集]

ウォーレンは1870年4月10日ミシガン州ベイシティにおいて誕生した。第一次世界大戦中はアメリカ陸軍に所属し、法務総監部のスタッフとして勤務した。終戦時には中佐の地位に就いており、陸軍殊勲章を授与された[1]

ウォーレンは1908年1912年1916年にミシガン州の代表代理として共和党全国大会に出席した。また1924年1928年1932年には正規の代表として同大会に出席した。

駐日大使に[編集]

ウォーレンは1921年から1922年まで駐日大使を務めた。ワシントン会議を間近に控えていたこともあり、極東地域における軍事秩序の問題から、ウォーレンの日本派遣はアメリカにとって大きな期待だった[2]

ウォーレンが大使に 着信すると、日米協会会長の金子堅太郎が歓迎夕食会を催した。ウォーレンはその席上ワシントン会議について言及し、それが認識の不一致を解消する絶好の機会だと述べるとともに、日本に対する敬意を率直に表した[3]

駐日大使時代、ウォーレンは東京以外でも活動を行った。1922年の感謝祭の後、ウォーレンは息子ふたりとともに朝鮮・満州・北京を旅行した[4]

1923年1月末、ウォーレンが離日することを知った貞明皇后は親しくウォーレンを接見。この後、外務大臣内田康哉貴族院議長徳川家達、前外務次官で駐米大使に指名されたばかりの埴原正直らとともに、宮中でのレセプションに招かれている[5]

駐墨大使[編集]

1924年、ウォーレンは駐メキシコ大使を務めた。退任後、カルビン・クーリッジ大統領はウォーレンを2度にわたって司法長官に指名したが、いずれも上院において僅差で棄却された[6]

1936年2月3日、ウォーレンはミシガン州グロースポイントにおいて死去した。ウォーレンの遺体はデトロイトエルムウッド墓地に埋葬された。

脚注[編集]


外部リンク[編集]

外交職
先代:
ヘンリー・プレイザー・フレッチャー
在メキシコアメリカ合衆国特命全権大使
1924年3月31日 - 1924年7月22日
次代:
ジェイムズ・シェフィールド